第118回:対決はタイムマシンに乗って

2019.01.08 カーマニア人間国宝への道

あの時代へタイムスリップ

パンパカパーン! R32「スカイラインGT-R」と、「フェラーリ328GTS」が、加速対決を行いま~~~す!

そう聞いても、カーマニアの皆さまは、「へえ~。どのくらい差がつくの?」としか思いませんよね。328がどんぐらいブッちぎられるんだろう、と。

私も当然負けるものと覚悟してました。でも、86年製の“赤い玉号”こと我が328GTSと、89年に登場したR32 GT-Rが加速対決する! と思っただけで、なんだかとってもうれしくなって、ゾクゾクしたのです。

思えばかつて0-400m(ゼロヨン)対決は、自動車メディアの超定番。花形ですらあった。今じゃほとんどまったく見なくなったけど。

自動車メディアがゼロヨンをやらなくなったのは、ニーズがなくなったからだろう。実際、現代のクルマ同士の加速対決は、特に見たいと思わない。現代のスーパーカーがゼロヨン10秒台だろうが9秒台だろうが、「へぇ~、速いねぇ」でおしまいだ。

でも、スピードへの情熱が燃え盛っていたあの時代のクルマ同士の加速対決となると、話は別。タイムマシンに乗って事実を確かめたるぜ! みたいな感じで、それを自分がやると思っただけで、ゾワゾワッとするくらいコーフンしてきたのだ。

対決してくれるR32 GT-Rは、93年製の「VスペックII」。オーナーはミウラさん。「ランボルギーニ・ミウラ」とは関係のない、埼玉県在住の学校の先生(55歳)です。

GT-Rの中身は、「中古で買ったままなのでよくわからないけど、ノーマル+αくらい」とのことであります!

“赤い玉号”こと愛車「フェラーリ328GTS」での加速対決を控え、気合を入れる筆者。(写真=池之平昌信)
“赤い玉号”こと愛車「フェラーリ328GTS」での加速対決を控え、気合を入れる筆者。(写真=池之平昌信)拡大
加速対決を快く引き受けてくれた、R32型「日産スカイラインGT-R」オーナーのミウラさん。(写真=池之平昌信)
加速対決を快く引き受けてくれた、R32型「日産スカイラインGT-R」オーナーのミウラさん。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車 2019.4.17 自動車ニュース 日産自動車は2019年4月17日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2020年モデルを発表するとともに、GT-Rと「フェアレディZ」に生誕50周年を記念した特別仕様車「50th Anniversary」をそれぞれ設定し、報道陣にお披露目した。
  • インフィニティQ60 2016.1.12 画像・写真 日産がデトロイトショーで「インフィニティQ60」を発表した。同車は「G37クーペ」(日本名:スカイラインクーペ)の後継モデルで、2リッター直4ターボに加えて新開発の3リッターV6ターボを搭載している。インフィニティの新型クーペの姿を、写真で紹介する。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 全車が3列7人乗り仕様に 新型「メルセデス・ベンツGLE」発売 2019.6.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年6月19日、新型「メルセデス・ベンツGLE」を導入すると発表し、同日、注文受け付けを開始した。内外装デザインやパワートレインなどを刷新したほか、日本仕様では全車が3列目シートを搭載した7人乗りとなった。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
ホームへ戻る