「マツダ・アクセラ」改め「マツダ3」!?
車名に発露したグローバル化という“言い訳”

2019.01.16 デイリーコラム

オートサロンに展示されたのは「マツダ3」

「次期『マツダ・アクセラ』の車名は、日本でも海外と同じ『マツダ3』になるらしい」といううわさがある。一部の新聞などでも報道された。

2019年1月11日から13日にかけて開催された「東京オートサロン2019」にも、アクセラがマツダ3の名称で出品されたが、これは左ハンドル仕様だ。つまり海外向けだから、日本でもマツダ3になるとは限らない。

マツダの販売店によると「次期アクセラの発売時期は、現時点(2019年1月中旬)では、メーカーから伝えられていない。マツダ3は海外向けの名前だから、日本国内ではアクセラを踏襲すると思う。ただし詳細は聞いていない」という。

車名をアクセラのような単語にするか、あるいは数字とアルファベットの組み合わせにするかは、メーカーによって異なる。アメリカのメーカーは、単語を使うことが多い。「シボレー・カマロ」「フォード・マスタング」「ジープ・ラングラー」という具合だ。

欧州車は、「メルセデス・ベンツE250」「BMW 320i」「アウディA4」というように、英数字による表記が目立つ。

「東京オートサロン」の会場に展示された新型「マツダ3」。左ハンドル仕様とはいえ、「日本名:アクセラ」の添え書きはなかった。
「東京オートサロン」の会場に展示された新型「マツダ3」。左ハンドル仕様とはいえ、「日本名:アクセラ」の添え書きはなかった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • マツダ3(日本名:アクセラ) 2018.11.28 画像・写真 マツダが新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」や圧縮着火型ガソリンエンジン「スカイアクティブX」といった新機軸を搭載した新型の姿を写真で紹介する。
  • 新型「マツダ・アクセラ」発表会の会場から 2013.10.9 画像・写真 マツダが新型「アクセラ」を発表。会場の様子を写真で紹介する。
  • 新型「スズキ・カタナ」が国内で正式にデビュー 2019.5.24 自動車ニュース スズキは2019年5月24日、大型二輪モデルの新型「KATANA(カタナ)」を同年5月30日に日本で発売すると発表した。往年の「GSX1100S KATANA」をモチーフとしたデザインや、こだわりのメカニズムがセリングポイントとなっている。
  • マツダが「マツダ3」の国内販売をスタート 2019.5.24 自動車ニュース マツダは2019年5月24日、新型「MAZDA3(マツダ・スリー)」を発表し、同日から販売を開始した。デザイン面では「魂動デザイン」を新たなステージに進めたほか、技術面では「SKYACTIV(スカイアクティブ)テクノロジー」の深化により基本性能を高めている。
ホームへ戻る