フォルクスワーゲンが「ティグアン」の装備を強化

2019.01.16 自動車ニュース

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年1月16日、コンパクトSUV「ティグアン」の一部仕様を変更し、同日販売を開始した。

今回の仕様変更では、上級グレードの「TSIハイライン」「TSI Rライン」「TDI 4MOTIONハイライン」「TDI 4MOTION Rライン」に標準装備されるデジタルメータークラスターを、現行型「ポロ」にも採用される最新世代のものに変更。画質を向上させたほか、ナビゲーション画面を全画面表示できるようにするなど、視認性や使い勝手を改善した。

また、エントリーグレードであるガソリン車の「TSIコンフォートライン」とディーゼル車の「TDI 4MOTIONコンフォートライン」では、これまでオプション扱いだった渋滞時追従支援システムやレーンキープアシストシステム、レーンチェンジアシストシステム、ハイビームアシスト、リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)を標準装備とした。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • TSIコンフォートライン:369万9000円
  • TSIハイライン:450万9000円
  • TSI Rライン:481万円
  • TDI 4MOTIONコンフォートライン:417万9000円
  • TDI 4MOTIONハイライン:498万9000円
  • TDI 4MOTION Rライン:529万円

(webCG)

フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION Rライン
フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION Rライン拡大

関連キーワード:
ティグアン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ティグアン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンTクロス 2019.11.27 画像・写真 フォルクスワーゲンの最も小さなSUV「Tクロス」が、いよいよ日本に導入された。ゆとりの車内空間と充実した装備が自慢のニューモデルは、ライバルがしのぎを削るコンパクトSUV市場で成功なるか? 導入記念モデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに紹介する。
  • フォルクスワーゲンが「Tクロス」を日本導入 人気のコンパクトSUV市場にニューモデル登場 2019.11.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがBセグメントのSUV「Tクロス」を日本に導入。同社のSUVラインナップの中では最もコンパクトなモデルで、高効率なパッケージによるゆとりある車内空間や、充実した装備、豊富なカラーバリエーションを特徴としている。
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【試乗記】 2019.11.27 試乗記 次世代エンジンとして注目を集めてきた「スカイアクティブX」を搭載した「マツダ3」が、いよいよ日本の道を走りだす。既存の2リッターエンジン比でおよそ70万円アップ、夢のエンジンに投じるお金でどんな世界が見られるのだろうか。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
ホームへ戻る