メルセデスAMG E53 4MATIC+(前編)

2019.02.07 谷口信輝の新車試乗 ターボにスーパーチャージャー、そしてマイルドハイブリッドを搭載する「メルセデスAMG E53 4MATIC+」に谷口信輝が試乗。パフォーマンスとエネルギー効率を追求した高性能セダンの走りを、プロはどう評価する?

新世代AMGの進化形

「あのー、バツグンにいいですね、このクルマ。本当に、バツグンにいいですよ」
運転席から降り立つなり谷口信輝がそう絶賛したのは、メルセデスAMG E53 4MATIC+。「AMG GT」でSUPER GTを戦う谷口信輝にとってメルセデスAMGは、いわば“ホームグラウンド”というべき(?)ブランドだが、このモデルに関してはちょっと追加の説明が必要かもしれない。

メルセデスAMGといえば各クラスともV8モデルが基本で、上級クラスに限ってV12モデルが追加される形をとってきた(例外は4気筒エンジンを積む「Aクラス」「GLA」「CLA」のコンパクト3兄弟)。例えば「Sクラス」にはV8エンジン搭載の「S63」があって、その上にV12エンジンを積む「S65」が用意されている。「Gクラス」のメルセデスAMGも先代までは「G63」と「G65」の2モデル構成だった。

こうした伝統を打ち破る形で登場した初の6気筒モデルが「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」で、2016年にデビュー。この年には「E43 4MATIC」「SLC43」なども誕生し、「63系よりもお求めやすく扱いやすいAMG」として好評を博した。

2018年に発表されたE53は、この“メルセデスAMG43シリーズ”の進化形ともいえるし、上級版とも捉えられる。その最大の違いは従来の3リッターV6エンジンに代えて最新の3リッター直6エンジンを採用するとともに、ここに「ISG」と呼ばれる一種のマイルドハイブリッドとターボラグの解消に役立つ電動スーパーチャージャーを組み合わせた点にある。

また、四輪駆動の4MATICは4MATIC+に進化しているが、これは前後トルク配分が31:69の固定式だった従来のものが電子制御による可変式に改められたことを意味する。最新の「Eクラス」ではE43がラインナップから外れ、メルセデスAMGとしては「E63」と「E53」の2モデルが用意されている。

 
メルセデスAMG E53 4MATIC+(前編)の画像拡大
 
メルセデスAMG E53 4MATIC+(前編)の画像拡大
 
メルセデスAMG E53 4MATIC+(前編)の画像拡大
 
メルセデスAMG E53 4MATIC+(前編)の画像拡大

【メルセデスAMG E53 4MATIC+のスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4950×1850×1450mm/ホイールベース:2940mm/車重:2020kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ+スーパーチャージャー/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:9段AT/エンジン最高出力:435ps(320kW)/6100rpm/エンジン最大トルク:520Nm(53.0kgm)/1800-5800rpm/モーター最高出力:22ps(16kW)/モーター最大トルク:250Nm(25.5kgm)/システム総合出力:--ps(--kW)/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y/(後)275/30ZR20 97Y(ヨコハマ・アドバンスポーツV10S)/燃費:10.0km/リッター(JC08モード)/価格:1226万円


	【メルセデスAMG E53 4MATIC+のスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4950×1850×1450mm/ホイールベース:2940mm/車重:2020kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ+スーパーチャージャー/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:9段AT/エンジン最高出力:435ps(320kW)/6100rpm/エンジン最大トルク:520Nm(53.0kgm)/1800-5800rpm/モーター最高出力:22ps(16kW)/モーター最大トルク:250Nm(25.5kgm)/システム総合出力:--ps(--kW)/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y/(後)275/30ZR20 97Y(ヨコハマ・アドバンスポーツV10S)/燃費:10.0km/リッター(JC08モード)/価格:1226万円
	拡大

関連キーワード:
Eクラス セダン, メルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • マツダCX-8 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.1.25 試乗記 「マツダCX-8」に追加された、2.5リッターダウンサイジングターボエンジン搭載の新グレード「25T」。新エンジンの出来栄えを確かめるべく試乗に臨んだのだが、このクルマにはパワープラントとは別に気にかかる課題が潜んでいた。
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTDI/パサート オールトラックTDI【試乗記】 2019.2.8 試乗記 フォルクスワーゲンの4WDモデルの雪上性能を探るべく、『webCG』取材班は長野県の斑尾高原へ。「ティグアンTDI 4MOTION」と「パサート オールトラックTDI 4MOTION」に試乗して感じた、フォルクスワーゲンのクルマづくりの神髄とは!?
ホームへ戻る