第552回:ドライもいいけど雪上もね!
ミシュランのオールシーズンタイヤを北海道でテストした

2019.02.16 エディターから一言

2019年2月からミシュランが本格的に国内展開をスタートさせる、通年用の新製品「クロスクライメート」シリーズ。急な雪にも対応できるというオールラウンド性は確かなものか? 一面銀世界となったテストコースで検証した。

満を持しての本格展開

あえて「オールシーズン」という呼称は避け、「雪も走れる夏タイヤ」というユニークなキャッチフレーズを掲げて、冬タイヤ交換への習慣がない非降雪地域のユーザーに突然の雪道遭遇時の安心感をアピールする新コンセプトの製品――ザックリ言えば、それがクロスクライメートの概要だ。

欧州市場では2015年にローンチされ好評を博したというこのモデルが、日本ではオートバックスの店舗限定での1年間の実績を積んだ後、このほど全国のミシュランタイヤ取扱店でも販売されることになった。

このモデルが、なるほど“夏タイヤ”として十分満足できるポテンシャルの持ち主であることは、すでにテストコース上でのドライとウエット路面の経験から「間違いナシ!」といえる。そしてこのほど、ミシュランが冬タイヤ開発の日本の拠点とする北海道・士別のテストコースで、このタイヤの雪上の実力を試す機会を得ることができた。

ただしお断りしておきたいのは、このタイヤは“ヨーロッパ生まれのヨーロッパ工場製”であって、開発に際してこの地は活用されていないという事実。また、テストプログラムの中にはあえて氷上で“ピュアな夏タイヤ”との違いを体験するセッションも設定されていたものの、あくまでも「スタッドレスタイヤではない」と明示され、あらかじめ「凍結路には不向き」とプロモーションがなされているのも忘れてはならないポイントである。

 
第552回:ドライもいいけど雪上もね!ミシュランのオールシーズンタイヤを北海道でテストしたの画像拡大
「雪も走れる夏タイヤ」のキャッチコピーで2018年3月に発売された「ミシュラン・クロスクライメート」シリーズ。2019年2月5日からは、選べるサイズラインナップが全78種類に拡大された。
「雪も走れる夏タイヤ」のキャッチコピーで2018年3月に発売された「ミシュラン・クロスクライメート」シリーズ。2019年2月5日からは、選べるサイズラインナップが全78種類に拡大された。拡大
正面から見た「クロスクライメート」のトレッド面。排水性能を高めるVシェイプパターンが特徴で、個々のトレッドブロックにはブレーキ性能を高める面取り加工が施されている。
正面から見た「クロスクライメート」のトレッド面。排水性能を高めるVシェイプパターンが特徴で、個々のトレッドブロックにはブレーキ性能を高める面取り加工が施されている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事