第553回:「デリカD:5」の走破性恐るべし!
三菱自動車の雪上試乗会に参加して

2019.02.21 エディターから一言
 
第553回:「デリカD:5」の走破性恐るべし!三菱自動車の雪上試乗会に参加しての画像拡大

北海道の新千歳モーターランドに特設された雪上コースを走行する三菱自動車の試乗会は、冬の恒例取材イベントだ。今回試乗したのは、「デリカD:5」「アウトランダーPHEV」「エクリプス クロス」という同社の売れ筋3モデル。中でも注目は取材時点で発売目前であり、2019年2月15日に発売されたばかりの改良型デリカD:5だ。コースを監修した増岡 浩さんがいつも通りニコニコした表情で見守る中で試した、D:5の雪上での印象をお伝えしたい。

「アウトランダーPHEV」にはスラロームコースで試乗。モーター駆動ならではのレスポンスのよさが光った。
「アウトランダーPHEV」にはスラロームコースで試乗。モーター駆動ならではのレスポンスのよさが光った。拡大
「エクリプス クロス」にも同じスラロームコースで試乗。「アウトランダーPHEV」よりもコンパクトなボディーのため、より積極的に滑らせて振り回すことができた。
「エクリプス クロス」にも同じスラロームコースで試乗。「アウトランダーPHEV」よりもコンパクトなボディーのため、より積極的に滑らせて振り回すことができた。拡大

“ビッグマイナーチェンジ”とされた事情

インプレッションの前に“5代目のデリカ”を意味するD:5をさらっとおさらい。D:5は2007年に発売され、実に12年が経過した。それでも2015~2018年の直近4年間の平均年間販売台数は1万2098台、月平均では1008台と細く長く売れている。ただし2リッター~2.5リッター級の売れ筋国産ミニバンとなると大体その5~9倍も売れているため、D:5は悪路走破性の高い特殊なミニバンという位置づけとはいえ、三菱としては決して満足できない。しかし逆に月販約1000台のクルマをフルモデルチェンジするための開発費もなかなか捻出できない。

というわけで、プラットフォームを手直しして流用し、エンジンの効率を上げ、ATを6段から8段へと刷新して、顔つきを中心にデザインを変更するというこの度の“ビッグマイナーチェンジ”に落ち着いた。なお大きく変わったのはディーゼル版のみで、ガソリン版は従来型が継続販売される。

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る