クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第125回:すばらしきかなランボルギーニ

2019.02.26 カーマニア人間国宝への道

ウルスにコーフンを覚える

「アヴェンタドールSVJ」よりも、「フェラーリ812スーパーファスト」よりも、「ウルス」にコーフンを覚えた不肖ワタクシだったが、それはいったいナゼなのか。

理由その1)ウルスは、ランボルギーニらしい超オラオラ感満点なルックスだから。

理由その2)それでいて背が高いので、さらに威圧感が増幅されているに違いない気がするから。

どちらも単細胞すぎる理由だが、とにかくウルスに乗れば、戦車に乗って街中を行進するみたいな万能感に浸れるのではないか! という予感がしたのだ。

加えて、あんまり気を遣わずに走れるんじゃないかという予感もする。

これがアヴェンタドールSVJだったら、「エアダムこすらないかな」とか「車線変更でぶつからないかな」とか「車庫入れ怖いな」とか、いろんな心配が頭をもたげて、おちおち万能感にも浸っていられない。

もちろん、それがスーパーカーの持ち味といいましょうか、捨て身で爆走するからこそ快楽もまたデカいのでありますが、もうそっち方面の快楽には慣れっこだし、アヴェンタSVJじゃ心配ばっかりおっきくなって、新たな快楽までたどり着けそうにない。

だいたい、自分のようなサーキットも卒業した中高年には、フツーのアヴェンタだろうがSVJだろうが似たようなもんだ。どーせパワー使いきれないんだから。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ
ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ拡大
フェラーリ812スーパーファスト
フェラーリ812スーパーファスト拡大
ランボルギーニ・ウルス(一番左)
ランボルギーニ・ウルス(一番左)拡大

カウンタック購入に悔いなし

ところでアヴェンタドールのお値段はいかほどかと申しますと、フツーの「アヴェンタドールS」が4492万円で、SVJが5154万円のようです。金額がデカすぎてほとんど同じって感じもするけれど、実際に支払うとなると、662万円の差は大きいはずだ。支払えませんけど。

いずれにせよ、5000万円とかのスーパーカーには現実味が皆無。それでも体内からフツフツと湧き上がるコーフンがあればいいのですが、年のせいかそういうものもナイ。いまさらピチピチなグラドルの写真見てもコーフンしないみたいなもんだよね。自分は菊池桃子(50歳)がいいです。

というよりも私は、ポップアップドアを持つランボルギーニに関しては、一度「カウンタック アニバーサリー」を買ったことで、真っ白に燃え尽きました。

私がカウンタックを買ったのは2010年。その時はリーマンショック後の不況期だったので、1500万円で買えたのですよ! いやぁ、あの時買っといてホントによかった。今じゃ3000万円くらいするらしいので。

昨今のランボルギーニの高騰ぶりは凄(すさ)まじい。「ガヤルドeギア」だけはそこそこ安くて1000万円前後でも買えるけど、それ以外は全部バカ高くなってしまった。もう絶対買えないです~。でも一度買ったので悔いはないです。

思い出すと、カウンタックは本当によかった。約半年の所有期間に5~6回しか乗らなかったけど、本当にステキなクルマだった。フェラーリが天使だとしたらカウンタックは完全に悪魔だったけど、今では美しい思い出になりました。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ
ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ拡大
筆者のかつての愛車「ランボルギーニ・カウンタック アニバーサリー」。
筆者のかつての愛車「ランボルギーニ・カウンタック アニバーサリー」。拡大
「カウンタック アニバーサリー」(左)と「カウンタックLP400」(右)との走行シーン。
「カウンタック アニバーサリー」(左)と「カウンタックLP400」(右)との走行シーン。拡大

ウルスに期待感

カウンタックの何がいいって、ただそこに存在するだけでオッケーなことでした。

カウンタックを走らせても、フェラーリみたいにβエンドルフィンがドバドバ分泌されて神が見えたりはしなかったし、運転するととにかく疲れるので結果的にあまり乗らなかったのですが、なにせカウンタックに乗ってると、周囲の視線がバカバカしいほど集まる。窓からケータイを差し出して狂ったように追いかけてくるクルマとかもいて、追っかけに追われてるアイドル気分! 

『ビートルズがやって来るヤァヤァヤァ!』って感じか。古くてスマン。とにかくフェラーリでは起きない現象だ。

サービスエリアに止まってりゃ、自動的に人がわらわらと集まってくる。それもオタクっぽいカーマニアではなく、ひたすら無辜(むこ)の民たちがニコニコと! 具体的には女子供と老人ですね。自分が怪獣になったみたいな快感でした。

ウルスには、それに近いモノがあるのではないか。あのルックスだけで、無辜の民がキャッキャ喜んでくれるのではないか!? そんな予感もする。

そう思ったら、とてもコーフンしてきたのです。中高年のコーフンは大事にしないといけません。貴重なコーフンなので。

で、コーフンのウルスに試乗してどうだったのか?

すっごく楽しかったです! 詳細は次回。

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信/編集=大沢 遼)

サービスエリアでカウンタック・リバースを練習中の筆者。(写真=池之平昌信)
サービスエリアでカウンタック・リバースを練習中の筆者。(写真=池之平昌信)拡大
「カウンタック」はサービスエリアでも大人気だった。
「カウンタック」はサービスエリアでも大人気だった。拡大
次回はコーフンの「ウルス」試乗!
次回はコーフンの「ウルス」試乗!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。