クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第557回:「AMG GT 4ドアクーペ」日本デビュー
AMGはヒーローのようなクルマをつくる

2019.02.26 エディターから一言
世界初となるAMG専売店「AMG東京世田谷」で発表された「AMG GT 4ドアクーペ」。
世界初となるAMG専売店「AMG東京世田谷」で発表された「AMG GT 4ドアクーペ」。拡大

メルセデス・ベンツ日本が、世界初のAMG専売店「AMG東京世田谷」で発表した「AMG GT 4ドアクーペ」。このローンチイベントに出席したメルセデスAMG社の商品企画統括サイモン・トムス氏に同車開発の背景を聞いた。

 
日本のデビューイベントで「AMG GT 4ドアクーペ」の特徴などを紹介した、メルセデスAMG社の商品企画統括サイモン・トムス氏。
日本のデビューイベントで「AMG GT 4ドアクーペ」の特徴などを紹介した、メルセデスAMG社の商品企画統括サイモン・トムス氏。拡大
「AMG GT63 S 4MATIC+」は0-100km/h加速3.2秒、最高速度は315km/hという実力の持ち主。最高出力639ps、最大トルク900Nmの「M177」と呼ばれる4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。トランスミッションは9段ATの「AMGスピードシフトMCT」が組み合わされる。
「AMG GT63 S 4MATIC+」は0-100km/h加速3.2秒、最高速度は315km/hという実力の持ち主。最高出力639ps、最大トルク900Nmの「M177」と呼ばれる4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。トランスミッションは9段ATの「AMGスピードシフトMCT」が組み合わされる。拡大
ひとりが1基のエンジンの組み立てをゼロから完成まで担当する“ワンマン・ワンエンジン”と呼ばれるAMGの伝統的な作業によって「M177」エンジンは作られている。
ひとりが1基のエンジンの組み立てをゼロから完成まで担当する“ワンマン・ワンエンジン”と呼ばれるAMGの伝統的な作業によって「M177」エンジンは作られている。拡大

AMG独自モデル初の4ドア

2018年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアされたメルセデスAMG GT 4ドアクーペは、AMG独自開発モデルで初となる4ドア車。2ドアクーペとして登場した「AMG GT」と、そのオープンカー版「AMG GTロードスター」に続く、現行GTシリーズの第3弾である。

車両詳細は、発表時のリポートに明るいので割愛するが、4枚のドアを持つボディーとその全長が5mを超える堂々たるサイズ、そして大きく開くテールゲートを採用したファストバックのアピアランスは、これまでのAMGにはないキャラクターだといえる。このモデルの開発経緯を「AMG東京世田谷」で行われたAMG GT 4ドアクーペの日本発表イベントに出席した、メルセデスAMGの商品企画統括サイモン・トムス氏に直接尋ねることができた。

「開発の目的はシンプルです。大人4人が快適に移動できる、実用性にも富んだスポーツカーを提案したかった、ということです。もちろん4ドアスポーツカーとして、先行するライバルがいることも承知しています。私たちは、『ポルシェ・パナメーラ』『マセラティ・クアトロポルテ』などが、ライバルになると考えています。ただ、そうしたモデルを意識して開発を行ったのではありません。AMGとして(ふさわしいパフォーマンスを持ちながら)快適に移動できる空間を持つ、4ドアのスポーツカーを開発するということが目的でした。どの4ドアスポーツカーを選ぶのかはカスタマー次第で、皆さんそれぞれが嗜好(しこう)にフィットするものを選ぶでしょう。ただ、想定されるライバルよりもAMG GT 4ドアクーペのほうが魅力的であるということは間違いありません」

メルセデス・ベンツ AMG GT の中古車

AMGにとって“GT”はスポーツカーの証し

ライバル車の想定に関しては、トムス氏が言うことも理解できる一方で、他ブランドよりもむしろ「S63」や「E63」といった同社が擁する他の4ドアモデルとのすみ分けが気になった。

しかし、世界初のAMG専売ディーラーとして誕生した「AMG東京世田谷」に置かれた実車には、想像以上に“AMG独自開発モデル”のオーラがあった。ちまたで言われているような“ちょっと大きな「CLS」”などではない。既存のメルセデス・ベンツのラインナップをAMG化したモデルとは異なる“特別なAMG”を感じることができた。

「普通のベンツじゃ嫌だ」というユーザーがAMGを指名するのだと思っていたが、どうやら顧客の欲求はすでにその先に進み、「普通の(メルセデスがベースの)AMGではつまらない」になっているようだ。そうしたところに、このクルマの特別感が光る。確かにありそうでなかった隙間を埋めるモデルだ。ベースを持たない独自開発モデルというだけでも、好事家は食指を動かしそうだ。

AMG GTクーペ(2ドア)とともにこのモデルも同じ“AMG GTクーペ”を名乗るが、2ドアクーペがトランスアクスルレイアウトを採用するのに対して、4ドアクーペではエンジン直後にトランスミッションを置く。同じ車名、シリーズと言ってもいいラインナップなのに、AMG GTクーペ(2ドア)のメカニズムをそのまま単純に移植したわけではない。

「車名の“GT”は、私たちのブランドではスポーツカーに与えられるネーミングです。したがって、メカニズムが異なっていても、そのカテゴリーでトップとなるモデルであれば、“GT”を名乗ります。将来的には他のカテゴリーの新たなる“GT”が誕生するかもしれません(笑)」

車名の“GT”から、どうしても派生モデルや姉妹車といったイメージを持ちがちだが、たとえメカニズムが異なっていてもAMG独自のスポーツカー、すなわちそのクラスを代表するモデルにはドアの枚数に関係なく、トップであることを示すために“GT”という車名が使われると解釈すれば、腑(ふ)に落ちる。

発表イベントのあと、報道陣のインタビューに応じてくれたサイモン・トムス氏。丁寧に言葉を選び、まじめな人柄を感じさせた。
発表イベントのあと、報道陣のインタビューに応じてくれたサイモン・トムス氏。丁寧に言葉を選び、まじめな人柄を感じさせた。拡大
日本導入記念モデルとして発売される「メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+エディション1」。価格は2477万円と発表されている。
日本導入記念モデルとして発売される「メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+エディション1」。価格は2477万円と発表されている。拡大
「AMG GT 4ドアクーペ」のインテリア。12.3インチのワイドディスプレイを2枚並べたメーターパネルが目を引く。V8エンジンをモチーフとした、新しいシフトレバーまわりのデザインは、「AMG GTクーペ」(2ドア)のマイナーチェンジモデルにも採用されている。
「AMG GT 4ドアクーペ」のインテリア。12.3インチのワイドディスプレイを2枚並べたメーターパネルが目を引く。V8エンジンをモチーフとした、新しいシフトレバーまわりのデザインは、「AMG GTクーペ」(2ドア)のマイナーチェンジモデルにも採用されている。拡大
「エディション1」は4人乗りで、後席シートバックは固定式となる(他モデルは分割可倒式のリアシートを採用)。荷室容量は461リッターで、ゴルフバッグ2セットを搭載可能だという。
「エディション1」は4人乗りで、後席シートバックは固定式となる(他モデルは分割可倒式のリアシートを採用)。荷室容量は461リッターで、ゴルフバッグ2セットを搭載可能だという。拡大

時間をかけたボディー開発

これまで1ボディーに1エンジンの搭載を基本としていた車種体系のセオリーから外れ、直6とV8の2本立てとなるラインナップも、AMGの独自開発モデルでは初となる。

「スポーツカーを構成する要素は、エンジンだけではありません。さまざま技術でスポーツカーらしさを表現する必要があります。このモデルはAMGのDNAによって構築されたスポーツカーとして、(ユーザーの)期待に応えるパフォーマンスを有しています。一方で後席を備える利便性や日常性があるのも、このクルマの特徴です。したがって従来のAMGユーザーとは異なる幅広い層に対しては、エントリーレベルのラインナップも必要だと考えました」

その結果、AMG GT 4ドアクーペの日本でのバリエーションは最高出力639ps、最大トルク900Nmを発生する4リッターV8直噴ツインターボエンジン搭載の「AMG GT63 S 4MATIC+」を筆頭に、3リッター直列6気筒エンジンとインテグレーテッドスタータージェネレーター(ISG)を搭載する435ps、520Nmモデルの「AMG GT53 4MATIC+」、367ps、500Nmモデルの「AMG GT43 4MATIC+」の3モデル設定とされた。AMG GT63 S 4MATIC+には限定車の「エディション1」も用意されている。

大きなリアハッチを持つ、特徴的な4ドアクーペフォルムのボディー開発にも、十分な時間をかけたという。

「このクルマで本当にサーキットを走る人は少ないと思いますが、一般道を走っていても、サーキットを走ったような気分にさせてくれるクルマに仕上げています。AMG GT 4ドアクーペはEクラスなどでも使用しているMRA(メルセデス・リアホイール・アーキテクチャー)プラットフォームを基に開発していますが、4ドアのAMG製スポーツカーを名乗るにふさわしいボディー剛性を確保するために、多くのブレース(補強用の構造材)を用いました。さらにボディーでは、部位によって使用素材を変更しています。軽さが必要なフロントセクションにはアルミを、センター部分には高張力鋼板を、そしてリアのトランク部分にはカーボンを使用しています。ボディーの開発には3年半という時間がかかりました」

さまざまな専用装備を採用した導入記念モデル「AMG GT63 S 4MATIC+エディション1」は、乗車定員が4人。通常モデルは5人が定員となる。
さまざまな専用装備を採用した導入記念モデル「AMG GT63 S 4MATIC+エディション1」は、乗車定員が4人。通常モデルは5人が定員となる。拡大
通常モデルが車速感応型のリトラクタブルリアスポイラーを採用するのに対して、「AMG GT63 S 4MATIC+エディション1」は、角度調整が可能な固定式のリアウイングスポイラーを標準装備している。
通常モデルが車速感応型のリトラクタブルリアスポイラーを採用するのに対して、「AMG GT63 S 4MATIC+エディション1」は、角度調整が可能な固定式のリアウイングスポイラーを標準装備している。拡大
マグマグレーとブラックのツートンカラーに、イエローのステッチを採用する「AMG GT63 S 4MATIC+エディション1」のインテリア。シートベルトも鮮やかなイエローのカラーでコーディネートされる。
マグマグレーとブラックのツートンカラーに、イエローのステッチを採用する「AMG GT63 S 4MATIC+エディション1」のインテリア。シートベルトも鮮やかなイエローのカラーでコーディネートされる。拡大
後席は大人ふたりがくつろげるスペースを確保(通常モデルは後席に3人乗車が可能)。日常での使い勝手や実用性にこだわった「AMG GT 4ドアクーペ」のセリングポイントでもある。
後席は大人ふたりがくつろげるスペースを確保(通常モデルは後席に3人乗車が可能)。日常での使い勝手や実用性にこだわった「AMG GT 4ドアクーペ」のセリングポイントでもある。拡大

ルイス・ハミルトンも評価

一方で、AMG GTクーペ(2ドア)の技術をAMG GT 4ドアクーペに移植したパートもある。「AMGリアアクスルステアリング」と呼ばれる後輪操舵システムがそれだ。100km/h以下の速度では前輪と逆方向に後輪が最大1.3度操舵され、100km/hを超えるとリアホイールをフロントホイールと同じ方向に最大0.5度操舵される。従来の4ドアモデルでは採用例がなく、「2ドアからこの技術を4ドアに移行するのは大変でした」とトムス氏は語った。

発表イベントでは、メルセデスAMGのF1パイロットであるルイス・ハミルトンがAMG GT 4ドアクーペをドライブするコミカルな映像が流された。こうしたメルセデスのワークスドライバーも開発に関与しているのだろうか。

「もちろんです。メルセデスAMGの新型車開発には、ワークスドライバーが何らかのかかわりを持っています。スポーツカーはどのようにドライバーの操作に反応するべきなのか、また逆に車両側からは、走行中のどんな情報を優先してドライバーに伝えるべきかを一番理解しているのがレーシングドライバーです。AMG GT 4ドアクーペの開発にあたっては、実際にドイツの有名な2つのサーキットでステアリングを握りテストしてもらいました。残念ながら私はいつも同行できるわけではないですが、非常にポジティブなフィードバックをもらえました。ドライビングダイナミクス面では、とても感心したという答えが返ってきました」

こうした現役のプロドライバーたちに加えて、メルセデスAMGには、5度のDTMシリーズチャンピオンに輝いたベルント・シュナイダー率いる、元プロレースドライバーたちから成るテスト部隊が存在する。彼らがAMG GT 4ドアクーペはもちろんのこと、すべてのAMGモデルの開発に関与している。

「私たちは、もっと多くのメルセデスAMGを公道で目にしてほしいと思っています。53シリーズ、43シリーズ、そして35シリーズとラインナップを拡充している理由はそこにあります。同時に、競合他社にはないオーラを持つヒーローのようなクルマをつくりたいとも考えています。そのひとつがメルセデスAMG GTシリーズであり、メルセデスAMGプロジェクトONEから生み出される公道走行が可能なF1マシン『メルセデスAMG ONE』なのです」

(文と写真と編集=櫻井健一)

サーキット走行から日常使いまでをカバーするという「AMG GT 4ドアクーペ」。家族でのショッピングやロングドライブだけでなく、サーキットでのドリフトも思いのままだ。
サーキット走行から日常使いまでをカバーするという「AMG GT 4ドアクーペ」。家族でのショッピングやロングドライブだけでなく、サーキットでのドリフトも思いのままだ。拡大
「AMG GT 4ドアクーペ」の開発テストを担当したのは、元DTMチャンピオンのベルント・シュナイダー率いる元プロレースドライバーたちが名を連ねるAMGの開発チーム。
「AMG GT 4ドアクーペ」の開発テストを担当したのは、元DTMチャンピオンのベルント・シュナイダー率いる元プロレースドライバーたちが名を連ねるAMGの開発チーム。拡大
公道を走るF1マシンといわれるハイパーカー「メルセデスAMG ONE」。AMGが目指す“ヒーローカー”の代表的なモデルだ。開発にはメルセデスAMGチームのF1ドライバーである、バルテリ・ボッタスも関与している。
公道を走るF1マシンといわれるハイパーカー「メルセデスAMG ONE」。AMGが目指す“ヒーローカー”の代表的なモデルだ。開発にはメルセデスAMGチームのF1ドライバーである、バルテリ・ボッタスも関与している。拡大
「AMG GT 4ドアクーペ」の発表会でスピーチを行ったメルセデス・ベンツ日本の代表取締役社長兼CEO上野金太郎氏(右)と、車両紹介を担当したメルセデスAMGの商品企画統括サイモン・トムス氏(左)。
「AMG GT 4ドアクーペ」の発表会でスピーチを行ったメルセデス・ベンツ日本の代表取締役社長兼CEO上野金太郎氏(右)と、車両紹介を担当したメルセデスAMGの商品企画統括サイモン・トムス氏(左)。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ AMG GT の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。