新型EV「ホンダe」のプロトタイプ発表!
ホンダが思い描く欧州での電動化戦略をリポート

2019.03.11 デイリーコラム

市場投入はまずヨーロッパから

ホンダは、2019年3月に開催されたジュネーブモーターショーで、新型電気自動車(EV)「ホンダe」のプロトタイプを世界初公開した。

今年のジュネーブモーターショーの話題はまさに電動化一色だった。フォルクスワーゲングループなど、欧州メーカーを筆頭にその本気度は一層増している。もちろんホンダとて無関係でいられるはずもなく、2025年までに欧州で発売するすべての四輪商品をハイブリッド車またはバッテリーEVなどの電動車両に置き換えることを目指すと発表。2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を中心技術とし、電動車ラインナップの拡充を図っていくという。

日本メーカーのEVといえば、「三菱i-MiEV」や「日産リーフ」のイメージが強いが、ホンダも「クラリティEV」を販売してきた。ただし、それはアメリカ市場向けの商品であり、このホンダeは同社にとって欧州初の量販EVという位置づけになる。したがって、今夏より日本ではなく欧州にて先行予約を開始することがアナウンスされている。

ホンダeは、2017年のフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトモデル「ホンダ・アーバンEVコンセプト」をベースとし、市販に向けて進化させたモデルだ。エクステリアは、初代「シビック」や「N360」「シティ」などがモチーフといわれており、どこか懐かしさを感じさせる愛嬌(あいきょう)のあるデザイン。EV専用のプラットフォームが採用され、ボディーサイズは「フィット」よりもコンパクトに収められているという。空気抵抗を低減し電費をかせぐため、ドアハンドルを走行時はボディーと面一になるポップアップ式に、サイドミラーはカメラ方式で小型化されている。

モーターやバッテリーについての詳細はまだ発表されていないが、後輪駆動で一充電走行距離は200km以上(WLTPモード)、30分で80%まで充電が可能という、いわゆる都市型コミューターだ。欧州ではすでに「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ」や「ルノーZOE」が先行しているカテゴリーに属する。

ジュネーブモーターショーで発表された「ホンダe」のプロトタイプ。
ジュネーブモーターショーで発表された「ホンダe」のプロトタイプ。拡大
発表会ではホンダモーターヨーロッパ・リミテッドのトム・ガードナー上級副社長が登壇した。
発表会ではホンダモーターヨーロッパ・リミテッドのトム・ガードナー上級副社長が登壇した。拡大
ホンダ・アーバンEVコンセプト
ホンダ・アーバンEVコンセプト拡大
ルノーのコンパクトEV「ZOE」。
ルノーのコンパクトEV「ZOE」。拡大
ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • これからの時代の“小さな高級車” 「ホンダe」に込められた未来への提案とは? 2020.8.14 デイリーコラム 日本市場投入が秒読みに迫った、ホンダの電気自動車「ホンダe」。クリーンでキュートなデザインが注目を集める同車だが、その小さなボディーには、未来に対する提案があふれていた。「2030年の社会を想定した」という、ホンダの都市型EVコミューターの実像に迫る。
  • まさかの451万円から! 話題のコンパクトEV「ホンダe」のお値段の是非を問う 2020.8.28 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された、ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」。さっそく話題を集めているのが451万~495万円という価格設定だ。EVとはいえBセグメントコンパクトでこのお値段はアリや? ナシや? 欧州との価格差なども踏まえ、その正当性を検証する。
  • 日本での普及は難しい? 「ホンダe」が提唱する「都市型EVコミューター」の未来を占う 2020.8.24 デイリーコラム いよいよ日本仕様の概要が発表されたホンダの電気自動車「ホンダe」。航続距離を抑えて都市部での移動に特化した「都市型EVコミューター」という触れ込みだが、そうしたクルマは日本でも受け入れられるのか? メイン市場である欧州の事情を踏まえつつ検証する。
ホームへ戻る