第596回:「パニーニ」から「峠の釜めし」まで
大矢アキオの忘れられない“旅の味覚”

2019.03.15 マッキナ あらモーダ!

進めるも地獄、やめるも地獄?

2019年2月、イタリアの連立政権は最大の危機に直面した。発端は北部トリノと、フランス第2の都市リヨンを結ぶ高速鉄道「TAV」に関する議論である。

建設調査開始が2001年にまでさかのぼるこのプロジェクトはアルプス山脈を含んでおり、区間のほとんどがトンネルとなる。全トンネルの合計距離は162kmだ。

問題の議論は、ルートの要となる伊仏国境にまたがる57kmのトンネルである。その工事を続けるか中止するかというところが焦点だ。

連立政権の一翼を担う「同盟」は、建設作業員の雇用維持や開通後の経済効果を理由に工事続行を主張。「中止すれば、欧州圏内でイタリアの辺境化が進む」と訴えた。

もう一方の政党である「五つ星運動」は、プロジェクト全体で200億ユーロ(約2兆5000億円)の予算を要するとされる工事を「無駄かつ環境破壊である」と糾弾。2018年6月の連立政権発足以前からの公約として工事中止を求めてきたのだ。

費用対効果の再検証を模索しているうちに、欧州連合(EU)からも抗議の声が上がった。トリノ‐リヨンTAV計画は、イタリア25%、フランス35%、EU40%の共同出資で、すでにフランス、EUからも多額の建設資金が拠出されている。工事を中止すると、EU向けだけでも12億ユーロ(約1500億円)の賠償金を払わなければならないという試算も浮上。進めるも地獄、やめるも地獄、という状態になってしまった。

トリノ‐リヨン間は、在来線だと速い列車でも4時間近くを要する。自動車でも距離はおよそ310km。約3時間30分の旅だ。一方、TAVが開通すれば、所要時間は1時間20分とされている。

結果としては2019年3月9日、イタリアのコンテ首相は事業を統括するフランスとイタリアの合弁会社に、当該工事の実務者を決める入札を延期することを通知。今後6カ月をかけて状況を探ることになった。要は半年間先送りにしただけであり、問題の再燃は避けられない。

イタリアの高速鉄道「イタロ」。これはフィレンツェ駅でのスナップだが、将来はフランスのリヨンまで一本で行けるようになるかもしれない。車両はアルストーム製。
イタリアの高速鉄道「イタロ」。これはフィレンツェ駅でのスナップだが、将来はフランスのリヨンまで一本で行けるようになるかもしれない。車両はアルストーム製。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事