第192回:春休みに観たい! 常軌を逸したクルマ映画DVD3選

2019.03.29 読んでますカー、観てますカー

ローマ警察をナメてはいけない

『フェラーリの鷹』は1978年に日本で公開された作品である。昨年40年ぶりにHDリマスター版がリバイバル上映され、初めてディスク化された。マカロニウエスタンが衰退した頃に製作されているから、面白ければ何でもアリの精神が受け継がれている。

主人公のマルコ・パルマはローマ警察の熱血警官。街をパトロールしながら自慢のドライビングテクニックを披露できる事件を追い求めている。暴走する「ポルシェ911」を発見した彼は「アルファ・ロメオ・ジュリアスーパー」の覆面パトカーで追跡するが、あえなく横転して逃げ切られてしまう。上司のタリアフェリ主任から「高速走行中にブレーキを踏むからだ!」と叱責(しっせき)されるとぶんむくれ。エンジンをチューンして万全を期すものの、次は「シトロエンDS」にもてあそばれてクラッシュ。相棒を死なせてしまった。

DSを運転していたのは、ニースで名の知られた悪党のジャン=ポール・ドセーナ。仲間を率いてローマで銀行強盗を繰り返していた。昔タリアフェリに逮捕されたことがあり、恨みを晴らすためにやってきたらしい。タリアフェリはマルコに潜入捜査を命じる。運転がうまくなければ彼らの仲間にはなれないので、腕を磨かなければならない。2人はガレージに眠っていた「フェラーリ250GTE」を整備する。タリアフェリがかつて表彰された際に与えられたパトカーで、ボディーサイドにはSquadra Mobileと記されている。優秀な警官だけが配属される機動部隊のことだ。

タリアフェリはドセーナのDSとカーチェイスを繰り広げ、『ローマの休日』で有名なスペイン広場に追い詰めて逮捕したのだ。映画の中でも2台が階段を駆け下りる映像が使われている。いくらなんでもやりすぎだ。ローマの貴重な観光資源に傷をつけかねない。さすがにリアリティーに欠けるだろう……と思ったら、どうやらこれは史実だったらしい。

2台の250GTEがローマ警察に提供されていたのは確かで、マルセイユからやってきたDSに乗るフランスの強盗とスペイン広場でバトルを繰り広げたことがあるのだという。250GTEのボディー下部には大階段でついた傷跡が残っているのだ。よた話どころか、ほぼドキュメンタリーだったのである。

『フェラーリの鷹』HDリマスターDVD
『フェラーリの鷹』HDリマスターDVD拡大
「フェラーリ250GTE」
1953年から1964年まで製造された250シリーズの2+2モデル。3リッターV12 エンジンを搭載するが、最高出力は240馬力と控えめ。4人乗れるフェラーリは初めてで、人気モデルとなった。
「フェラーリ250GTE」
	1953年から1964年まで製造された250シリーズの2+2モデル。3リッターV12 エンジンを搭載するが、最高出力は240馬力と控えめ。4人乗れるフェラーリは初めてで、人気モデルとなった。拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事