第29回:アルファ・ロメオ・ステルヴィオ(後編)

2019.04.03 カーデザイナー明照寺彰の直言
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ クアドリフォリオ
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ クアドリフォリオ拡大

平均的なプレミアムSUVのスタイルに“アルファ・ロメオの顔”をくっつけただけ? アルファ初のSUV「ステルヴィオ」の意匠を通し、現役の自動車デザイナー明照寺彰が、グローバル化時代におけるカーデザインの難しさを語る。

明照寺:「永福さんもほったさんも『ステルヴィオ』には乗ったことがあるんですよね。どんな感じでした?」
永福/ほった:「乗り心地がカッチカチでした」
(写真=向後一宏)
明照寺:「永福さんもほったさんも『ステルヴィオ』には乗ったことがあるんですよね。どんな感じでした?」
	永福/ほった:「乗り心地がカッチカチでした」
	(写真=向後一宏)拡大
「ステルヴィオ」のフロントマスク。
「ステルヴィオ」のフロントマスク。拡大
4ドアセダン「ジュリア」のフロントマスク。
ほった:「こうして見ると、ほとんど同じですね」
4ドアセダン「ジュリア」のフロントマスク。
	ほった:「こうして見ると、ほとんど同じですね」拡大
メルセデス・ベンツの「Cクラス」(右)と「GLC」(左)。上下のグリルやヘッドランプなどはいずれも似たような形状となっているが、全体的には大きくイメージが異なっている。
メルセデス・ベンツの「Cクラス」(右)と「GLC」(左)。上下のグリルやヘッドランプなどはいずれも似たような形状となっているが、全体的には大きくイメージが異なっている。拡大

ジュリアの顔を縦に伸ばしただけでは?

明照寺彰(以下、明照寺):ところでステルヴィオですけれど、乗った感じはどうなんですか?

ほった:サスペンションがカッチカチです。

永福ランプ(以下、永福):ガッチガチだよね~。「SUVなのにロール角をこれだけ抑えました!」ってプレゼンテーションで自慢してたくらい。

ほった:ホントにサスペンション付いてんの? って感じでした。

明照寺:なるほど。しかし、そんなにハードなクルマのキャラクターだったら、やっぱり“この形”ではない気がしますね。

永福:形は、わりと万人受けですからね。

明照寺:もうひとつの疑問は、ステルヴィオの顔を見ると、「ジュリア」の顔を縦変倍しただけのように見えることです。

永福:ですねー。

明照寺:SUVなら、なにか“強さ”が欲しいわけですよ。アンダーガードを付けろというわけではないんですが、これだとただ単純に乗用車を縦に引き伸ばしたのと変わらない。グリルを思い切って変えてみたらどうだったのかなと思うんですけど、それは禁断の領域で、なかなか踏み込めないんでしょうかね。

ほった:グリルの形をガラッと変えちゃうってことですか?

明照寺:ほかのプレミアムブランドも、グリルの輪郭は決まってますけど、ボリュームなんかは車格によってそれぞれ変えてますよね。ステルヴィオもそういうことを考えてもよかったんじゃないか? でもそこに手は付けられなかったのかな、と。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.2ターボ ディーゼルQ4(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.5 試乗記 アルファ・ロメオが初めて手がけたSUV「ステルヴィオ」。そのラインナップに加わることになった、ディーゼルモデルの走りやいかに? ガソリンモデルにも試乗経験のある筆者が、乗り味を報告する。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 2017.3.31 画像・写真 アルファ・ロメオ初のSUV「ステルヴィオ」の画像を紹介する。2.9リッターV6ツインターボ(510ps)搭載車をラインナップの頂点とし、その下に2リッター直4ガソリンターボや2種類の2.2リッター直4ディーゼルターボが設定されている。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.9 試乗記 創立100周年を迎えたシトロエンが放つ新型車が「C5エアクロスSUV」だ。“ハイドロニューマチックの現代的解釈”をうたうサスペンションシステムや新開発のシートなど、「何よりもコンフォート性能を追求した」というモデルを支える装備の出来栄えをチェックした。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパー(FR/8AT)【試乗記】
    2019.5.15 試乗記 イタリア生まれのセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」にクリーンディーゼル搭載車が登場。その走りは、このブランドの歴史と伝統を思い起こさせるほど、スポーティーなテイストに満ちていた。
ホームへ戻る