クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)

ベントレーにしかつくれない 2019.04.03 試乗記 ベントレーの4シーターオープン「コンチネンタルGTコンバーチブル」の3代目がデビュー。同じグループ内のポルシェが手がけたというモジュールプラットフォームを採用した新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。スペイン・アンダルシアで試乗した。

21世紀のベントレーのビジネスをリード

「コンチネンタル」は、ベントレーが長い歴史を持つスポーツブランドであることを体現し続けてきたモデルだ。その名が物語るのは海に囲まれたイギリスの東方にある巨大な「大陸」。かの地を優雅に走る姿を想起させるデザインに強大なエンジンと豪華なキャビン、広い荷室……と、その中身は1950年代以降、クルマのカテゴリーとして広まり始めたGT=グランツーリズモ的な趣旨を端的に示すものでもあった。

“英国病”と呼ばれるほどの経済停滞を迎えた1970年代にその歴史はいったん途切れるが、1990年代以降は2ドアクーペボディーを持つコンチネンタルが復活。そしてフォルクスワーゲン(VW)グループ傘下となり一気に最先端のエンジニアリングを手に入れたオールニューモデルは、「コンチネンタルGT」と名付けられ、21世紀のベントレーのビジネスをけん引する存在となる。

かつて「コンチネンタルGT」のオープントップモデルは「GTC」と呼称されていたが、先代のモデルライフの途中で「コンバーチブル」と呼ばれるようになった。
かつて「コンチネンタルGT」のオープントップモデルは「GTC」と呼称されていたが、先代のモデルライフの途中で「コンバーチブル」と呼ばれるようになった。拡大
ベントレーは2019年7月10日に創立100周年を迎えるため、2019年に生産される車両はすべて特別仕様となる。フロントエンドのエンブレムは「B」ロゴのサイドに「1919」と「2019」の数字が添えられるほか、周囲が「センテナリーゴールド」で彩られている。
ベントレーは2019年7月10日に創立100周年を迎えるため、2019年に生産される車両はすべて特別仕様となる。フロントエンドのエンブレムは「B」ロゴのサイドに「1919」と「2019」の数字が添えられるほか、周囲が「センテナリーゴールド」で彩られている。拡大

MSBモジュール初のオープントップモデル

2003年のデビューから数えて3代目となる新型コンチネンタルGTは、グループのストラテジーにのっとってネジ1本に至るレベルでハードウエアの完全な変更を受けている。そのコアとなるのはポルシェが開発を主導した「MSB」モジュールの採用で、これによりホワイトボディーは剛性向上とともに先代比で20%の軽量化を果たした。加えて車両通信や電装関係のアーキテクチャーも共有できるなど開発工数的なメリットは大きいが、ベントレーにとって何よりおいしいのは、前軸側が135mmも前に押し出されたことだろう。前後オーバーハングの長さやフロントタイヤとAピラーの位置関係がFR寄りになったことで、ラグジュアリーカーらしいプロポーションの適正化がかなえられた。ロングホイールベース化の恩恵はこの先現れるはずの、次期型「フライングスパー」の側により強く表れるだろう。

このMSBモジュールでは初のオープンモデルとなるコンチネンタルGTコンバーチブルは、初代、2代目と同じ幌(ほろ)屋根を継承しており、Z型に折り畳むことで開放時にもスッキリとコンパートメントに格納される。トランク容量は屋根を開けても閉めても先代とほぼ同じ258リッターを確保。大型のスーツケースは形状を選びそうだが、そこはコンチネンタルだ。基本的には2人で乗ることになるはずで、そのぶんのトラベルバゲッジは余裕をもって収納できることが前提となっている。

初代、2代目と同じく、リアサスの取り付け点を微妙に調整しながら開閉の所作までも考え抜いたという新型の幌屋根は5レイヤー構造で、ボタンひとつで開閉とも約19秒で可能。力の掛かる駆動部をモーターライズし、50km/hまでならば走行中でも開閉が行える。表側のテキスタイルはツイードをアレンジしたものをはじめ7種類が用意されるが、その厚みを見るに濃いめのボディー色に明るめの屋根色という組み合わせが似合いそうだ。

「ポルシェ・パナメーラ」などと同じFR用プラットフォームの採用により、従来モデルから20%の軽量化と5%のねじり剛性強化を実現している。
「ポルシェ・パナメーラ」などと同じFR用プラットフォームの採用により、従来モデルから20%の軽量化と5%のねじり剛性強化を実現している。拡大
フロント車軸を従来モデルよりも135mm前に出すことで、よりラグジュアリーカーらしいプロポーションを手にした。
フロント車軸を従来モデルよりも135mm前に出すことで、よりラグジュアリーカーらしいプロポーションを手にした。拡大
幌(ほろ)の開閉に要する時間はそれぞれ約19秒。従来モデルよりも6秒ほど短縮されるとともに、走行中に操作可能な速度域が30km/hから50km/hへと高められている。
幌(ほろ)の開閉に要する時間はそれぞれ約19秒。従来モデルよりも6秒ほど短縮されるとともに、走行中に操作可能な速度域が30km/hから50km/hへと高められている。拡大
ソフトトップの開閉ボタンはセンターコンソールにレイアウト。スタート/ストップボタンやシフトセレクターなどにも100周年特別仕様の「センテナリーゴールド」が配されている。
ソフトトップの開閉ボタンはセンターコンソールにレイアウト。スタート/ストップボタンやシフトセレクターなどにも100周年特別仕様の「センテナリーゴールド」が配されている。拡大

2つのキーファクター

初代から変わることのないキーファクターである6リッターW12エンジンは新型でも継承されている。ただし、設計はまったく新しいものでその最高出力は635ps。8段DCTを介しての最高速は333km/h、0-100km/hは3.8秒と動力性能に不満を抱く向きはいないはずだ。とはいえ、そのパフォーマンスはデビューして間もない4リッターV8エンジン搭載グレードでもおそらくほど近いものが得られる上、運動性能的にはそちらの側が優位に立つだろう。が、圧倒的な物量が紡ぎ出すフィーリングこそがこのクルマの贅(ぜい)だとすれば、W12こそが本懐とも思えてくる。

そしてもうひとつのキーファクターといえば4WDだ。新型では駆動方式がフルタイム4WDとなり、前軸側へのトルク配分は3~38%の間で可変する。すなわち骨格だけでなく駆動の側もFR的な振る舞いを意識しているわけだ。さらに3室チャンバーを設けたエアサスや48V回生システムを組み合わせたアクティブスタビライザーなど、最新のテクノロジーが走りを支えている。

これらをもって新しいコンチネンタルGTコンバーチブルの動的質感は、前2代とはがぜん異なるものに仕上がっている。乗り心地は低速域からフラット感が増し、路面のわだちや凹凸に対する応答も鷹揚(おうよう)になった。オプションの22インチタイヤでさえ路面に接した感触がしっとりとステアリング越しに伝わってくるのは、足まわりの精度と余力が高まったことを示しているのだろう。

搭載される6リッターW12エンジンは最高出力635psと最大トルク900Nmを発生。最高速は333km/hと公表されている。
搭載される6リッターW12エンジンは最高出力635psと最大トルク900Nmを発生。最高速は333km/hと公表されている。拡大
テスト車のインテリアレザーのカラーリングは「クリケットボール」。新品のクリケット用ボールをイメージしたという深みのある赤だ。
テスト車のインテリアレザーのカラーリングは「クリケットボール」。新品のクリケット用ボールをイメージしたという深みのある赤だ。拡大
ダッシュボードの中央は回転構造となっており、外気計とコンパス、ストップウオッチの3連メーター(写真)か12.3インチのタッチスクリーン、シンプルなウッドパネルと切り替えることができる。
ダッシュボードの中央は回転構造となっており、外気計とコンパス、ストップウオッチの3連メーター(写真)か12.3インチのタッチスクリーン、シンプルなウッドパネルと切り替えることができる。拡大

“遊びグルマ”を大真面目に

そのまま速度域をぐんぐん高めていっても、フィーリングは変わらない。高速道路をどーんと突き進んでもワインディングロードで左右に車体を振っても、タイヤはがっつりグリップし、サスはしっかり踏ん張るも、そのタッチは常に滑らかだ。先代からの大きな変化として姿勢変化の少なさやロールコントロールの巧みさが挙げられるが、変に突っ張る風ではなく自然な動きに仕立てられているところも、この巨体がひと回り小さくなったかのような安心感につながっている。

回転感に12気筒らしい丸みが加わったエンジンは、アクセルひとつで自在にパワーをコントロールできる。8段もあれば変速のビジー感も気になるところだが、マネジメントもこの余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)かつ粒感細かいトルクをうまく使うようにしつけられており、日常的な加速では煩わしさを感じることもない。

2000万円超級のオープンカーといえば世間的には放蕩(ほうとう)の極みかもしれない。が、ベントレーは長きにわたってその特殊なカテゴリーを理解し、そこに向けての究極を大真面目に目指し続けてきた。この肌感覚に技術的背景が融合した、コンチネンタルGTコンバーチブルは、やはりベントレーにしかつくれない万能の一台なのだと思う。

(文=渡辺敏史/写真=ベントレー/編集=藤沢 勝)

ボディーカラーは全70色、ソフトトップは全7色がラインナップされている。
ボディーカラーは全70色、ソフトトップは全7色がラインナップされている。拡大
ワイパーのレバー(反対側のウインカーレバーも)はローレット加工が施された金属製となる。
ワイパーのレバー(反対側のウインカーレバーも)はローレット加工が施された金属製となる。拡大
シートとステアリングホイール、アームレストにはヒーターが備わる。さらにシートには、ヘッドレストの付け根の部分にネックウオーマーが組み込まれている。
シートとステアリングホイール、アームレストにはヒーターが備わる。さらにシートには、ヘッドレストの付け根の部分にネックウオーマーが組み込まれている。拡大

テスト車のデータ

ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4850×1954×1399mm
ホイールベース:2851mm
車重:2414kg
駆動方式:4WD
エンジン:6リッターW12 DOHC 48バルブ ツインターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:635ps(467kW)/6000rpm
最大トルク:900Nm(91.8kgm)/1350-4500rpm
タイヤ:(前)275/35ZR22 104Y/(後)315/30ZR22 107Y(ピレリPゼロ)
燃費:14.0リッター/100km(約7.1km/リッター、WLTCモード)
価格:2818万円/テスト車=--円
オプション装備:--
※価格を除き、数値は欧州仕様のもの。

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:--km
走行状態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル
ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル拡大
 
ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像拡大
注目の記事PR
  • 「アストンマーティン・ヴァンテージ」でSUPER GTに挑み、その究極を知るプロが魅力を語った。
    「アストンマーティン・ヴァンテージ」でSUPER GTに挑み、その究極を知るプロが魅力を語った。 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ベントレー コンチネンタルGTコンバーチブル の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。