アストンマーティンが「DBS GTザガート」のデザインを公開

2019.03.29 自動車ニュース
アストンマーティンDBS GTザガート
アストンマーティンDBS GTザガート拡大

英アストンマーティンは2019年3月25日(現地時間)、ザガート設立100周年を記念してつくられる「DBZセンテナリーコレクション」の2台目のモデルとなる「DBS GTザガート」のデザインを初公開した。

アストンマーティンDBZセンテナリーコレクション(左:DB4 GTザガート コンティニュエーション/右:DBS GTザガート)
アストンマーティンDBZセンテナリーコレクション(左:DB4 GTザガート コンティニュエーション/右:DBS GTザガート)拡大
アストンマーティンDBS GTザガート
アストンマーティンDBS GTザガート拡大
アストンマーティンDBS GTザガート
アストンマーティンDBS GTザガート拡大

DBZセンテナリーコレクションとは、「DB4 GTザガート コンティニュエーション」とDBS GT ザガートの2台セットで構成され、全19ユニットが限定販売される。

DB4 GTザガート コンティニュエーションは、アストンマーティンが2016年に「DB4 GTザガート」(1959年)の復刻版として25台限定で再生産を行ったモデル。当然ながら全車完売しており、DBZセンテナリーコレクションとしてペアで販売される車両は、それとは別生産分となる。

今回デザインが発表されたDBS GTザガートは、「DBSスーパーレッジェーラ」をベースとし、アストンマーティンのデザイン部門とザガートが共同で開発を行っている。モチーフとされているのはもちろんDB4 GTザガートで、象徴的なダブルバブルルーフやヘッドライト、フロントグリル、そして力強い造形を描くリアホイールエリアなどにデザイン上の特徴が受け継がれているという。

2台のザガートがペアとなるDBZセンテナリーコレクションの価格は、税抜きで600万ポンド(邦貨換算で約8億7000万円)と発表された。ユニット生産分となる19という数は、1959年に発表・販売されたオリジナル「DB4 GT」の生産台数へのオマージュだといわれている。

デリバリー開始は、DB4 GTザガート コンティニュエーションが2019年第4四半期、ゲイドン本社で製造されるDBS GTザガートは2020年第4四半期となる予定。

(webCG)

関連キーワード:
DBSスーパーレッジェーラ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る