マクラーレン720S(前編)

2019.04.04 谷口信輝の新車試乗 最高出力720psのV8ターボエンジンを搭載するマクラーレンの中核モデル「720S」に、谷口信輝が初試乗。プロのレーシングドライバーが感じた、このクルマならではの“すごさ”とは?

3代かけて着実に進化

今回、谷口信輝に試乗してもらったのは、マクラーレンの中核モデルである720S。ごくごく大ざっぱに言えば、現在のマクラーレンはこの720Sとその下の「570S」が基本で、それ以外はこの2台の派生モデルと言っても過言ではない。例外は限定生産される「セナ」や「スピードテイル」などの超ド級モデル。これらは“究極”を意味するアルティメイトシリーズに属する。ちなみに720Sはスーパーシリーズ、570Sはスポーツシリーズのそれぞれ中心的存在である。

2017年にデビューした720Sは、「650S」の後継モデルで、「MP4-12C」から数えると3代目にあたる。ただし、MP4-12Cのビッグマイナーチェンジ版に近かった650Sに比べると、720Sはまさにフルモデルチェンジと呼ぶにふさわしい内容で、自慢のカーボンモノコックはそれまでのモノセルからモノケージIIに進化。V8ツインターボエンジンは、排気量が3.8リッターから4リッターに増えただけでなく、パーツの41%が刷新された。

さらにマクラーレン独自のアクティブサスペンションであるプロアクティブ・シャシー・コントロールは第2世代に進化。4輪のダンパーを複雑に結んだうえにその油圧系を電子制御する基本構成はそのままに、4本のホイールの動きを正確に検知するセンサーを追加し、より緻密な姿勢制御を実現したという。

そんなマクラーレン720Sのパフォーマンスを谷口に思いっきり味わってほしかったのだが、試乗当日はあいにくの大雨。720psのパワーを解き放てばたちまちホイールスピンし始めるのは間違いなしという難しいコンディションのなかでそのステアリングを握ってもらった。

 
マクラーレン720S(前編)の画像拡大
 
マクラーレン720S(前編)の画像拡大
 
マクラーレン720S(前編)の画像拡大

【マクラーレン720Sのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4543×1930×1196mm/ホイールベース:2670mm/車重:1419kg(DIN)/駆動方式:MR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:720ps(537kW)/7500rpm/最大トルク:770Nm(78.5kgm)/5500rpm/タイヤ:(前)225/35ZR19 88Y/(後)285/35ZR20 104Y(ピレリPゼロ コルサ)/燃費:10.7リッター/100km(約9.3km/リッター 欧州複合モード)/価格:3338万3000円


	【マクラーレン720Sのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4543×1930×1196mm/ホイールベース:2670mm/車重:1419kg(DIN)/駆動方式:MR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:720ps(537kW)/7500rpm/最大トルク:770Nm(78.5kgm)/5500rpm/タイヤ:(前)225/35ZR19 88Y/(後)285/35ZR20 104Y(ピレリPゼロ コルサ)/燃費:10.7リッター/100km(約9.3km/リッター 欧州複合モード)/価格:3338万3000円
	拡大

関連キーワード:
720S, マクラーレン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.4.3 試乗記 ベントレーの4シーターオープン「コンチネンタルGTコンバーチブル」の3代目がデビュー。同じグループ内のポルシェが手がけたというモジュールプラットフォームを採用した新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。スペイン・アンダルシアで試乗した。
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.3.12 試乗記 「ベントレー・コンチネンタルGT」をベースとしたオープントップモデルが、3代目にモデルチェンジ。名称も新たに「GTコンバーチブル」となった4シーターフルオープンは、どのような進化を遂げているのか? スペインはアンダルシアで西川 淳が試した。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.3.1 試乗記 マクラーレンの新たなオープントップモデル「720Sスパイダー」に試乗。先行デビューしたクーペ「720S」とは違ったドライビングプレジャーや、両車に共通する走りの特徴について、アメリカ・アリゾナ州から報告する。
ホームへ戻る