マクラーレン720S(後編)

2019.04.11 谷口信輝の新車試乗 大雨の中、マクラーレンのスーパースポーツ「720S」に試乗した谷口信輝。全開にするのは難しくても、その走りからは、ほかの高性能モデルとは違った個性を感じ取ることができるという。

あとちょっとでレーシングカー

大雨のなか、マクラーレン720Sのパフォーマンスの「半分も出せない」と嘆いていた谷口信輝。しかし、試乗を続けるうちに、そのキャラクターが徐々に見え始めてきたようだ。

「正直、まだこのクルマのすごさはよくわかっていないんですが、乗っていて感じるのは、とにかくアチコチが硬い、ということですね」 

ほほー、それはどういうことなのか?
「別に乗り心地が硬いという話じゃなくて、このガルウイング風のドアを開けて、カーボンがむき出しになっているサイドシルを触っただけでも『硬い!』って感じる。シートにしても、がっちりと取り付けられていて強度感がものすごいし、ステアリング自体とかステアリングの取り付け剛性とかもものすごく頑丈そう。こういうクルマに乗ると、気持ちまで変わってきますよね。なんとなく戦闘モードになるというか……」

そうした印象は乗り込んだあとも続いていくと谷口は言う。
「このコックピットにしても、必要最低限のものしかなくて、まるで戦うために生まれてきた戦闘機みたい。いっそのことメーターパネルもなくしちゃいたいくらいの勢いですよね」

では、走らせてみるとどうなのか?
「乗り味はレーシングカーに近いですね。それは乗り心地が硬いとか、そういう話じゃなくて、操作に対する反応がリニアで、しかもインフォメーションがすごく多い。このインフォメーションの量は、ひょっとするとロードカーとしてはギリギリの線で、これ以上やったらレーシングカーになっちゃうんじゃないかと思うくらいですね」

 
マクラーレン720S(後編)の画像拡大
 
マクラーレン720S(後編)の画像拡大
 
マクラーレン720S(後編)の画像拡大
 
マクラーレン720S(後編)の画像拡大

【マクラーレン720Sのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4543×1930×1196mm/ホイールベース:2670mm/車重:1419kg(DIN)/駆動方式:MR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:720ps(537kW)/7500rpm/最大トルク:770Nm(78.5kgm)/5500rpm/タイヤ:(前)225/35ZR19 88Y/(後)285/35ZR20 104Y(ピレリPゼロ コルサ)/燃費:10.7リッター/100km(約9.3km/リッター 欧州複合モード)/価格:3338万3000円


	【マクラーレン720Sのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4543×1930×1196mm/ホイールベース:2670mm/車重:1419kg(DIN)/駆動方式:MR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:720ps(537kW)/7500rpm/最大トルク:770Nm(78.5kgm)/5500rpm/タイヤ:(前)225/35ZR19 88Y/(後)285/35ZR20 104Y(ピレリPゼロ コルサ)/燃費:10.7リッター/100km(約9.3km/リッター 欧州複合モード)/価格:3338万3000円
	拡大

関連キーワード:
720S, マクラーレン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型ミドシップスーパーカー「マクラーレンGT」が日本デビュー 2019.6.20 自動車ニュース 英マクラーレン・オートモーティブは2019年6月20日、東京・渋谷の「jing」においてニューモデル「マクラーレンGT」を日本で初披露した。同モデルは、快適性や利便性を重視するという新機軸を打ち出したスーパーカーである。
  • ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表 2019.6.18 自動車ニュース 独ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表。最高出力420psを発生する、自然吸気の4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載した高性能モデルで、ともに300km/hを超える最高速と、0-100km/h=4.4秒という加速性能を実現している。
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
ホームへ戻る