第568回:日本の自動車文化の奥深さを満喫
2019年の「オートモビル カウンシル」を振り返る

2019.04.09 エディターから一言
「オートモビル カウンシル2019」の会場より、主催者展示のコーナーに飾られた「フェラーリ365GTB/4デイトナ」。
「オートモビル カウンシル2019」の会場より、主催者展示のコーナーに飾られた「フェラーリ365GTB/4デイトナ」。拡大

前回より1割ほど来場者が増えるなど、今回も成功裏に終わった「オートモビル カウンシル」。年を追うごとに存在感を増していくこのイベントだが、今年の会場は例年とはちょっと違う雰囲気に包まれていた。“懐かしさ”に満ちたイベントの様子を振り返る。

今回が初参加となったマクラーレンのブースの様子。
今回が初参加となったマクラーレンのブースの様子。拡大
インポーターとしては、アルヴィスの正規代理店である明治産業の出展も目を引いた。
インポーターとしては、アルヴィスの正規代理店である明治産業の出展も目を引いた。拡大
国内4メーカー、5ブランドによる共同企画展示のブース。
国内4メーカー、5ブランドによる共同企画展示のブース。拡大
今回、単独での出展を見送ったスバルも、共同企画展示には初代「レガシィツーリングワゴン」と「アルシオーネ」の2台を出展した。
今回、単独での出展を見送ったスバルも、共同企画展示には初代「レガシィツーリングワゴン」と「アルシオーネ」の2台を出展した。拡大
4ドアクーペの嚆矢(こうし)ともいえる「トヨタ・カリーナED」。80年代の隠れた名車である。
4ドアクーペの嚆矢(こうし)ともいえる「トヨタ・カリーナED」。80年代の隠れた名車である。拡大

思い出を刺激する“懐かしの名車”たち

今年で4回目となる、クラシックカーを中心とした自動車イベント「オートモビル カウンシル」が、2019年4月5日~7日の3日間、千葉・幕張メッセにて開催された。今年の3日間の来場者数は3万4692人。昨年(2018年)実績と比べて約1割増しとなる集客を記録しており、自動車イベントとしての認知度が高まっていることを感じさせる。

往年の名車たちと出会うことができるのが魅力の同イベントには、今回も多くのクラシックカー専門店の出展に加え、トヨタ、日産、ホンダ、マツダの国産自動車メーカー4社が独自ブースを展開。輸入車に目をやると、英国のスーパーカーメーカーであるマクラーレン・オートモーティブが初参加。さらにアトランテックカーズは、間もなく正規導入が発表されるダラーラのロードモデル「ストラダーレ」を紹介した。

中でも趣深い内容となっていたのが、国産メーカーの出展だった。アゴが外れるような名車や希少車が並んでいたわけではない。いずれのブースも、“リアル”に懐かしさを感じられるモデルがあふれていたからだ。平成最後のオートモビル カウンシルにふさわしい、昭和から平成へと時代が変わった80年代にスポットを当てた共同企画展示「百花繚乱(りょうらん) 80’s」に加え、トヨタ、ホンダ、マツダのブースにも、80年代に送り出されたエポックメイキングなクルマが並べられていた。

特に「百花繚乱80’s」には、自社ブースを構えるメーカー/ブランドだけでなく、スバルやレクサスも参加。国内初の最高出力280psを実現した「日産フェアレディZ 300ZXツインターボ」や、近代スバルの原点となった初代「レガシィツーリングワゴン」、あのメルセデス・ベンツに危機感を覚えさせたという初代「レクサスLS400」など、展示車はいずれもジャパンパワーを世界に知らしめた名車と言っても過言ではない。また、個人的に懐かしかったのが初代「カリーナED」である。昨今の4ドアクーペの原点ともいえるスペシャルティーカーで、当時の日本でも多くのフォロワーを生んだことが思い出された。

あなたにおすすめの記事
新着記事