第601回:欧州を騒がせ続けているブレグジット問題
イタリアの態度は「大して関係ない」!?

2019.04.19 マッキナ あらモーダ!

自動車業界から大ブーイング

欧州連合(EU)の首脳会合で2019年4月11日、英国の離脱を2019年10月末まで延長することを決めた。

このいわゆるBrexit(ブレグジット)問題は、自動車業界も大きく巻き込んできた。思い出すのは2016年、国民投票でブレグジットの賛否を問う国民投票が行われたときのことだ。

直前に筆者はアストンマーティンのアンディ・パーマーCEOに囲み取材をする機会に恵まれた。当時、パーマー氏は「会社としての統一見解はない。ただし、従業員には『あなたたちの将来を決めることだ』とは言っている」と述べた。

国民投票の結果、「離脱」が僅差で勝った。英国の通貨ポンドは市場で下落。おかげで英国車は北米をはじめとする海外で急速に販売台数を伸ばした。

ただし、2019年に入ると、悪夢の連鎖が始まった。2019年2月3日、日産が次期「エクストレイル」の英国での生産予定を撤回し、日本に移転すると発表。同月6日、トヨタは英国が「合意なき離脱」をした場合、英国工場の生産を一時的に休止する考えであることを示した。19日になると、今度はホンダがスウィンドン工場を2021年までに閉鎖すると発表した。翌3月になると、今度はBMWが、合意なき離脱の場合、MINIの生産拠点を国外移転することを示唆した。また日産は、インフィニティ車の英国生産終了を発表した。

メーカー各社の本音を代弁するなら、EU域内の自由貿易から英国が外れた場合、欧州大陸側で生産している部品の税金が複雑となる。加えて、通関作業等で流通が一気に滞る。それらに嫌気が差したのである。ホンダとインフィニティは生産撤退とブレグジットとの関係を否定しているが、いずれも欧州販売が振るわないことから、いわば英国生産をやめるのは、“いいタイミング”であったに違いない。特にインフィニティは、西ヨーロッパ市場から撤退することも明らかにした。

英国ガトウィック空港ターミナルにて。以下、今日の英国風情をかき立てる写真を少々。
英国ガトウィック空港ターミナルにて。以下、今日の英国風情をかき立てる写真を少々。拡大
新聞広告から。上海汽車の1ブランドとして生き延びているMG(中国名:名爵)は英国に輸入されている。ただしめったに見ない。また、欧州大陸では未販売。
新聞広告から。上海汽車の1ブランドとして生き延びているMG(中国名:名爵)は英国に輸入されている。ただしめったに見ない。また、欧州大陸では未販売。拡大
英国の安宿に泊まるとき、もうひとつ気がかりなのは、この独特な変換プラグを持参せねばならないこと。
英国の安宿に泊まるとき、もうひとつ気がかりなのは、この独特な変換プラグを持参せねばならないこと。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事