メルセデス・ベンツA180スタイル(前編)

2019.04.18 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジで4代目となった、メルセデスのコンパクトモデル「Aクラス」。先代モデルを所有する谷口信輝は、「Sensual Purity(官能的純粋)」というデザイン思想でつくられた新型を、どのように評価する?

見るからに「新しい」

今回、谷口信輝に試乗してもらったのは、2018年10月にフルモデルチェンジを果たしたメルセデス・ベンツAクラスの「A180スタイル」。日本導入当初は、このA180スタイルと「A180」の2グレードがラインナップされていたが、2019年3月になってディーゼルエンジン搭載の「A200d」が追加された。ちなみにエンジン排気量はA180系が1.33リッターでA200dは2リッターとやや開きがあるものの、どちらもベーシックグレードと考えていただいて間違いない。

とはいえ、装備はなかなか充実していて、オプション設定されているのは数々の先進運転支援装置を含む「レーダーセーフティーパッケージ」(24万5000円)と「ナビゲーションパッケージ」(18万4000円)くらい。ちなみに価格はA180:328万円、A180スタイル:369万円、A200d:399万円となかなかお買い得だ。

その一方で、谷口が従来型の「メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC」を所有していることはこの連載の愛読者であればご存じのとおり。果たして新型Aクラスは谷口の目にどう映ったのか? 早速、その印象を語ってもらうことにしよう。
「うーん、やっぱり新しさがありますよね」

どうやら新型Aクラスのデザインを谷口は気に入ったようである。
「フロントの顔つきもだいぶ変わって、シャープで格好よくなりました。なんか、これが出たおかげで、僕のもちょっと古く感じられるようになってしまった。デザインが変わったせいで買い替えを余儀なくされる方も少なくないんじゃないんですか?」

かくいう谷口は新型に買い替えるつもりはないのか?
「うーん、デザイン的には新型のほうがいいですよ。でも、これってあんまり高くないグレードですよね?」

そう、本国では「A250」などもラインナップされているので、A180はベーシックグレードといって間違いない。
「でしょ? だって、ホイールは結構小さいし、リアバンパーのデザインも上級グレードでは変わりそうな感じですよね」

 
メルセデス・ベンツA180スタイル(前編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツA180スタイル(前編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツA180スタイル(前編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツA180スタイル(前編)の画像拡大

【メルセデス・ベンツA180スタイルのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4440×1800×1420mm/ホイールベース:2730mm/車重:1400kg/駆動方式:FF/エンジン:1.3リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:136ps(100kW)/5500rpm/最大トルク:200Nm(20.4kgm)/1460-4000rpm/タイヤ:(前)205/60R16 92V/(後)205/60R16 92V(ピレリ・チントゥラートP7)/燃費:15.0km/リッター(WLTCモード)/価格:369万円


	【メルセデス・ベンツA180スタイルのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4440×1800×1420mm/ホイールベース:2730mm/車重:1400kg/駆動方式:FF/エンジン:1.3リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:136ps(100kW)/5500rpm/最大トルク:200Nm(20.4kgm)/1460-4000rpm/タイヤ:(前)205/60R16 92V/(後)205/60R16 92V(ピレリ・チントゥラートP7)/燃費:15.0km/リッター(WLTCモード)/価格:369万円
	拡大

関連キーワード:
Aクラス, メルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A35 4MATICエディション1(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.25 試乗記 メルセデスAMGの新たなエントリーモデルとして「A35 4MATIC」が登場した。同じ2リッター直4ターボエンジンを積む最強モデル「AMG A45 S 4MATIC+」の421PSに対して、こちらは306PSとやや控えめな出力。峠道を模したクローズドコースでその実力を確かめた。
  • 一番小さな”ビーエム”と“ベンツ” 新型「1シリーズ」と「Aクラス」を比較する 2019.12.4 デイリーコラム これまでFRのハッチバック車として貴重な存在だった「BMW 1シリーズ」がFF車へと生まれ変わった。他のCセグメントのライバルとクルマとしての特性が近づいた新型1シリーズの個性はどこにあるのだろうか。「メルセデス・ベンツAクラス」との比較で考えた。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC 2019.8.27 画像・写真 Cセグメントのハッチバックボディーに、最高出力306PSの高出力エンジンとフルタイム4WD機構「4MATIC」を搭載したコンパクトスポーツ「メルセデスAMG A35 4MATIC」。AMGの新たなエントリーモデルの姿を、写真で紹介する。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+【海外試乗記】 2019.8.13 試乗記 最高出力421ps、最大トルク500Nmという“世界最強”の2リッター直4ターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+」。セグメントの枠を超えたその走りを、スペイン・マドリードのワインディングロードとサーキットで試した。
  • 新型「ベントレー・フライングスパー」日本上陸 2020年春にデリバリー開始 2019.12.4 自動車ニュース ベントレー・モーターズ・ジャパンは2019年12月4日、フルモデルチェンジしたスポーツサルーン「ベントレー・フライングスパー」を発表した。注文受け付けは同日に開始され、2020年の第2四半期にはデリバリーが始まる見込み。
ホームへ戻る