メルセデス・ベンツA180スタイル(後編)

2019.04.25 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、新型「メルセデス・ベンツAクラス」に試乗。その走りに対する印象や、AI技術を活用したインフォテインメントシステムの使い勝手について語る。

安っぽいところがない

従来型の「メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC」をこよなく愛する谷口信輝の目に新型「A180 スタイル」はどう映ったのか? 後編は、まず走りの印象から語ってもらうことにしよう。
「エンジンは1.33リッターの4気筒ガソリンターボですが、停止状態からの発進でも、なかなか気持ちよく加速しますね。別に、ものすごいパワーがあるわけじゃないけれど、今日みたいに街中を走る範囲だったら何の問題もありません」

ほほー。ではフロント:マクファーソンストラット式、リア:トーションビーム式で構成されるサスペンションの仕上がりはどうか?
「足まわりは全般的にしっかりしている感じですね。こんなに小さいタイヤ(サイズは前後とも205/60R16)なのにしっかり曲がるし、変に安っぽいところはありません。それより『アクティブレーンキーピングアシスト』も付いていて、かなりお買い得感は高い感じがします」

続いて話題のMBUXを谷口に試してもらった。
「ヘイ、メルセデス! 大磯プリンスホテルまで案内して」

谷口がそうMBUXに話しかけると、システムはその内容をしっかりと理解。ほとんど待たせることなく、大磯プリンスホテルまでのルート案内を開始したのである。

続けて「ヘイ、メルセデス! ちょっと暑いな。温度を下げて」と言うと、しっかりとエアコンの設定温度が下がった。音声認識のレベルも、それに対する反応にもまったく不満がないことを確認した谷口は、こんなことを口にした。
「へー。これがあったら、人間はどんどん怠けていきますね」

このコメントは「とっても便利」を谷口らしくアイロニカルに表現したものだろう。とはいえ、何も気にせずにただ話しかけただけでドライバーや乗員の言葉を理解し、複雑な操作を不要としたMBUXは、年配の方やメカが苦手な女性を中心に人気を博しそうな気もする。

 
メルセデス・ベンツA180スタイル(後編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツA180スタイル(後編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツA180スタイル(後編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツA180スタイル(後編)の画像拡大

【メルセデス・ベンツA180スタイルのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4440×1800×1420mm/ホイールベース:2730mm/車重:1400kg/駆動方式:FF/エンジン:1.3リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:136ps(100kW)/5500rpm/最大トルク:200Nm(20.4kgm)/1460-4000rpm/タイヤ:(前)205/60R16 92V/(後)205/60R16 92V(ピレリ・チントゥラートP7)/燃費:15.0km/リッター(WLTCモード)/価格:369万円


	【メルセデス・ベンツA180スタイルのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4440×1800×1420mm/ホイールベース:2730mm/車重:1400kg/駆動方式:FF/エンジン:1.3リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:136ps(100kW)/5500rpm/最大トルク:200Nm(20.4kgm)/1460-4000rpm/タイヤ:(前)205/60R16 92V/(後)205/60R16 92V(ピレリ・チントゥラートP7)/燃費:15.0km/リッター(WLTCモード)/価格:369万円
	拡大

関連キーワード:
Aクラス, メルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツAクラス セダン 2018.8.10 画像・写真 独ダイムラーが「メルセデス・ベンツAクラス セダン」を発表。中国専用モデル「AクラスLセダン」の標準ホイールベース仕様にあたり、2018年末より世界各国に順次投入される予定となっている。メルセデス・ベンツの新しい世界戦略車を、写真で紹介する。
  • 「メルセデス・ベンツAクラス」がフルモデルチェンジ 2018.10.18 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年10月18日、フルモデルチェンジした新型「Aクラス」を国内で発表し、注文受け付けを開始した。対話型インフォテインメントシステムや先進の運転支援システムなどを搭載する。
  • メルセデス・ベンツA220 4MATICセダン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.10.20 試乗記 とどまるところを知らぬメルセデスの新型車攻勢。新型「Aクラス」にも、「ハッチバック」に続いて早くも「セダン」が設定された。ややもすれば「Cクラス」をも食いかねない、ニューフェイスの出来栄えやいかに!? アメリカ・シアトルからの第一報。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • メルセデス・ベンツA200d(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.18 試乗記 スタイリッシュなデザインや、AI技術を使ったインフォテインメントシステムで話題の4代目「メルセデス・ベンツAクラス」。最新のディーゼルモデルを走らせてみると、既存のガソリンターボ車とは異なる“オトナ”なドライブフィールが伝わってきた。
ホームへ戻る