第31回:三菱デリカD:5(前編)

2019.04.24 カーデザイナー明照寺彰の直言
三菱デリカD:5
三菱デリカD:5拡大

箱型オフローダーからオラオラ系のミニバンに変身!? そのデザインが物議を醸しつつも、なんだかんだいって販売好調な「三菱デリカD:5」。劇的に変化したフロントマスクを、現役の自動車デザイナー明照寺彰はどう評価するのか?

ミニバンの車内空間とSUVの悪路走破性能を併せ持つ「三菱デリカD:5」。発売は2007年1月31日なので、モデルライフは今年で実に12年(!)を数える。
ミニバンの車内空間とSUVの悪路走破性能を併せ持つ「三菱デリカD:5」。発売は2007年1月31日なので、モデルライフは今年で実に12年(!)を数える。拡大
従来モデルから大幅に意匠が変更されたインストゥルメントパネルまわり。各部の質感も改善されている。
従来モデルから大幅に意匠が変更されたインストゥルメントパネルまわり。各部の質感も改善されている。拡大
従来モデルの「デリカD:5」のフロントマスク。
従来モデルの「デリカD:5」のフロントマスク。拡大
マイナーチェンジを受けた「デリカD:5」のフロントマスク。「ダイナミックシールド」と呼ばれる三菱最新のデザインコンセプトを取り入れたもので、斬新なフロントグリルの意匠から、一部のかいわいでは「電気シェーバー」というあだ名で呼ばれている。
マイナーチェンジを受けた「デリカD:5」のフロントマスク。「ダイナミックシールド」と呼ばれる三菱最新のデザインコンセプトを取り入れたもので、斬新なフロントグリルの意匠から、一部のかいわいでは「電気シェーバー」というあだ名で呼ばれている。拡大
フロントほどではないが、リアまわりについてもデザインに手が加えられている。
フロントほどではないが、リアまわりについてもデザインに手が加えられている。拡大

衝撃のフェイスリフト

明照寺彰:デリカD:5、これはマイナーチェンジですよね。ある意味衝撃的なマイナーチェンジじゃないでしょうか。

永福:実に衝撃的です!

明照寺:そもそも、ミニバンなんだけどSUV的な要素が非常に濃いクルマっていうのは、デリカしかなかったと思うんですよ。

ほった:ないですね。

明照寺:スライドドアで7人乗りのSUVというふうに捉えても、孤高の存在じゃないかと思います。

永福:えっ、「デリカD:5はSUV」っていう解釈ですか?

明照寺:“「パジェロ」のミニバン版”みたいなものというふうに捉えています。かなりオフロードを意識していますよね。それが非常にカッコいい。SUVとミニバンという、売れ線の要素をふたつ組み合わせているわけですし。なぜ他のメーカーも、このカテゴリーに参戦しないのか不思議ですよ。

永福:そっちから来ますか……。さすがデザイナーって浮世離れしてるなぁ(笑)。

明照寺:そうですか?

永福:デリカD:5の場合、今回話題なのはとにかくこの“顔”ですよね。非常に賛否が分かれていて、話題が沸騰しているわけで。まぁ、クルマ好きの間ではほとんど否ですけど(笑)。

ほった:発表直後は炎上状態でしたよね。

永福:三菱側も、「これだけ非難の声が集まって、本当に大丈夫?」って心配したらしいですが、フタを開けたら受注好調。僕は最初から、この顔、とてもいいと思ってるんですよ。とても斬新なオラオラ顔じゃないですか。いま、ミニバンってみんな「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の後を追ってますけど、これは明らかに違う。なにしろ電気シェーバーですから(笑)。

ほった:いままでの三菱の「ダイナミックシールド」ともかなり色合いが違いますよね。

永福:明らかに違う、見たことのない威圧感ですよね、これ。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • 三菱デリカD:5プロトタイプ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.17 試乗記 目にした人が衝撃を受けるほどの大規模なフェイスリフトで、一躍“時のクルマ”となっている「三菱デリカD:5」。まさにつかみはOKという状況だが、肝心の中身の進化はどうなのか!? オンロードとラフロードで、その出来栄えを確かめた。
  • 三菱が「デリカD:2」をフルモデルチェンジ より存在感を増したデザインに 2020.12.24 自動車ニュース 三菱自動車は2020年12月24日、「デリカD:2」の新型を発表し、販売を開始した。ボディー全長を伸ばしたことによる荷室空間の拡大や、より存在感を増したフロントマスクなどが特徴となっている。
  • 「BMW 7シリーズ」に日本の伝統工芸を用いた限定車「ピュアメタルエディション」が登場 2020.12.23 自動車ニュース BMWが「7シリーズ」に特別仕様車「750Li xDrive Pure Metal Edition(ピュアメタルエディション)」を設定。BMW Individualの内外装や、人間国宝の奥山峰石氏が手がけた打込象嵌(ぞうがん)の銀板トリムなどが特徴で、販売台数は2台のみとなっている。
  • ロールス・ロイス・ゴースト(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.14 試乗記 2009年に誕生し、ロールス・ロイス史上最高のセールスを記録してきた「ゴースト」。「先代から継承したのはマスコットと傘くらい」という新型は、確かに、既存のロールス・ロイス車とは一線を画す走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る