日産初の軽はこうして生まれた!
「デイズ」開発の裏事情を関係者に聞く

2019.04.19 デイリーコラム

使われ方がわからない

2019年3月28日、日産の軽自動車「デイズ」がフルモデルチェンジを果たし、発売された。初代デイズは「三菱eK」シリーズの姉妹車で、両車は三菱主導で開発された。ところが、2代目となる今回は、日産が企画・開発を担当したという。

具体的には、どのようなカタチで開発が進められたのか? 日産、三菱、そして両社が軽自動車開発のために設立した合弁会社「NMKV」との関係は? 新型デイズの開発を取りまとめた、日産自動車 Nissan第一製品開発本部の國分 均さんにお話をうかがった(以下、敬称略)。

――新型デイズは日産が全面的に企画・開発したと聞いています。これまで日産が単独で軽自動車を開発したことはありませんよね?

國分:そうです。まず実験部が、現行の軽自動車を徹底的に調べました。具体的には、「スズキ・ワゴンR」「ダイハツ・ムーヴ」「ホンダN-WGN」。そして、お客さまの声を積極的に吸い上げました。新型デイズの基本コンセプトは「次の軽のベンチマークになる」でした。「すべてを良くする」と。

――「マーチ」「ノート」といった小型車の開発との違いで苦労されたことは?

國分:一番は、「お客さまがわからなかった」ということですね。日産は、登録車のユーザーしか見てきませんでしたから。それと、軽自動車は女性のユーザーが非常に多い。

――女性ユーザーの、クルマの使い方がわからない?

國分:例えば女性ドライバーは、エンジンの回転数が上がると「クルマが壊れちゃうんじゃないか!?」と心配になるわけです。それで、アクセルをあまり踏まない。

――踏めない。

國分:アクセル開度が少ないと、必然的に「走らないクルマ」という評価になってしまいます。そこで、走り始め、そうっと踏んだときから「ちゃんと走る」ようにしないといけない。

――なるほど。

國分:前のデイズ(eKシリーズ)のエンジンは、「三菱i(アイ)」のもので、これが超ショートストロークなのです。

――RRレイアウトゆえ、リアの狭いスペースに収めないといけないから。

國分:そうです。ちゃんと踏めばキチンと力が出るエンジンなのに、女性ユーザーは、踏まない。

――そこで今回は、トルクを出しやすいロングストローク型にした、と。ちなみに、「ルノー由来のエンジン」だそうですが?

國分:ボア・ピッチといった基本部分はそうですが、部品は全部新設計です。すべて日産、愛知機械が図面を引き直しています。

2019年3月28日に発売された新型「日産デイズ」。先代モデルは、日産と三菱自動車の合弁会社であるNMKVの委託により、三菱が開発および生産を担っていたが、新型の企画・開発は、これまで軽自動車を手がけたことのなかった日産が担当している。
2019年3月28日に発売された新型「日産デイズ」。先代モデルは、日産と三菱自動車の合弁会社であるNMKVの委託により、三菱が開発および生産を担っていたが、新型の企画・開発は、これまで軽自動車を手がけたことのなかった日産が担当している。拡大
「デイズ」のフロントには、日産のデザインランゲージである“Vモーショングリル”やブーメラン形のシグネチャーが輝く。
「デイズ」のフロントには、日産のデザインランゲージである“Vモーショングリル”やブーメラン形のシグネチャーが輝く。拡大
視界のよさに配慮された、コックピット周辺部。デザインや使い勝手にも徹底的にこだわった。
視界のよさに配慮された、コックピット周辺部。デザインや使い勝手にも徹底的にこだわった。拡大
居住空間を広げるべく、先代よりも大幅にコンパクト化されたエンジンルーム。静粛性を追求した新エンジンが搭載される。
居住空間を広げるべく、先代よりも大幅にコンパクト化されたエンジンルーム。静粛性を追求した新エンジンが搭載される。拡大
1983年に日産自動車に入社して以来、主にプラットフォームの開発に関わってきた國分 均さん。2年前から三菱自動車との合弁会社であるNMKVに入り、現在は日産のNissan第一製品開発本部 プロジェクト統括グループ 主担と、NMKVの第二プロジェクトマネジメントグループ マネージャーを兼務する。
1983年に日産自動車に入社して以来、主にプラットフォームの開発に関わってきた國分 均さん。2年前から三菱自動車との合弁会社であるNMKVに入り、現在は日産のNissan第一製品開発本部 プロジェクト統括グループ 主担と、NMKVの第二プロジェクトマネジメントグループ マネージャーを兼務する。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
ホームへ戻る