第29回:笑っちゃうくらいスゴイ
レクサスの「LM」は「LS」を超えた新アジア高級車だ!

2019.04.27 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ

「LS」比1.5倍のデカ顔レクサス!

勢いまかせ再び! 久々に笑っちゃうくらいの衝撃ですわ。それは上海オートショーで突如発表されたレクサス初のゴージャスミニバン「LM」。ネットで話題だから知ってる人も多いかと思いますが、一瞬「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の顔違いと思いきや中身は別物。

フロントグリルは「レクサスLS」比でタテに約1.5倍の大きさなのはもちろん、「L」字マークがセンターピラーにプレスされている。中身も基本骨格はアルヴェルと同じだけど、足まわりには「レクサスES」で使ったスイングバルブショックアブソーバーが、シートスポンジには世界初の粘弾性ウレタンパッドが使われているのだ。なかでも注目は初のパーティション付き4人乗り仕様で、リアシートをダイナミックダンパーを介してフロアに取り付けているだけでなく、アームレストはフロアにじか付け! 結果、シートに入る振動量はアルヴェルの3分の1に抑え込まれているのだとか。

さらなるポイントはパーティションそのもので、単なる前後の仕切り板と思うことなかれ。中には鉄製フレームが入り、ボディーのねじり剛性が大幅アップ。ミニバン特有のマッチ箱ボディーの変形を抑え込み、剛性感はもちろん、乗り心地のプルプル感も大幅に低減しているそうだ。

ってなわけでハードの出来栄えも気になるが、生まれた背景にもビックリ。上海で発表されただけあって、そこには日本人が驚く中国スーパーリッチの存在があったのだ。ってなわけでLMのチーフエンジニアに上海ショーの会場で直撃取材!

上海ショーでご対面したレクサス初のミニバン「LM」。スピンドルグリルは「LS」よりもタテに1.5倍長い。
上海ショーでご対面したレクサス初のミニバン「LM」。スピンドルグリルは「LS」よりもタテに1.5倍長い。拡大
「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の顔違いというわけではなく、中身もきっちりとレクサスらしく仕立てられている。
「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」の顔違いというわけではなく、中身もきっちりとレクサスらしく仕立てられている。拡大
小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
新着記事