第194回:青いビートルが運ぶのは災厄か、それとも幸福か
『ドント・ウォーリー』

2019.04.29 読んでますカー、観てますカー

ロビン・ウィリアムズが熱望した映画

もちろん偶然なのだろうが、「フォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル)」が登場する優れた映画が立て続けに公開されている。以前紹介した『バンブルビー』では黄色いビートルのトランスフォーマーが大活躍。アカデミー脚本賞を受賞したスパイク・リー監督の『ブラック・クランズマン』では、クライマックスで真っ赤なビートルが爆破された。

『ドント・ウォーリー』のビートルは、青である。黄色いビートルは幸福を運んでくるといわれるが、青いビートルにはそういった話がない。それどころか、この映画のビートルは大変な災厄をもたらす。事故を起こして主人公が大ケガをしてしまうのだ。いや、悪いのはクルマではなくドライバーだろう。飲酒運転なのだから、言い訳のしようがない。

ジョン・キャラハンの自伝『Don’t Worry,He Won’t Get Far on Foot』が原作である。アメリカでは有名な風刺漫画家なのだそうだ。彼は2010年に他界している。彼の物語を映画化したいと熱望していたのがロビン・ウィリアムズだが、2014年に死去。思いはガス・ヴァン・サント監督に受け継がれ、この作品が生まれたわけだ。

ジョンが自らのアル中体験を語る場面から物語は始まる。ステージ上から観客に向かって話し、時には車座になって仲間と語り合う。彼はアル中克服のための集団セラピーに参加し、禁酒に成功してからは依存症の恐ろしさについての講演を行っているらしい。ネタはどちらも同じである。彼が最後に自分の足で歩いた日のことだ。

(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC拡大
 
第194回:青いビートルが運ぶのは災厄か、それとも幸福か『ドント・ウォーリー』の画像拡大
「フォルクスワーゲン・ビートル」
フェルディナント・ポルシェ博士が設計した大衆車で、正式名称は「タイプ1」。ビートルというのはカブトムシに似たフォルムから付けられた愛称。ドイツで生産終了してからも海外では根強い需要があり、2003年に最終車両がメキシコ工場で造られた。
「フォルクスワーゲン・ビートル」
	フェルディナント・ポルシェ博士が設計した大衆車で、正式名称は「タイプ1」。ビートルというのはカブトムシに似たフォルムから付けられた愛称。ドイツで生産終了してからも海外では根強い需要があり、2003年に最終車両がメキシコ工場で造られた。拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事