第132回:SAPAに“普通のラーメン”は残っているか

2019.04.30 カーマニア人間国宝への道

民放テレビ局からのシブすぎる依頼

先日、東京のローカルテレビ局TOKYO MXの制作を名乗る女性から連絡があった。

「最近、高速道路のサービスエリアのラーメンがおいしくなりすぎて、普通のラーメンがなくなったという話があるんですけど、事情を教えていただけないでしょうか」

私は高速道路の専門家ではあるけれど、グルメライターではまったくない。確かにSAPAはずいぶん取材しているが、「どこの何がうまい」と言えるほど食べまくっているわけでもない。ましてや普通のラーメンについてはまったく詳しくない。

だいたい、民放テレビ局からのこういう問い合わせは、大変失礼なものが多い。自分はまったく何の予習もせず、知識皆無の状態でネット上で専門家を探し、手当たり次第に連絡をよこすのである。

「テレビなら大抵協力してくれる」というおごりがあるため、ボツにするのもまったく平気。傲然(ごうぜん)たる態度で「今からすぐ局に来られませんか?」と要求する者もいた。「無理です」と答えたら舌打ちする始末。内容も場当たり的なものが大部分だ。

よって私は最近はもう、民放テレビ局からの問い合わせは無視することにしている。出演したって、なにひとついいことはない。

例外はNHKで、民放と違って丁寧だし、いわゆる女子アナが自ら電話をくれ、出演依頼されたこともある。私が女子アナだと思っていた彼女の名刺の肩書は「記者」だった。そうだったのか! 感動。

彼女は「突然で本当に申し訳ありませんが、今日の夕方、首都高の代々木PAに来ていただけませんか?」とのたまった。ヒマだったので喜んで向かいましたよ。民放のスカADとNHKの女子アナとで、こっちの態度が変わるのは当然っす! スキスキNHK!

高速道路の専門家だからといって、SAPAの食べ物に詳しいわけではない。(写真=池之平昌信)
高速道路の専門家だからといって、SAPAの食べ物に詳しいわけではない。(写真=池之平昌信)拡大
NHKはスタッフも番組も断然ちゃんとしていてスキスキ!
NHKはスタッフも番組も断然ちゃんとしていてスキスキ!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事