安全な交通社会の実現へ向けて(前編)
自動運転技術が加速させる、新しい安全装備の開発

2019.05.10 デイリーコラム

加速する「事故を起こさない技術」の開発

例年通りというべきか、令和最初のゴールデンウイークも、いつものことながら交通事故のニュースが目についた。日本の交通事故発生件数は2004年のピーク時から半減しているが、それでも年間43万件もの事故が起こり、53万人が負傷し、3500人あまりが亡くなっている(警察庁発表資料より)。交通事故の悲劇を繰り返さないために、本稿ではクルマと安全について考えてみたい。

安全は自動車業界の悲願であり、究極のミッションである。それゆえ、古くから研究開発がなされてきた。技術的にはシートベルトやエアバッグなど、事故の被害を最小限にする「パッシブセーフティー」と、横滑り防止装置やアンチロックブレーキシステムなど、事故を未然に防ぐ「アクティブセーフティー」に大別できるが、昨今は後者の研究開発が目立つ。

世界初の3点式シートベルトを実用化したボルボ・カーズは、安全に強くこだわるメーカーのひとつだ。この3月には、2020年以降に発売する新車の最高速度を、すべて180km/hに制限すると発表した。狙いは速度超過による交通事故を防ぐことだが、同社の挑戦はこれにとどまらない。2021年以降は、オーナーがキーを使って自車の最高速度を設定する「ケア・キー」を標準装備するという。運転に不慣れな家族や友人にクルマを貸す際の使用を想定している。

さらに、2021年以降には車内カメラを使ったドライバーのモニタリングシステムも導入を予定。その目的は、薬物や飲酒による酩酊(めいてい)状態、注意散漫な状態での運転による事故を回避することだ。システムがドライバーの状態を危険だと判断したら警告を発し、それでも変化がなければ運転に介入する。最終的には自動で減速して路肩などに安全に停車するという。

新技術の開発や事故事案の調査研究など、安全に関して積極的な取り組みを見せてきたボルボ。どの市場でも、「スピードの出しすぎ」が重大な事故の原因の多数を占めていたことから、2020年以降に発売する新型車に最高速180km/hのリミッターを付けると発表した。なお、スピードの出しすぎ以外では、「わき見運転」や「酩酊(めいてい)状態での運転」が、重篤な事故の原因となるケースが多いとのことだった。
新技術の開発や事故事案の調査研究など、安全に関して積極的な取り組みを見せてきたボルボ。どの市場でも、「スピードの出しすぎ」が重大な事故の原因の多数を占めていたことから、2020年以降に発売する新型車に最高速180km/hのリミッターを付けると発表した。なお、スピードの出しすぎ以外では、「わき見運転」や「酩酊(めいてい)状態での運転」が、重篤な事故の原因となるケースが多いとのことだった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事