FRからFFに刷新 新型「BMW 1シリーズ」公開

2019.05.27 自動車ニュース
BMW 1シリーズ
BMW 1シリーズ拡大

独BMWは2019年5月27日(現地時間)、コンパクトハッチバック「1シリーズ」をフルモデルチェンジし、画像を公開した。実車は同年6月25日にミュンヘンで開催されるBMWグループの「#NEXTGen」イベントで世界初公開となり、同年9月28日に世界規模での販売が開始される予定。

「M135i xDrive」のヘッドライトはLED式。開口部を大きくとったバンパー下部のデザインが標準モデルとの差異点。「F40」という型式名が与えられている。
「M135i xDrive」のヘッドライトはLED式。開口部を大きくとったバンパー下部のデザインが標準モデルとの差異点。「F40」という型式名が与えられている。拡大
5ドアハッチバックスタイルを採用する新型「1シリーズ」。Cセグメントに属するボディーサイズは全長×全幅×全高=4319×1799×1434mm、ホイールベース=2670mm。
5ドアハッチバックスタイルを採用する新型「1シリーズ」。Cセグメントに属するボディーサイズは全長×全幅×全高=4319×1799×1434mm、ホイールベース=2670mm。拡大
現行モデルと同様に、ハッチバックスタイルを採用する新型「1シリーズ」。リアコンビネーションライトはLED式になっている。
現行モデルと同様に、ハッチバックスタイルを採用する新型「1シリーズ」。リアコンビネーションライトはLED式になっている。拡大
メーターパネルには「BMWライブコックピットプロフェッショナル」と呼ばれるディスプレイシステムがオプションで用意される。
メーターパネルには「BMWライブコックピットプロフェッショナル」と呼ばれるディスプレイシステムがオプションで用意される。拡大
「M135i xDrive」は最高出力306ps、最大トルク450Nmの2リッター直4ターボを搭載する。
「M135i xDrive」は最高出力306ps、最大トルク450Nmの2リッター直4ターボを搭載する。拡大
荷室容量は380リッター。後席シートバックを倒せば1200リッターまで容量拡大が可能。
荷室容量は380リッター。後席シートバックを倒せば1200リッターまで容量拡大が可能。拡大
BMW M135i xDrive
BMW M135i xDrive拡大
BMW 118i
BMW 118i拡大

今回のフルモデルチェンジで第3世代へと進化したBMW 1シリーズのハッチバックモデルは、プラットフォームを刷新。FRからFFへとベースとなる駆動方式を変更している。

ボディー形状は5ドアのみの設定で、外寸は全長×全幅×全高=4319×1799×1434mmと発表されている。これは現行モデル(欧州仕様)比で全長-5mm、全幅+34mm、全高+13mmという数値となる。ホイールベースは現行モデルより20mm短い2670mmとなっているが、エンジンの横置き化などによって、室内スペースを拡大。特に後席ではニールームが33mm、ヘッドルームは19mm、エルボールームも19mm、それぞれ広げられている。

エクステリアデザインでは、大型化されシングルフレームデザインとなったキドニーグリルの採用が特徴として挙げられる。サイドビューからは、従来型に比べキャビンが前進し、リアウィンドウが寝たデザインが確認できる。後方にいくにしたがってサイドパネルが斜めに持ち上がり、それに伴いグリーンハウスが徐々に狭められていくのも新型1シリーズで目を引くポイントだろう。先に登場した新型「3シリーズ」と同様に、従来型では前後のドアハンドル位置にあった明確なキャラクターラインが消え、リアドアハンドルの下からリアフェンダーにかけてわずかに残されるのみとなっている。

インテリアは、新型3シリーズなどと同様のイメージでデザインされていることが分かる。メーターパネルには「BMWライブコックピットプロフェッショナル」と呼ばれるディスプレイシステムをオプションで設定。ナビゲーションマップや各種情報の表示が可能になっている。標準仕様はオーソドックスな機械式2連メーターの中央に5.1インチのディスプレイを組み込んだデザインとなり、フルカラーのヘッドアップディスプレイがオプションで選択可能だ。

荷室容量は現行モデル比20リッター増の380リッターとなり、後席シートバックを倒せば1200リッターまで容量の拡大が可能。実用面でも大きな進化を遂げている。

今回発表されたエンジンバリエーションは、ディーゼル3機種とガソリン2機種。ディーゼルエンジンのラインナップとしては、「116d」に最高出力116ps、最大トルク270Nmを発生する1.5リッター直3ターボを、「118d」には同150ps、同350Nmの2リッター直4ターボを、そして「120d xDrive」には同190ps、同400Nmの2リッター直4ディーゼルターボを搭載。前者2モデルがFFで、後者はAWDとなる。

ガソリンエンジンは、「118i」に最高出力140ps、最大トルク220Nmを発生する1.5リッター直3ターボを、トップグレードとなる「M135i xDrive」には、同306ps、同450Nmの2リッター直4ターボを搭載。こちらも前者がFF、後者がAWDとなっている。トランスミッションは、全車6段MTまたは8段ATを組み合わせている。

サスペンションは全車でフロントがストラット式、リアがマルチリンク式となる。「ARB(アクチュエーター連続ホイールスリップ制限機構)」と呼ばれるエンジン直結の電子デバイスが、ホイールスリップをコントロールしアンダーステアを減少。コーナリング時に内輪へブレーキをかけることでニュートラルステアに導く「BMWパフォーマンスコントロール(ヨーモーメントディストリビューション)」や「DSC(ダイナミックスタビリティーコントロール)」とも相まって、スポーティーな走りを実現しているという。

日本への導入時期や日本仕様のラインナップなどは未発表である。

(webCG)

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • 一番小さな”ビーエム”と“ベンツ” 新型「1シリーズ」と「Aクラス」を比較する 2019.12.4 デイリーコラム これまでFRのハッチバック車として貴重な存在だった「BMW 1シリーズ」がFF車へと生まれ変わった。他のCセグメントのライバルとクルマとしての特性が近づいた新型1シリーズの個性はどこにあるのだろうか。「メルセデス・ベンツAクラス」との比較で考えた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • 1980年代の“ハチロク”にインスパイアされた「トヨタ86」の限定車が登場 2020.3.12 自動車ニュース 1980年代に発売されたAE86型「スプリンター トレノ」の限定車をイメージ。トヨタのFRスポーツカー「86(ハチロク)」に、特別仕立ての内外装や足まわりを特徴とする「86 GT“ブラックリミテッド”」が設定された。
ホームへ戻る