プジョー508GTライン(前編)

2019.05.30 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝がステアリングを握ったのは、プジョーのフラッグシップセダン「508」。新たに4ドアクーペスタイルをまとって登場した2代目の走りを、レーシングドライバーはどのように評価する?

見どころの多い新作だけれど……?

「508っていうのが車名なんですか?」

それが谷口信輝の発した第一声だった。これだけを聞いても、プジョーに関する谷口の事前知識がいかに少なかったかがわかる。すると、スタッフが寄ってたかって自分が知っているプジョーと508に関する知識を谷口に押し付け始めた。いわく、「ヘッドライトから下向きに続くデイタイムランニングヘッドライトはライオンの牙がモチーフ」とか「30年以上前にもプジョーはモデル名のバッジをボンネットの前端に貼り付けていた」とか「ブレーキを踏んだときにテールライトに浮かび上がる模様はライオンの爪跡をかたどったもの」とか、そんな具合である。

ただし、そういった説明も谷口にはあまり刺さらなかったらしく、「そうですか。でも、このクルマ、なんか昔の『スバル・レガシィ』に似ていますね」とコメント。正直、この時点では508に関する興味や関心はほとんどゼロのように思われた。

レガシィに似ていると谷口が指摘したので付け加えておくと、508はリアのルーフラインが一直線に下降するファストバック風デザインを採用。「セダンが売れない」とされるこの時代にスポーティーなスタイリングで風穴を開けようとしているのも特徴のひとつである。
「なるほどねえ」と谷口。
「でも、テールライトのデザインはちょっとかっこいいと思いますよ。それじゃあ、まあ、乗ってみますか。ちなみに、このクルマは何駆動ですか?」

谷口のその質問に私が「前輪駆動です。エンジンは1.6リッターのガソリンターボ」と答えると、谷口はどこか無関心そうな表情で508に乗り込んだのである。

プジョーの最新モデルが採用する“ i-Cockpit(iコックピット)”コンセプトは、ステアリングホイールを小径にしてダイナミックなハンドリングを実現する一方で、メーターパネルをステアリングリムの上側からのぞき込ませる独創的なレイアウト。ただし、座高とシート高の関係次第ではステアリングリムでメーターパネルが“ケラレ”て見えないという話をよく耳にする。「僕は大丈夫ですよ」と谷口。
「ちょっとオドメーターのあたりが見えにくいけれど、すぐに慣れますね。それより、僕は小さいステアリングが好き。エアバッグが付くようになる以前は、よくナルディのステアリングとか買ってきて付け替えていたくらいですから……」

 
プジョー508GTライン(前編)の画像拡大
 
プジョー508GTライン(前編)の画像拡大
 
プジョー508GTライン(前編)の画像拡大
 
プジョー508GTライン(前編)の画像拡大

【プジョー508GTラインのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4750×1860×1420mm/ホイールベース:2800mm/車重:1540kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:180ps(133kW)/5500rpm/最大トルク:250Nm(25.5kgm)/1650rpm/タイヤ:(前)235/45R18 98Y/(後)235/45R18 98Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/燃費:14.1km/リッター(WLTCモード)、14.7km/リッター(JC08モード)/価格:459万円

 

【取材時の燃費データ】
テスト距離:249.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:23.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:10.7km/リッター(満タン法)/12.5km/リッター(車載燃費計計測値) 


	【プジョー508GTラインのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4750×1860×1420mm/ホイールベース:2800mm/車重:1540kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:180ps(133kW)/5500rpm/最大トルク:250Nm(25.5kgm)/1650rpm/タイヤ:(前)235/45R18 98Y/(後)235/45R18 98Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4)/燃費:14.1km/リッター(WLTCモード)、14.7km/リッター(JC08モード)/価格:459万円

	 

	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:249.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:23.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:10.7km/リッター(満タン法)/12.5km/リッター(車載燃費計計測値) 
	拡大

関連キーワード:
508, プジョー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.9.13 試乗記 2018年から始まった、日本におけるフォルクスワーゲンのディーゼルモデル拡大戦略。いよいよ本命ともいうべき「ゴルフ」が上陸した。すでにモデル末期ともうわさされている現行型ゴルフ。手を出すべきか、それとも待つべきか……!?
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
ホームへ戻る