クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第6回:CG ROBOT RACING TEAM 2019 シーズンリポート Vol.2

凜太郎、駆ける。 2019.06.02 池島実紅の「挑戦! 86/BRZ Race」 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceのシリーズ開幕戦、鈴鹿ラウンドでは、久保凜太郎選手の力走で貴重な1ポイントを得たCG ROBOT RACING TEAM。そんな緒戦を受けてのシリーズ第2戦が、4月20日~21日、静岡県・富士スピードウェイで開催された。今シーズンから新たに導入される“2ヒート制”で競われる最初のレースとあって、大注目を集めた同週末の86/BRZ Raceシリーズ。CG ROBOT RACING TEAMから、プロフェッショナルシリーズに井口卓人選手と久保凜太郎選手、そしてクラブマンシリーズ エキスパートクラスに池島実紅選手とともに出走した3台のスバルBRZは、節目となるこの富士ラウンドをどう戦ったのだろう?
(『CG』2019年7月号から転載)

シリーズ初の「1大会2ヒート制」

注目の“2ヒート制”が導入されるのは、CG ROBOT RACING TEAMの3台のスバルBRZが参戦するプロフェッショナルシリーズとクラブマンシリーズ エキスパートクラスに加え、今季からビギナー向けに新設されたクラブマンシリーズ オープンクラスを含む3カテゴリー。つまり、今回の富士ではすべての86/BRZ Raceが1大会2ヒート制で開催されるというわけだ。

いずれも土曜に予選、翌日曜にそれぞれ2回ずつの決勝ヒートを実施。1ヒートは10周で、2ヒートを完走すると周回数は計20周となり、第1ヒートの決勝結果はそのまま第2ヒートのスターティンググリッドとなる。

また「1大会2ヒート制」を敷く場合、ポイントは第1ヒート、第2ヒートとも与えられるが、それぞれのヒートを完走することがポイント獲得の絶対条件となる。つまり、仮に第1ヒートで優勝しても第2ヒートでリタイアしてしまうと獲得ポイントはゼロ。ちなみに両ヒートで優勝すれば30ポイント(第1ヒートは10点、第2ヒートではその2倍の20点)。同時にポールポジションとファステストラップにもそれぞれ1ポイントが与えられるため、最大で33ポイント獲得することができる。

もっとも、予選から決勝の2ヒートを通して使用できるタイヤは、従来と同じ4本、つまり1セットに限られる。これまでは1セットのタイヤで予選と決勝レース1戦分をいかに戦うかがこのシリーズの争点だったが、1大会2ヒート制でのレースイベントでは、さらにもう1戦、同じタイヤで決勝ヒートを走らねばならない。その意味では、これまで以上にドライバーのタイヤマネジメント能力が問われ、使用タイヤ銘柄のキャラクター差がより鮮明に打ち出されることは間違いない。

決勝ヒートを前におだやかな笑顔を見せる久保凜太郎選手。
決勝ヒートを前におだやかな笑顔を見せる久保凜太郎選手。拡大
決勝ヒート1のスタート直後、1コーナーをクリアする#87久保凜太郎選手と#88井口卓人選手。
決勝ヒート1のスタート直後、1コーナーをクリアする#87久保凜太郎選手と#88井口卓人選手。拡大
スタート直前の池島選手に心強い応援団登場! CG ROBOT RACING TEAMの佐藤麻衣子マネジャー(写真中央)と、元CG編集部員で、現在はフリーランスモータージャーナリストの伊藤 梓さん(同左)。
スタート直前の池島選手に心強い応援団登場! CG ROBOT RACING TEAMの佐藤麻衣子マネジャー(写真中央)と、元CG編集部員で、現在はフリーランスモータージャーナリストの伊藤 梓さん(同左)。拡大
富士スピードウェイのテクニカルセクションを行く#89池島選手。
富士スピードウェイのテクニカルセクションを行く#89池島選手。拡大

不運なアクシデント

こうした状況で予選に臨んだCG ROBOT RACING TEAMは、凜太郎選手が6番手、井口選手は8番手と上位グリッドを確保。このうち、凜太郎選手は第1ヒートのスタート直後に5番手にポジションアップ。集中力を切らすことなくクレバーなドライブを披露し、そのまま5位で第1ヒートを終えた。一方の井口選手も第1ヒート序盤に6番手を堅持していたが、4周目のダンロップカーブ進入で後続車に追突され、そのままリタイア。明暗を分ける結果となった。しかしながら、#88井口車の車載カメラ映像には、後方からミサイルのごとき速度で迫る後続車の動きを察し、瞬間的なステアリング操作で最悪の事態を逃れる一連のシーンが残っていた。まさにレース巧者・井口卓人の面目躍如である。

こうしてダメージを受けた#88井口車だが、チームは第2ヒートのスタート進行までに残された3時間の間にマシンの修復を完了。再度、コックピットに復帰した井口選手は2分05秒050という全33台中、セカンドベストのラップタイムをマーク。チームの期待に応えた。また、第1ヒートで5位フィニッシュを遂げた凜太郎選手は、第2ヒートでも大健闘。一時4番手に浮上する力走を見せ、結果的に5位でチェッカー。12点を加え、ポイントランキング9番手につけてみせた。

一方、クラブマンシリーズのエキスパートクラスに出場した池島実紅選手は、予選16番手から第1ヒートに臨んだが、そのスタート直後の1コーナーでコントロールを失った他車に側突され、リタイア。#89池島車は右ドアパネルが裂ける(!)大きなダメージを負った。ドライバーの池島選手は直ちにメディカルルームに搬送されたが、検査の結果、大きなケガもなく、幸いにして打撲傷程度で難を逃れた。

(文=早田禎久/写真=服部真哉)

第1ヒートのフィニッシュから約3時間後、パドックで第2ヒートのスタート進行を待つ久保凜太郎選手と#87 CG ROBOT BRZ BS。開幕戦では貴重な1ポイントをチームにもたらし、続くこの第2戦富士ラウンドでは予選6番手から、第1/第2ヒートで連続して5位フィニッシュ。今季、86/BRZ Raceと並行して参戦しているスーパー耐久シリーズでは、トヨタカローラ新茨城が展開するGR Garage水戸インターが立ち上げた「C.S.I Racing」のスポーティングマネジャー兼ドライバーの重責を担う凜太郎選手だが、ST-4クラスで2戦連続の2位入賞を遂げるなど、“プレーイング・マネジャー”としても上々の滑り出しを見せている。
第1ヒートのフィニッシュから約3時間後、パドックで第2ヒートのスタート進行を待つ久保凜太郎選手と#87 CG ROBOT BRZ BS。開幕戦では貴重な1ポイントをチームにもたらし、続くこの第2戦富士ラウンドでは予選6番手から、第1/第2ヒートで連続して5位フィニッシュ。今季、86/BRZ Raceと並行して参戦しているスーパー耐久シリーズでは、トヨタカローラ新茨城が展開するGR Garage水戸インターが立ち上げた「C.S.I Racing」のスポーティングマネジャー兼ドライバーの重責を担う凜太郎選手だが、ST-4クラスで2戦連続の2位入賞を遂げるなど、“プレーイング・マネジャー”としても上々の滑り出しを見せている。拡大
#121蒲生尚弥、#34佐々木雅弘、#1谷口信輝の3選手を引き連れ、富士スピードウェイのテクニカルセクションを行く凛太郎選手の#87 CG ROBOT BRZ BS。集中を切らすことなく、落ち着いた駆け引きと巧みなタイヤマネジメントで、初の2ヒート戦を総合5位で乗り切った。
#121蒲生尚弥、#34佐々木雅弘、#1谷口信輝の3選手を引き連れ、富士スピードウェイのテクニカルセクションを行く凛太郎選手の#87 CG ROBOT BRZ BS。集中を切らすことなく、落ち着いた駆け引きと巧みなタイヤマネジメントで、初の2ヒート戦を総合5位で乗り切った。拡大
第1ヒート、スタート直後の1コーナーでコントロールを失った他車に側突され、リタイアの憂き目を見た池島実紅選手。右ドアパネルが裂け、キャビンが見える(!)ほどのダメージを受けたが、池島選手自身は打撲傷で済んだのは不幸中の幸いだった。次戦の舞台、SUGOは昨年も好走を披露したゲンのいいコース。ガンバレ !!
第1ヒート、スタート直後の1コーナーでコントロールを失った他車に側突され、リタイアの憂き目を見た池島実紅選手。右ドアパネルが裂け、キャビンが見える(!)ほどのダメージを受けたが、池島選手自身は打撲傷で済んだのは不幸中の幸いだった。次戦の舞台、SUGOは昨年も好走を披露したゲンのいいコース。ガンバレ !!拡大
富士ラウンドでCG ROBOT RACING TEAMに心強い助っ人として加わってくださったスバルのディーラーメカニックの皆さんと、CG ROBOT RACING TEAMの3人のドライバーたち。前列左より、渡辺駿介メカ(名古屋スバル自動車 名古屋楠店)、犬飼恭平メカ(山形スバル 荒楯店)、金田 力 メカ(富士スバル 高崎倉賀野店)、服部大貴メカ(東京スバル 環七野沢店)、井上達貴メカ(北陸スバル自動車 富山本店)、兵藤光希メカ(神奈川スバル 綱島店)。後列左より、久保凜太郎選手、井口卓人選手、池島実紅選手。
富士ラウンドでCG ROBOT RACING TEAMに心強い助っ人として加わってくださったスバルのディーラーメカニックの皆さんと、CG ROBOT RACING TEAMの3人のドライバーたち。前列左より、渡辺駿介メカ(名古屋スバル自動車 名古屋楠店)、犬飼恭平メカ(山形スバル 荒楯店)、金田 力 メカ(富士スバル 高崎倉賀野店)、服部大貴メカ(東京スバル 環七野沢店)、井上達貴メカ(北陸スバル自動車 富山本店)、兵藤光希メカ(神奈川スバル 綱島店)。後列左より、久保凜太郎選手、井口卓人選手、池島実紅選手。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。