第6回:CG ROBOT RACING TEAM 2019 シーズンリポート Vol.2

凜太郎、駆ける。 2019.06.02 池島実紅の「挑戦! 86/BRZ Race」 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceのシリーズ開幕戦、鈴鹿ラウンドでは、久保凜太郎選手の力走で貴重な1ポイントを得たCG ROBOT RACING TEAM。そんな緒戦を受けてのシリーズ第2戦が、4月20日~21日、静岡県・富士スピードウェイで開催された。今シーズンから新たに導入される“2ヒート制”で競われる最初のレースとあって、大注目を集めた同週末の86/BRZ Raceシリーズ。CG ROBOT RACING TEAMから、プロフェッショナルシリーズに井口卓人選手と久保凜太郎選手、そしてクラブマンシリーズ エキスパートクラスに池島実紅選手とともに出走した3台のスバルBRZは、節目となるこの富士ラウンドをどう戦ったのだろう?
(『CG』2019年7月号から転載)

シリーズ初の「1大会2ヒート制」

注目の“2ヒート制”が導入されるのは、CG ROBOT RACING TEAMの3台のスバルBRZが参戦するプロフェッショナルシリーズとクラブマンシリーズ エキスパートクラスに加え、今季からビギナー向けに新設されたクラブマンシリーズ オープンクラスを含む3カテゴリー。つまり、今回の富士ではすべての86/BRZ Raceが1大会2ヒート制で開催されるというわけだ。

いずれも土曜に予選、翌日曜にそれぞれ2回ずつの決勝ヒートを実施。1ヒートは10周で、2ヒートを完走すると周回数は計20周となり、第1ヒートの決勝結果はそのまま第2ヒートのスターティンググリッドとなる。

また「1大会2ヒート制」を敷く場合、ポイントは第1ヒート、第2ヒートとも与えられるが、それぞれのヒートを完走することがポイント獲得の絶対条件となる。つまり、仮に第1ヒートで優勝しても第2ヒートでリタイアしてしまうと獲得ポイントはゼロ。ちなみに両ヒートで優勝すれば30ポイント(第1ヒートは10点、第2ヒートではその2倍の20点)。同時にポールポジションとファステストラップにもそれぞれ1ポイントが与えられるため、最大で33ポイント獲得することができる。

もっとも、予選から決勝の2ヒートを通して使用できるタイヤは、従来と同じ4本、つまり1セットに限られる。これまでは1セットのタイヤで予選と決勝レース1戦分をいかに戦うかがこのシリーズの争点だったが、1大会2ヒート制でのレースイベントでは、さらにもう1戦、同じタイヤで決勝ヒートを走らねばならない。その意味では、これまで以上にドライバーのタイヤマネジメント能力が問われ、使用タイヤ銘柄のキャラクター差がより鮮明に打ち出されることは間違いない。

決勝ヒートを前におだやかな笑顔を見せる久保凜太郎選手。
決勝ヒートを前におだやかな笑顔を見せる久保凜太郎選手。拡大
決勝ヒート1のスタート直後、1コーナーをクリアする#87久保凜太郎選手と#88井口卓人選手。
決勝ヒート1のスタート直後、1コーナーをクリアする#87久保凜太郎選手と#88井口卓人選手。拡大
スタート直前の池島選手に心強い応援団登場! CG ROBOT RACING TEAMの佐藤麻衣子マネジャー(写真中央)と、元CG編集部員で、現在はフリーランスモータージャーナリストの伊藤 梓さん(同左)。
スタート直前の池島選手に心強い応援団登場! CG ROBOT RACING TEAMの佐藤麻衣子マネジャー(写真中央)と、元CG編集部員で、現在はフリーランスモータージャーナリストの伊藤 梓さん(同左)。拡大
富士スピードウェイのテクニカルセクションを行く#89池島選手。
富士スピードウェイのテクニカルセクションを行く#89池島選手。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事