「人とくるまのテクノロジー展」の会場から
クルマ“以外”の気になる展示を紹介する

2019.06.03 デイリーコラム

脱着式バッテリーに秘められた可能性

先行リポートでも紹介したとおり、ホンダブースの目玉となったのは「Honda Mobile Power Pack(ホンダモバイルパワーパック、以下HMPP)」と名付けられた持ち運び可能な脱着式バッテリーだ。

ブースではHMPPを使用したプロダクトや運用実績の報告、そしてHMPPを活用するための新しいシステムなどが紹介されていた。ホンダはバッテリーそのものの開発を進めると同時に、それが使用できるプロダクトや環境を広げることで、その普及とさらなる進化を追求するという姿勢なのだ。

電動スクーターである「PCXエレクトリック」は、HMPPを使用した最初のプロダクトだ。2018年11月末より企業や個人事業主、そして官公庁を対象にリース販売をスタート。2019年春からは、一般ユーザーを対象としたリースモニターも始まっている。シート下にはHMPPを2個積むスペースが設けられており、それを搭載したまま車体にコンセントを差し込むことで、あるいはHMPPを車体から取り外し、専用充電器にセットすることで充電が可能だ。

今回ホンダは、そのPCXエレクトリックに続く新しいプロダクトを提案した。それが「Charge & Supply(チャージ&サプライ)」コンセプトと、「ESMO(エスモ)」コンセプトだ。前者は、要するにモバイルパワーパックとセットで使用する“蓄電機”である。すでに充電型リチウムイオン電池搭載の蓄電機「LiB-AID(リベイド)E500」を発売しているホンダだけに、すぐにでも市販化できるプロダクトではないかと考えられる。

ホンダが出展した脱着式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(ホンダモバイルパワーパック)」。
ホンダが出展した脱着式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(ホンダモバイルパワーパック)」。拡大
ホンダの電動スクーター「PCXエレクトリック」。シートの下に搭載される、2個の「ホンダモバイルパワーパック」で稼働する。
ホンダの電動スクーター「PCXエレクトリック」。シートの下に搭載される、2個の「ホンダモバイルパワーパック」で稼働する。拡大
ホンダが考える、電気を使ったコミュニケーションフロー。持ち運び可能な「ホンダモバイルパワーパック」が普及することで、再生可能エネルギーなどの利用環境も広がると考えている。
ホンダが考える、電気を使ったコミュニケーションフロー。持ち運び可能な「ホンダモバイルパワーパック」が普及することで、再生可能エネルギーなどの利用環境も広がると考えている。拡大
「ホンダモバイルパワーパック」から電気を取り出し、緊急時などの電源として利用可能にする「Charge & Supply(チャージ&サプライ)」コンセプト。
「ホンダモバイルパワーパック」から電気を取り出し、緊急時などの電源として利用可能にする「Charge & Supply(チャージ&サプライ)」コンセプト。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事