クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

「人とくるまのテクノロジー展」の会場から
クルマ“以外”の気になる展示を紹介する

2019.06.03 デイリーコラム

脱着式バッテリーに秘められた可能性

先行リポートでも紹介したとおり、ホンダブースの目玉となったのは「Honda Mobile Power Pack(ホンダモバイルパワーパック、以下HMPP)」と名付けられた持ち運び可能な脱着式バッテリーだ。

ブースではHMPPを使用したプロダクトや運用実績の報告、そしてHMPPを活用するための新しいシステムなどが紹介されていた。ホンダはバッテリーそのものの開発を進めると同時に、それが使用できるプロダクトや環境を広げることで、その普及とさらなる進化を追求するという姿勢なのだ。

電動スクーターである「PCXエレクトリック」は、HMPPを使用した最初のプロダクトだ。2018年11月末より企業や個人事業主、そして官公庁を対象にリース販売をスタート。2019年春からは、一般ユーザーを対象としたリースモニターも始まっている。シート下にはHMPPを2個積むスペースが設けられており、それを搭載したまま車体にコンセントを差し込むことで、あるいはHMPPを車体から取り外し、専用充電器にセットすることで充電が可能だ。

今回ホンダは、そのPCXエレクトリックに続く新しいプロダクトを提案した。それが「Charge & Supply(チャージ&サプライ)」コンセプトと、「ESMO(エスモ)」コンセプトだ。前者は、要するにモバイルパワーパックとセットで使用する“蓄電機”である。すでに充電型リチウムイオン電池搭載の蓄電機「LiB-AID(リベイド)E500」を発売しているホンダだけに、すぐにでも市販化できるプロダクトではないかと考えられる。

ホンダが出展した脱着式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(ホンダモバイルパワーパック)」。
ホンダが出展した脱着式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(ホンダモバイルパワーパック)」。拡大
ホンダの電動スクーター「PCXエレクトリック」。シートの下に搭載される、2個の「ホンダモバイルパワーパック」で稼働する。
ホンダの電動スクーター「PCXエレクトリック」。シートの下に搭載される、2個の「ホンダモバイルパワーパック」で稼働する。拡大
ホンダが考える、電気を使ったコミュニケーションフロー。持ち運び可能な「ホンダモバイルパワーパック」が普及することで、再生可能エネルギーなどの利用環境も広がると考えている。
ホンダが考える、電気を使ったコミュニケーションフロー。持ち運び可能な「ホンダモバイルパワーパック」が普及することで、再生可能エネルギーなどの利用環境も広がると考えている。拡大
「ホンダモバイルパワーパック」から電気を取り出し、緊急時などの電源として利用可能にする「Charge & Supply(チャージ&サプライ)」コンセプト。
「ホンダモバイルパワーパック」から電気を取り出し、緊急時などの電源として利用可能にする「Charge & Supply(チャージ&サプライ)」コンセプト。拡大
ホンダ の中古車

すでに充電ステーションの実証実験も

一方のESMOは、ホンダの「セニアカー」に代表される電動車いすの新しいカタチを提案したもの。ESMOという名はElectric Smart Mobilityの頭文字を取ったものだ。セニアカーを利用することに抵抗があるユーザーでも乗りたくなるようなデザインや機能、また新しいモビリティーとしての電動カートのカタチを追求した。あえてフロント2輪、リア1輪としたことや、二輪の製造開発で培ったノウハウを投入することで、軽快さとともにアクティブなビジュアルを実現し、同時にリアホイールに内蔵したDCブラシレスモーターやラバーコーン式のリアサスペンションなどの採用により、コストダウンも実現できるという。

さらにホンダのブースでは、HMPPの“充電ステーション”ともいえる「Honda Mobile Power Pack Exchanger(ホンダモバイルパワーパックエクスチェンジャー)」も披露された。HMPP 6個を内蔵しており、充電切れのHMPPと充電済みのHMPPを交換することができる。すでにインドネシアやフィリピンで実証実験が行われているこのステーションが普及すれば、長い充電待ちの問題が解消され、HMPP搭載製品の使用環境が改善できるとともに、さらなるアイテム開発の可能性も広がるに違いない。

電動カートのコンセプトモデル「ESMO(エスモ)」。フロント2輪の三輪スタイルで、フロントの足まわりにはサスペンションを採用。バイクメーカーらしいアクティブで若々しいスタイルを目指したという。
電動カートのコンセプトモデル「ESMO(エスモ)」。フロント2輪の三輪スタイルで、フロントの足まわりにはサスペンションを採用。バイクメーカーらしいアクティブで若々しいスタイルを目指したという。拡大
シートの前方、左右に走る2本のフレームの間にHMPPが搭載される。
シートの前方、左右に走る2本のフレームの間にHMPPが搭載される。拡大
充電ステーション「Honda Mobile Power Pack Exchanger(ホンダモバイルパワーパックエクスチェンジャー)」。“電池切れ”のHMPPと、充電済みのHMPPを交換することができる。
充電ステーション「Honda Mobile Power Pack Exchanger(ホンダモバイルパワーパックエクスチェンジャー)」。“電池切れ”のHMPPと、充電済みのHMPPを交換することができる。拡大

バイクに装備できる車高調整システムが登場

サスペンションブランド「SHOWA(ショーワ)」のブースでは、二輪および四輪向けに開発しているさまざまな技術が展示されていた。

中でも、今回注目したのは、二輪用電子制御サスペンション技術「EERA(イーラ)」を応用した「HEIGHTFLEX(ハイトフレックス)」だ。これはブレーキ操作や速度低下などによって停車を事前に感知し、停車直前に自動的に前後サスペンションを縮めて車高を下げ、足着き性を向上させるというもの。再発進後は前後サスペンションの動きを利用してダンパーをポンプとして作動させ、指定の車高に戻る。主に、前後サスペンションが長く車高が高い、アドベンチャーモデルでの装着を想定し、開発を進めているという。

このシステムは2018年11月にイタリア・ミラノで開催されたモーターサイクルショー「EICMA(エイクマ)」で世界初公開されたものだ。EICMAの会場では、同システムを組み込んだ車両を持ち込み、実際にライダーがまたがった状態で車高を上げ下げするデモンストレーションが行われたが、日本初公開となった今回の“人テク展”では、リアサスペンション本体の展示と映像での解説のみとなった。

実車では、前後サスを連動させることで、安定感を損なうことなく自然な車高の上下が可能になっているという。これを実現する重要なポイントが、ショーワが電子制御サスペンション用に自社開発したECUと、サスペンションに内蔵したストロークセンサーだ。バイク特有のサスペンションの動きを理解し、その動きを正確にモニターするストロークセンサーとECUが、この技術を可能にしている。また、このシステムではモーターやポンプなどといった、追加のシステムやパーツがほとんど不要なため、低コストおよび省スペースで実現できるというのも大きなメリットとなっている。現在のところ市販車搭載時期は未定とのことだが、今後の展開にぜひ期待したい。

「HEIGHTFLEX(ハイトフレックス)」用のリアサスペンション。サスペンション本体にほとんどパーツを追加せず、車高の自動調整という機能を実現している。
「HEIGHTFLEX(ハイトフレックス)」用のリアサスペンション。サスペンション本体にほとんどパーツを追加せず、車高の自動調整という機能を実現している。拡大
ショーワは2017年より二輪車用電子制御サスペンションを手がけてきた。こちらはカワサキのスーパースポーツモデル「ニンジャZX-10R」の電子制御式減衰力可変ダンパー付きリアショックと、ショーワが独自開発しているサスペンション用ECU。
ショーワは2017年より二輪車用電子制御サスペンションを手がけてきた。こちらはカワサキのスーパースポーツモデル「ニンジャZX-10R」の電子制御式減衰力可変ダンパー付きリアショックと、ショーワが独自開発しているサスペンション用ECU。拡大
カワサキのアドベンチャーモデル「ヴェルシス」に採用されている、電子制御式減衰力可変ダンパー付きフロントフォーク。
カワサキのアドベンチャーモデル「ヴェルシス」に採用されている、電子制御式減衰力可変ダンパー付きフロントフォーク。拡大

スマートフォンの便利機能を車載のモニターで

自動車やバイク用ディスプレイのトップブランドである日本精機は、SDL Coreを利用した二輪車向けの廉価なスマートフォン連携プラットフォーム「SIMPLE MOTO PLATFORM(シンプル・モト・プラットフォーム)」を発表した。

このプラットフォームは、2.5インチと4.5インチの小型TFTデジタルディスプレイを内蔵した針式スピードメーターと、ハンドルなどにセットするリモートコントローラー、そして通信ユニットによって構成される。この通信ユニットがBluetoothでスマートフォンと連携。リモートコントローラーで通話や音楽再生などの操作が可能になるほか、SDLアプリに対応したアプリケーションも利用可能で、TFTデジタルディスプレイにさまざまな情報を表示することができる。地図アプリを用いれば、シンプルなナビゲーションシステムをディスプレイに表示することも可能だ。

小排気量モデルへの搭載を前提に開発を続けており、現時点では通信ユニットの小型化やさらなる低コスト化などが克服すべき課題となっている。今もスマートフォンを車体に装着して使用するライダーは多いが、この技術が市販化されれば、もうそれをポケットやカバンから出す必要はなくなるだろう。

日本精機が発表したスマートフォン連携プラットフォーム「SIMPLE MOTO PLATFORM(シンプル・モト・プラットフォーム)」。
日本精機が発表したスマートフォン連携プラットフォーム「SIMPLE MOTO PLATFORM(シンプル・モト・プラットフォーム)」。拡大
「NS」マーク付きの四角い箱が通信ユニット。さらなるコンパクト化を目指して開発を進めているという。写真左はリモートコントローラー。
「NS」マーク付きの四角い箱が通信ユニット。さらなるコンパクト化を目指して開発を進めているという。写真左はリモートコントローラー。拡大
小さな画面でライダーに明快な情報を提示するため、表示情報をあえてシンプルにしたという。写真は4.5インチTFTディスプレイ。画面が広いため、2.5インチに比べて表示情報が増えている。
小さな画面でライダーに明快な情報を提示するため、表示情報をあえてシンプルにしたという。写真は4.5インチTFTディスプレイ。画面が広いため、2.5インチに比べて表示情報が増えている。拡大

モビリティーの枠を越えた「ILY-Ai」

最後に紹介するのは、アイシン精機が2017年末から各地で実証実験を続けているパーソナルモビリティー「ILY-Ai(アイリー・エーアイ)」である。空港職員の港内移動に加え、リゾート施設では来場者を対象としたガイドツアーや試乗体験会なども開催している。

ILY-Aiは電動三輪スクーターを基本としながら、車体やシートを折りたたむことが可能で、持ち運び移動ができる「キャリーモード」、立ち乗りスタイルの「スタンディングモード」、着座して乗る「ビークルモード」、荷物を積んでカートのように押し歩きできる「カートモード」に変形する。

さらに、車体前方にカメラやセンサーを内蔵することで個人を認識し、自律走行による追従も可能。また障害物を感知して自動で回避や停車も行うという。

さまざまな用途に応えるILY-Aiは、モビリティー(乗りもの)という枠を越えた、これまでのジャンル分けではくくることのできないプロダクトだ。こういった製品の登場が既存の類別をあいまいなものとし、新しい移動・運搬の世界が構築されていくものと考えられる。

(文と写真=河野正士/編集=堀田剛資)

アイシン精機が出展したパーソナルモビリティー「ILY-Ai(アイリー・エーアイ)」。車体前方にカメラや2Dおよび3Dイメージセンサーを搭載しており、個人の認識や障害物の感知を可能としている。
アイシン精機が出展したパーソナルモビリティー「ILY-Ai(アイリー・エーアイ)」。車体前方にカメラや2Dおよび3Dイメージセンサーを搭載しており、個人の認識や障害物の感知を可能としている。拡大
八角形のハンドルは、あらゆる角度から操作できることを意識してデザイン。右上部の小さな突起がアクセルとなる。
八角形のハンドルは、あらゆる角度から操作できることを意識してデザイン。右上部の小さな突起がアクセルとなる。拡大
シートは、写真のとおり折りたたむことが可能。簡単な作業で格納、展開できる。
シートは、写真のとおり折りたたむことが可能。簡単な作業で格納、展開できる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。