スバルが「フォレスター」を一部改良 新色を設定

2019.06.10 自動車ニュース

スバルは2019年6月10日、ミドルクラスSUV「フォレスター」の一部改良モデルを発表した。同年7月18日に販売を開始する。

今回の改良では、リアシートへの荷物などの置き忘れを、ブザーと画面表示で乗員に知らせる「リアシートリマインダー」を新たに採用したほか、「ツーリング」「プレミアム」「X-BREAK」のライセンスランプをLED化。従来からLEDを用いていた「アドバンス」も含め、全車ライセンスランプがLEDとなった。

またボディーカラーについては従来の「ダークグレー・メタリック」を廃止し、新たに「マグネタイトグレー・メタリック」を設定した。

価格は従来モデルから変更はなく、280万8000円から309万9600円。

(webCG)

スバル・フォレスターX-BREAK(ボディーカラーは「マグネタイトグレー・メタリック」)
スバル・フォレスターX-BREAK(ボディーカラーは「マグネタイトグレー・メタリック」)拡大

関連キーワード:
フォレスター, スバル, 自動車ニュース

スバル フォレスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2018.12.13 試乗記 新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • スバル・フォレスターX-BREAK(4WD/CVT)【試乗記】 2018.9.19 試乗記 5代目「スバル・フォレスター」に試乗。パッと見は「どこが新しくなったの?」という感じのキープコンセプトだが、中身はさにあらず! 派手さはなくてもユーザーの使い勝手を徹底的に考慮した、真摯(しんし)なクルマに仕上がっているのだ。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • 第16回:スバル・フォレスター(後編) 2018.12.12 カーデザイナー明照寺彰の直言 たとえキープコンセプトであっても、従来モデルとの“違い”や“新しさ”を表現する方法はあるというのだが……。今回は、新型「スバル・フォレスター」のディテールを通し、現役のカーデザイナー明照寺彰が「国産車と輸入車の、考え方の違い」を語る。
ホームへ戻る