スバルが「フォレスター」を一部改良 新色を設定

2019.06.10 自動車ニュース

スバルは2019年6月10日、ミドルクラスSUV「フォレスター」の一部改良モデルを発表した。同年7月18日に販売を開始する。

今回の改良では、リアシートへの荷物などの置き忘れを、ブザーと画面表示で乗員に知らせる「リアシートリマインダー」を新たに採用したほか、「ツーリング」「プレミアム」「X-BREAK」のライセンスランプをLED化。従来からLEDを用いていた「アドバンス」も含め、全車ライセンスランプがLEDとなった。

またボディーカラーについては従来の「ダークグレー・メタリック」を廃止し、新たに「マグネタイトグレー・メタリック」を設定した。

価格は従来モデルから変更はなく、280万8000円から309万9600円。

(webCG)

スバル・フォレスターX-BREAK(ボディーカラーは「マグネタイトグレー・メタリック」)
スバル・フォレスターX-BREAK(ボディーカラーは「マグネタイトグレー・メタリック」)拡大

関連キーワード:
フォレスター, スバル, 自動車ニュース

スバル フォレスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバー 2020.6.10 自動車ニュース ダイハツがクロスオーバータイプの新型軽乗用車「タフト」を発売。個性的なデザインやガラスルーフ、機能的なラゲッジスペースが特徴の新モデルで、予防安全装備やコネクテッドシステムについてもダイハツ最新の機器が搭載されている。
ホームへ戻る