オリジナルでしか味わえないもの

もっとも、こんなPHCが「新世代のハイドロである」という主張には、素直にうなずけない面があるのも事実である。

窒素を封入したエア室がスプリングで、そして前後左右で連関した油圧回路が車高・姿勢維持や減衰をおこなっていたハイドロニューマチック/ハイドラクティブ最大の技術的効能はあくまで「荷重や走行状況を問わず、あらゆる場面で理想的な車高と車両姿勢を積極的に保つ」ことであり、快適な乗り心地はいわばその副産物にすぎないからだ(実際の商品としてはそれが最大の売りだったとしても)。その意味で、車高維持機能をもたないPHCはハイドロの正統後継技術とはいいにくい。

ただ、早い話がエアサスペンションの一種であるハイドロでは「初期ストロークは柔らかく、深く縮むほどコシが強まる」というエアスプリング特有のプログレッシブ効果も、その味わいに少なからず影響していたことも確か。ストロークに応じて減衰力が変化するPHCはそういうプログレッシブ効果こそが最大のキモであり、この点はなるほどハイドロとの類似点はある。

まあ、いずれにせよ、PHCは独自性の高い(市販車では)新しい技術であり、以前のハイドロよりシンプルで低コスト、より幅広く使えそうな点は大きなメリットだ。これが実際に乗って「これこそ令和のハイドロや~!」と叫びたくなる革命的なデキなら、素直に素晴らしいことである。

(文=佐野弘宗/写真=グループPSA、ルノー/編集=藤沢 勝)

最後のオリジナル“ハイドロ”搭載モデルとなった「シトロエンC5」。日本では2015年5月に販売終了となった。
最後のオリジナル“ハイドロ”搭載モデルとなった「シトロエンC5」。日本では2015年5月に販売終了となった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.18 試乗記 個性派シトロエンの中でも変わった見た目の「C3エアクロスSUV」は、どんな味わいのクルマなのか? 高速道路からワインディングロードまで走らせた筆者は、かつて胸をときめかせてくれた、むかしのフランス車を思い出していた。
  • アウディが新型「A3セダン」を発表 コックピットや操作系のデジタル化を推進 2020.4.24 自動車ニュース 独アウディは2020年4月21日(現地時間)、2代目となる新型「A3セダン」を公開した。欧州では同年4月末から受注を開始し、納車は同年夏にスタート。価格はエントリーレベルのガソリンエンジン搭載車で2万7700ユーロからとなる。
  • 使って知る「YOKOHAMA BluEarth-XT AE61」の真価 2020.3.30 2020 Spring webCGタイヤセレクション<AD> 横浜ゴムがクロスオーバーSUV向けに開発した新商品「BluEarth-XT(ブルーアース・エックスティー)AE61」。オンロードでのシャープなハンドリング性能や優れた静粛性をうたうこのタイヤの実力を確かめるべく、「シトロエンC5エアクロスSUV」に装着してのドライブを実施した。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.9 試乗記 創立100周年を迎えたシトロエンが放つ新型車が「C5エアクロスSUV」だ。“ハイドロニューマチックの現代的解釈”をうたうサスペンションシステムや新開発のシートなど、「何よりもコンフォート性能を追求した」というモデルを支える装備の出来栄えをチェックした。
  • 「マツダCX-3」にお手ごろ価格の1.5リッターガソリンエンジン搭載車が登場 2020.5.18 自動車ニュース マツダがコンパクトSUV「CX-3」に1.5リッターガソリンエンジン搭載車を設定。FF車では200万円を切る車両価格を実現した、新たなエントリーモデルである。シートの座り心地を改善したり、ボディーカラーに新色を設定したりといった改良も実施している。
ホームへ戻る