キーワードは“良品廉価”
ダイハツの未来を担う「DNGA」の真価に迫る

2019.06.17 デイリーコラム

まずは新型「タント」から

ダイハツから、新しいクルマづくりのコンセプト「DNGA」に基づいた次世代製品群の旗手として、新型「タント/タントカスタム」が登場する。

開発者インタビューでチーフエンジニアの南出氏も述べていた通り、この「DNGA」という言葉が最初に世に現れたのは、2016年のことだ。ダイハツ完全子会社化の記者会見にて、トヨタの豊田章男社長に耳打ちされたダイハツの三井正則社長(当時)が、困惑しつつも笑顔で「DNGA」と口にしていたのを思い出す。

実際に商品説明の場でこの言葉が初めて使われたのは、2017年登場の2代目「ミラ イース」からである。プレスリリースや技術資料にデカデカと書かれたDNGAの文字に、このクルマがブランニュー・ダイハツの第1号車かと思いきや、エンジニア氏は「新型ミラ イースは『DNGAの原点』となるモデルで~」と歯切れが悪い。ようするに「このクルマはDNGAじゃないよ」とのことでズッこけた。

あれからはや2年、ようやく、ホントに、DNGAが取り入れられた製品がお目見えとなったわけだ。

ところで、ダイハツが掲げるこのDNGAなる言葉は、実は特定の技術を指すものではない。商品企画から開発、設計、調達、製造にいたるまでの、クルマづくり全体の改革を指すものなのだ。……なんかどこかで聞いたことがある説明だが、本稿冒頭で「新しいクルマづくりのコンセプト」というフワッとした言葉を使ったのは、そのためである。

ただ、目指す目標や理想とするクルマの像は、他メーカーの「クルマづくり改革」とは大きく異なる。ダイハツが理想とするのは“良品廉価”。ブランドの地位向上や、100年に一度の変革に備えるためではなく、良質なクルマを手ごろな価格で提供することを目的としているのだ。製品に盛り込まれる技術をつぶさに見ても、メディアや自動車オタクが喜びそうな前代未聞のテクノロジーは見当たらず、どちらかというと既存の技術やノウハウにさらに磨きをかけたもの、という印象が強い。

“DNGA世代”の第1号車となる新型「ダイハツ・タント」(写真は「カスタムRS」)。2019年7月の発売が予定されている。(写真=荒川正幸)
“DNGA世代”の第1号車となる新型「ダイハツ・タント」(写真は「カスタムRS」)。2019年7月の発売が予定されている。(写真=荒川正幸)拡大
2017年5月に発売された2代目「ミラ イース」。経済性が重視されるベーシックモデルでありながら、動力性能や快適性などにも配慮。全グレードに「スマートアシストIII」を設定するなど、先進安全装備の採用にも積極的だった。
2017年5月に発売された2代目「ミラ イース」。経済性が重視されるベーシックモデルでありながら、動力性能や快適性などにも配慮。全グレードに「スマートアシストIII」を設定するなど、先進安全装備の採用にも積極的だった。拡大
2017年の東京モーターショーにおいて、「DNGA」について説明するダイハツの奥平総一郎社長。
2017年の東京モーターショーにおいて、「DNGA」について説明するダイハツの奥平総一郎社長。拡大
技術説明会の会場に展示されていた、新型「タント」のプラットフォーム。“良品廉価”を実現するため、各所にダイハツが培ってきたノウハウが取り入れられている。
技術説明会の会場に展示されていた、新型「タント」のプラットフォーム。“良品廉価”を実現するため、各所にダイハツが培ってきたノウハウが取り入れられている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事