第36回:シトロエンを総括する

2019.06.05 カーデザイナー明照寺彰の直言
シトロエンを象徴する“ダブルシェブロン”のマーク。今はフロントグリルと一体化したデザインとなっている。
シトロエンを象徴する“ダブルシェブロン”のマーク。今はフロントグリルと一体化したデザインとなっている。拡大

一昔前まで自動車デザインの先頭をひた走っていたシトロエン。起死回生を果たすべく、SUVに傾注する同ブランドのラインナップは、現役のカーデザイナーの目にどう映るのか? 明照寺彰と永福ランプが“ダブルシェブロン”のデザインを総括する。

現在、日本で正規販売される数少ないシトロエンの一台「C3」。デザインの上では、踏ん張りの利いたスタンスとユニークなフロントマスク、SUVチックなディテールが特徴となっている。
現在、日本で正規販売される数少ないシトロエンの一台「C3」。デザインの上では、踏ん張りの利いたスタンスとユニークなフロントマスク、SUVチックなディテールが特徴となっている。拡大
3列シートミニバンの「グランドC4スペースツアラー」。かつては「グランドC4ピカソ」という車名だったモデルだ。
3列シートミニバンの「グランドC4スペースツアラー」。かつては「グランドC4ピカソ」という車名だったモデルだ。拡大
2010年から2018年にかけて販売された、2代目「C4」。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のライバルにあたる、Cセグメントハッチバックだった。
2010年から2018年にかけて販売された、2代目「C4」。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のライバルにあたる、Cセグメントハッチバックだった。拡大
フロントノーズを飾る“ダブルシェブロン”のマークと、DSのバッジに注目。DSがシトロエンから独立してひとつのブランドとなったのは、2014年のことだった。
フロントノーズを飾る“ダブルシェブロン”のマークと、DSのバッジに注目。DSがシトロエンから独立してひとつのブランドとなったのは、2014年のことだった。拡大
 
第36回:シトロエンを総括するの画像拡大

売れないクルマはもういらん!

ほった:……えー。本来であれば、前回に続きまして「シトロエンC3(後編)」をお届けする予定でしたが、明照寺氏、永福氏両人の意向により、急きょ番組内容を「シトロエン大総括!」に変更してお届けしております。

明照寺彰(以下、明照寺):説明ありがとうございます(笑)。で、早速なんですけど、いま日本で売られているシトロエンは2モデルしかないんですよね。C3と「グランドC4スペースツアラー」と。(※取材後、2019年5月28日に「C5エアクロスSUV」が発売されました。当記事公開時点では3車種になります)

永福ランプ(以下、永福):なんだか三菱車っぽい車名だねぇ、スペースツアラー。ただの「C4」はどうなったの?

明照寺:こないだディーラー行ったら、2つの車種しかないと言われたんですけど(笑)。

ほった:オフィシャルサイトにもないですね。

永福:となると、ただのC4は消えたかぁ。

明照寺:DSが別ブランドとして独立したじゃないですか。そのあおりで、シトロエンはモデル数がガクっと減りましたよね。

ほった:そのうえ、DSとは無関係に消えたクルマもありますからねえ。

永福:売れないものはもういらないってことでしょう。

ほった:シトロエン単体で減っても、「DSと合わせてトントン以上ならヨシ」って算段だったんでしょうかね?

永福:でもDSって、ディーラー数が日本全国にまだ20店もないんだよ。わが家には「DS 3」がいるんだけど、「車検どうしようか……」と思ってたら、シトロエンのディーラーでやってくれるっていうんでホッとしたよ。

ほった:ラインナップは補完できても、販売台数はムリっぽそうですね。今のままだと。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
新着記事