日本の軽規格が海外へ スズキが新型「アルト」をパキスタンで発売

2019.06.17 自動車ニュース
パキスタンで販売される新型「スズキ・アルト」。
パキスタンで販売される新型「スズキ・アルト」。拡大

スズキは2019年6月17日、同社のパキスタンにおける四輪車、二輪車の生産販売子会社であるパックスズキモーター社(パックスズキ社)が、現地にて新型「アルト」を同年6月15日に発売したと発表した。

新型「アルト」の発表会の様子。
新型「アルト」の発表会の様子。拡大

パキスタンで販売される新型アルトは、日本で販売している軽自動車の「アルト」と同じ全長、全幅のボディーに660ccのR06A型エンジンを搭載したもので、現地の道路事情を考慮して最低地上高を高くするなど、使用環境に合わせた変更を施している。

パックスズキ社は1982年の生産開始以来、日本の軽自動車をベースに800~1000ccのエンジンを搭載したモデルを中心に、生産を行ってきた。スズキの海外拠点で、今日における日本の軽自動車規格と同じボディーと排気量を採用したモデルを生産するのは、今回が初となる。

(webCG)

関連キーワード:
アルト, スズキ, 自動車ニュース

スズキ アルト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルトラパン モード 2018.12.6 画像・写真 「スズキ・アルトラパン」にシックで落ち着いたイメージが魅力の「モード」が登場。メッキの専用フロントグリルやヘリンボーン柄のインパネオーナメント、ネイビーのファブリックシート表皮などで上質に仕立てられた特別仕様車のディテールを、写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • 第22回:これぞ世界に通用する最先端レトロデザインだ!
    「スズキ・アルトラパン」に見る日本デザイン辺境進化論(笑)
    2015.7.5 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ 「アルトラパン」を見て納得!? 不躾オザワ、トレンド消費大国の本質を語る。
  • スズキ・アルトラパンX(FF/CVT)【レビュー】 2015.7.3 試乗記 新世代プラットフォームの導入を機に、燃費だけでなく走りの質でも注目を集めるようになったスズキの軽自動車シリーズ。そのトレンドは女性をターゲットユーザーとした「アルトラパン」にも当てはまるのか? その走りの実力を試した。
  • ホンダ・ヴェゼルG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.7.12 試乗記 電動化! ハイブリッド! で攻勢をかけている新型「ホンダ・ヴェゼル」だが、注目度の低い(?)純ガソリンエンジン搭載モデルがあるのをご存じだろうか。この最廉価グレードはヴェゼルファンに対するホンダの良心か、それとも……?
ホームへ戻る