ここはクルマ好きのテーマパーク
A PIT AUTOBACS SHINONOME

2019.07.01 Gear Up! 2019 Summer

A PITのトリセツ

知る楽しみ、イジる楽しみ、磨く楽しみ、眺める楽しみ—。東京・江東区東雲にリニューアルオープンしたA PIT(アピット)は、さまざまな方法でクルマ好きをもてなすテーマパーク。その取扱説明書をここに紹介したい。

2018年11月にリニューアルオープンした「A PIT AUTOBACS SHINONOME」は、カー用品店という言葉ではくくることができない新しい店舗の形態だ。例えば午前中に訪ねると、スターバックスでは家族を送り出したとおぼしき女性たちが、コーヒーを片手に談笑している。午後の遅い時間に立ち寄ると、制服姿の女子高校生が書籍売り場でファッション誌を開いている。

ストアマネージャーの加藤洋幸氏は、A PITのコンセプトを次のように語る。「スーパーオートバックス東雲は直営の旗艦店として20年にわたってお客さまに支持されてきました。リニューアルしたA PITに関しては、コーヒーを飲みながら本を読んでくつろいだり、今までになかった商品を取り扱うことなどで、新しいカーライフの提案をしたいと考えました。従来は、ご家族はお父さんに仕方なくついてきた面もあったかと思います。でも今度の店舗は、奥さまもお子さまも、皆さんが楽しめるようなスペースにしたいと考えています」

例えば2Fの「旅とクルマ」というエリアでは、旅行ガイドブックの売り場と、旅に持っていきたくなる自動車旅行用の小物やCDの売り場が隣接している。旅と書籍と音楽とクルマが有機的に結びついている売り場というのは、これまでに見たことがない。

今回は、「取扱説明書(トリセツ)」という体裁で、この魅力的な店舗を紹介したい。
 

充実した設備と経験豊富なスタッフが クルマ好きのリクエストに応える

幅広いライフスタイルに対応しつつ、館内をじっくり見て歩けば、クルマ好きが納得できる場所であることがわかる。前出の加藤ストアマネージャーは、こう語る。
「一見するとカー用品のボリュームが減ったように感じるかもしれません。でもそれは、商品の陳列が整理されたからです。チューニングやオーディオなどの専門的な商品をそろえた3Fのスペシャリティーショップには、以前からの常連さんがお越しになりますが、好評です」

店舗の多様性に驚くのと同時に感心するのが、ピットの規模が大きく、最新鋭の機材が導入されていることだ。
「ピットの広さや設備はもちろんですが、スタッフのクオリティーにも自信があります。地域柄、輸入車が作業入庫車の約20%を占めるなど、高級車が多いので、レベルの高いリクエストをいただきますが、ご希望、ご用命にしっかり応えられるスタッフが集まっています。特に、オーディオとチューニングのスタッフは知識と経験が豊富です」

筆者は以前、当時の愛車、2005年型「ルノー・メガーヌ」にカーナビを装着しようと都内某所のスーパーオートバックスを訪ねたことがある。担当者の知識は圧倒的で、「その年式ならマツダの汎用(はんよう)アダプターで装着できます」とアドバイスされて舌を巻いた。したがって加藤氏の「スタッフには自信アリ」という発言は納得できる。

クルマ好きには専門的な技術と知識で、ご家族には多彩なライフスタイル提案でもてなすのがA PITなのだ。

(文=サトータケシ/写真=岡村昌宏 CROSSOVER)

No Garage, No Life! | オーナーの手づくりによるこだわりのガレージ No Garage, No Life! | オーナーの手づくりによるこだわりのガレージ
あなたにおすすめの記事
新着記事