クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

No Garage, No Life! | オーナーの手づくりによるこだわりのガレージ

手づくりのマニアックな空間 多才なクルマ好きのひとつの答え 2019.07.01 Gear Up! 2019 Summer ぬくもりを感じるのは建物が木造だからではなく、自ら設計し組み立てたオーナーのこだわりを随所に見いだせるからかもしれない。そして、妙に美しく整然としただけのガレージにはない、いつも爪の先がオイルで汚れているようなクルマ好きにふさわしい空間がここにある。

ガレージをつくることは見果てぬ夢だが、ガレージのある生活を想像しただけで気分が高揚する。大切なクルマをめでながらのんびりと過ごすもよし、クルマをメンテナンスしたりモディファイしたりするもよし、クルマ談義にふける場所として活用するもよし、と楽しみ方はいろいろあるはずである。

そもそも、どのようなガレージをつくるか、何を目的にしたガレージをつくるかを考えるだけでもワクワクしてくる。さらに一歩進めて、自分の好きなように設計して、自分の手でガレージを建てられたら、どんなにすごいだろうとも思う。そんな突拍子もないすごいことをサラリとやり遂げ、夢のガレージを実現させたのが、今回、紹介する久我敏徳さんである。

「本を読んで勉強してつくったんです」。そう言って久我さんが差し出したのは、『初めて学ぶ図解 ツーバイフォー工法』なる書籍。ちらりと目を通せば、家のつくり方を、図を多用して細かく丁寧に説明している。本を読んだだけで木造ガレージを建てられるとはにわかに信じ難いが、本当なのだ。久我さんが機械設計の仕事に長いあいだ携わっていること、当然ながら3次元CADの扱いにも慣れていること、手先が器用であること、そしてなにより氏の情熱とチャレンジングスピリットのなせるわざだったのだろう。

屋根を構成する重要な部材であるトラスを11個次々と組むときは、いとこや友人の力を借りたというが、基礎工事とシャッター扉の取り付けを専門家に任せた以外、ほとんどすべてを自力で製作したのだから、びっくり仰天だ。屋根も葺(ふ)き、外壁には防腐剤も塗った。ツーバイフォーではおなじみのSPF材をはじめとする建築資材も近くのホームセンターで購入し、レンタカーのトラックで自ら運んだ。着工は2009年の2月、竣工(しゅんこう)が同じ年の9月。本業の仕事の合間を縫いながら、約8カ月という短期間で完成させたという。驚きである。

ツーバイフォー工法で組んだガレージは「クルマをいじる人」ならではの設備や道具に満ちている。昔のアメ車を思わせるベンチシート状のソファが面白い。思わず久我さん(右)と昔話に花が咲く。
ツーバイフォー工法で組んだガレージは「クルマをいじる人」ならではの設備や道具に満ちている。昔のアメ車を思わせるベンチシート状のソファが面白い。思わず久我さん(右)と昔話に花が咲く。拡大
壁に掛けられたVITUSのアルミフレーム製ロードバイクは久我さんが組んだもの。有名画家のイラストも飾られている。
壁に掛けられたVITUSのアルミフレーム製ロードバイクは久我さんが組んだもの。有名画家のイラストも飾られている。拡大

なんでも自分でできる驚きのプロはだしの設備

緑美しい敷地に建てられたガレージは、屋根が切り妻タイプ、外壁は杉の部材を下見張りした板張り式で、外壁のこげ茶と窓枠や破風の白が好ましいコントラストを見せる。建物全体はガレージというよりこぢんまりしたかわいらしい住居みたいな趣だ。外国製キットガレージの類いと比べるとやや長めの軒であるのが独自設計ならではと思わせる。

ガレージ内部はメンテナンス工場といった眺めである。ノーズに手が加えられロールバーを装備するNB型「マツダ・ロードスター」がほぼ中央に居座り、その上方にははりからハードトップがつり下げられている。そして、ロードスターの両脇に油圧リフトの2本の柱がすっくと立っているのがなかなか強烈な印象だ。

学生時代に自動車工場で働いた久我さんらしく、工具もひととおりそろっているもようで、エアツールの備えもあるし奥にはサンドブラストまである。「溶接もできたらいい」と語るが、そこまで完備せずとも、すでに素人の域を越えている!

ガレージの建築面積は42平方メートル(13坪弱)、クルマ1台を収めるだけなのでいろいろと作業するための十分なスペースが確保されている。オイル交換はもちろんのこと、ブレーキフルード、ブレーキパッドの交換、ブレーキキャリパーのオーバーホール、ダンパーやスプリングの入れ替えもこなすというから頭が下がる。これこそ久我さんの目指した理想のガレージなのだろう。

ほとんどすべてを自分でつくったガレージの中で、クルマを維持するための作業を自分の手で行う。なんともぜいたくだ。部品を交換、あるいは調整を済ませては、すぐ近くのお気入りのワインディングロードで効果を確かめたりするのだという。まさに正統かつ実践派の自動車趣味人と呼べる久我さん。そんな氏にふさわしいマニアックなガレージなのだ。

(文=阪 和明/写真=加藤純也)

驚かされたのは2柱式の油圧リフトだけでなく、このサンドブラスト。これを個人で持つ人は珍しい。久我さんのクルマとの関わりの深さと愛を感じるところだ。
驚かされたのは2柱式の油圧リフトだけでなく、このサンドブラスト。これを個人で持つ人は珍しい。久我さんのクルマとの関わりの深さと愛を感じるところだ。拡大
緑に包まれた敷地に建つ久我さんの木造ガレージ。「MINIクラブマン」が収まる建物は、かつて養蚕に使われていたのだとか。
緑に包まれた敷地に建つ久我さんの木造ガレージ。「MINIクラブマン」が収まる建物は、かつて養蚕に使われていたのだとか。拡大
Car Security | 防犯アイテムカタログ Car Security | 防犯アイテムカタログ
注目の記事PR
  • 「すげえな、これ!」 タレントの哀川 翔も驚いたカーコーティング「G'ZOX」の効果とは?
    「すげえな、これ!」 タレントの哀川 翔も驚いたカーコーティング「G'ZOX」の効果とは? 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。