クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド(MR/6MT)

ヤレるスクランブラー 2019.06.28 試乗記 単なる“おしゃれなネオクラシック”と思ったら大間違い。「ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド」は、ストリートでも林道でも存分に走りが楽しめる、極めてハイレベルな“万能選手”に仕上がっていた。

ここもあそこも専用仕立て

ドゥカティのスクランブラーシリーズには、現在11機種のモデルがラインナップされている。中核をなす800ccに7機種、電子デバイスを充実させた1100ccに3機種、普通自動二輪免許(いわゆる中免)で乗れる400ccに1機種というのがその内訳で、今回はその中から800ccのデザートスレッドに試乗した。

スクランブラーとは、オンロードもオフロードもこなせる一種のデュアルパーパスモデルだが、日本の道路環境では大半のライダーがオンロードで使用していることだろう。出掛けた先でたまたまダートに遭遇すれば普通のロードバイクよりは安心感があるものの、オフロードを走る割合は多くても1割といったところ。ダートには一度も踏み入れたことがない、というライダーも多いはずだ。

そんな中、オフロード成分が格段に増量されたモデルがデザートスレッドである。その名称は、カリフォルニアの砂漠を駆け回るためにカスタムされたバイクに由来し、1960年代に流行。直訳すると「砂漠のソリ」といったところだ。60年代当時、それはスクランブラーから発展したカテゴリーだったが、ドゥカティはそれに倣い、現代のスクランブラーの派生モデルとして、このデザートスレッドを作ったのである。

スタンダードモデルに相当する「スクランブラー アイコン」と比較して、目に見えて異なる部分は、長くなった足だ。アイコンのホイールトラベル量は前後とも150mmなのに対し、デザートスレッドでは200mmに延長。それに伴い、KYB製の倒立フロントフォークは直径41mmから46mmへとかなり大径化されている。

またホイールサイズも変更され、デザートスレッドはフロントに、アイコンから1インチアップの19インチホイールを採用。リアは同径の17インチながらナローになり、ブロックタイヤに適したリム幅になっている。ストロークが延びたサスペンションと大径化されたホイールサイズは、高い走破性をもたらす一方、その代償として足つき性は悪化。これはまぁ、致し方ないところである。

「ドゥカティ・スクランブラー」シリーズの中で、オフロード走行も強く意識して開発された「スクランブラー デザートスレッド」。2016年11月の「ドゥカティ・ワールド・プレミア2017」でデビューした。
「ドゥカティ・スクランブラー」シリーズの中で、オフロード走行も強く意識して開発された「スクランブラー デザートスレッド」。2016年11月の「ドゥカティ・ワールド・プレミア2017」でデビューした。拡大
ヘッドランプはLEDタイプ。ウインカーにもLEDが採用されている。
ヘッドランプはLEDタイプ。ウインカーにもLEDが採用されている。拡大
車体左側に取り付けられた、リアのモノショック。KYB製でプリロードとリバウンドの調整機構が備わる。
車体左側に取り付けられた、リアのモノショック。KYB製でプリロードとリバウンドの調整機構が備わる。拡大
フロントはアルミ製のスポークホイールと19インチのピレリのコンビネーション。ブレーキはシングルながら、ブレンボの4ピストンタイプがおごられる。
フロントはアルミ製のスポークホイールと19インチのピレリのコンビネーション。ブレーキはシングルながら、ブレンボの4ピストンタイプがおごられる。拡大

よく考えられた乗り味

ただし、ここまでならちょっとしたショップカスタムの範疇(はんちゅう)だが、ドゥカティはそんな「なんちゃってオフローダー」のまま送り出すことをよしとしなかった。本気で飛んだり跳ねたりすることを想定し、フレームを大幅に強化しているからだ。

一見すると他のモデルと同じに見えるが、その鋼管トレリスフレームは肉厚のあるタイプに置き換えられ、ストレスが掛かる部分にはパイプを増設、あるいは補強材を追加し、全面的に手を加えているのだ。アイコン比で車重が20kg増しているのは、この足まわりとフレームに大部分が起因する。

単気筒エンジンを搭載する純粋なオフロードモデルを引き合いに出すとはるかに大きくて重いが、ビッグアドベンチャーモデルよりは圧倒的にコンパクトで軽量。それがデザートスレッドの立ち位置で、このところ勢力を伸ばしつつある、ミドルクラスのアドベンチャーのニーズとちょうどかぶる。スタイリングがたまたまネオクラシックなだけで、その個性がむしろ武器といってもいいだろう。

デザートスレッドも含め、800ccのスクランブラーに共通する美点は、エンジンのほどよいビート感とスロットルの開けやすさだ。特にアナウンスされてはいないものの、マッピングの年次改良はかなり進み、この2019年型は文句のつけようがない。これ以上はバイブレーションになるが、これ以下なら味が薄くなる、ほどよい鼓動を発生。ごく普通にストリートを走っているだけで、バイクを操っている強い満足感に浸ることができる。

ハンドリングはゆったりと旋回力を発揮するタイプだが、エンジンの穏やかさに添ったものでなんら違和感がない。絶妙なのはピレリ製のブロックタイヤ「スコーピオン ラリーSTR」が見せる、オンロードでのグリップ力だ。この手のタイヤの場合、アスファルト上でペースを上げると、いかにも接地面積が不足している頼りなさやゴツゴツ感があるものだが、それがない。ごく普通のロードタイヤのようにバンクさせ、スロットルを開けることができるのだ。

個性を主張する、赤いトレリスフレーム。「デザートスレッド」のそれは、ほかの「スクランブラー」ファミリーと異なり、独自の強度アップが図られている。
個性を主張する、赤いトレリスフレーム。「デザートスレッド」のそれは、ほかの「スクランブラー」ファミリーと異なり、独自の強度アップが図られている。拡大
フロントサスペンションはKYB製の倒立タイプ。ストローク量は、オフロード走行に配慮し、長めの200mmとなっている。
フロントサスペンションはKYB製の倒立タイプ。ストローク量は、オフロード走行に配慮し、長めの200mmとなっている。拡大
メーターは小ぶりな液晶タイプ。ギアポジションや走行モードなども表示される。
メーターは小ぶりな液晶タイプ。ギアポジションや走行モードなども表示される。拡大
「デスモドロミック」と名付けられた強制弁開閉機構を持つエンジンは、2本のシリンダーが直角に配されることから「Lツイン」とも呼ばれる。
「デスモドロミック」と名付けられた強制弁開閉機構を持つエンジンは、2本のシリンダーが直角に配されることから「Lツイン」とも呼ばれる。拡大
リアのアルミ製スポークホイールは17インチ。ブレーキはブレンボ製の1ピストンタイプが組み合わされる。
リアのアルミ製スポークホイールは17インチ。ブレーキはブレンボ製の1ピストンタイプが組み合わされる。拡大
「スクランブラー デザートスレッド」には、ボッシュ製のコーナリングABSが標準装備される。
「スクランブラー デザートスレッド」には、ボッシュ製のコーナリングABSが標準装備される。拡大
シート高は、かなり高めの860mm。20mm低い840mmとなる「ローシート」(オプション)も選択できる。
シート高は、かなり高めの860mm。20mm低い840mmとなる「ローシート」(オプション)も選択できる。拡大
歯切れのいい音と短い寸法が特徴的なテルミニョーニのサイレンサーは、オプションとして用意される。
歯切れのいい音と短い寸法が特徴的なテルミニョーニのサイレンサーは、オプションとして用意される。拡大

年次改良は効果あり

今回は試していないが、デザートスレッドで林道ツーリングに出掛けたことがある。その時はタイヤが生き生きと機能し、ダートや多少のガレ場を難なく走破。そうした場面では、さすがに車重を感じるものの、既述の通り大型のアドベンチャーモデルのことを思えば、心理的な不安も肉体的な疲労も格段に少なくて済む。

そんなデザートスレッドのオフロード性能は、2019年型でさらに向上している。それが他の800ccスクランブラーにはない、ライディングモードの追加だ。

ハンドル左側に備えられたボタンを操作するとメーター内に「OFF-ROAD」の文字が現れ、リアブレーキのABSをキャンセルできるようになった。これによって意図的に後輪をロックさせ、車体の向きを素早く変えるなど、ライディングの自由度が大幅に高められているのだ。

こうした点からも、決して見た目だけではないドゥカティの本気度がうかがえる。デザートスレッドは多彩なバリエーションモデルの中の1台ながら、道を選ばずに遊べるというそもそもの成り立ちをピュアに推し進めたものだ。それでいて、おしゃれなネオクラシックとしても、ミドルクラスのアドベンチャーとしても、いかようにも応えてくれる万能性を身につけている。

(文=伊丹孝裕/写真=向後一宏/編集=関 顕也)

ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド
ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2100×940×1213mm
ホイールベース:1505mm
シート高:860mm
重量:209kg
エンジン:803cc 空冷4ストロークL型2気筒 OHC 2バルブ
最高出力:73ps(54kW)/8250rpm
最大トルク:67Nm(6.8kgm)/5750rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:--km/リッター
価格:142万5000円

注目の記事PR
  • ワークスドライバー、ダレン・ターナーが「アストンマーティン・ヴァンテージ」開発の核心を語る。
    ワークスドライバー、ダレン・ターナーが「アストンマーティン・ヴァンテージ」開発の核心を語る。 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。