ジャガーIペースHSE(前編)

2019.06.27 谷口信輝の新車試乗 今回ワインディングロードに連れ出したのは、ジャガー初のピュアEV「Iペース」。欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど称賛の声も多く聞かれる同車だが、果たして、レーシングドライバー谷口信輝の印象は?

独特な加速感が魅力

「うーん、ちょっとホワンホワン系かな」

ジャガー初の電気自動車、Iペースを箱根のワインディングロードで試乗しながら、谷口信輝はそうつぶやいていた。もっとも、エンジン音が聞こえないためにスピード感をつかみにくいだけのことで、実際にはかなりのペースでIペースはコーナーを走り抜けている。だから、ホワンホワンに感じるのもやむを得ないような気がする。
「おそらく、ダンパーに対してスプリングが強すぎるんでしょうね。だから大きな入力がタイヤに加わったとき、それをダンパーが抑えきれずに上下動が起きちゃう。でも、細かく見ていくと、上下だけでなくて左右にも前後にも少し揺れているような気がしますね」

ちなみに、試乗車はオプションのエアサスペンションを装備。タイヤは245/50R20サイズを前後に装着していたので、ひょっとするとタイヤをオプションの22インチに変えるだけでも、もう少し“シャキッと感”が出るかもしれない。そう私が言うと、「ああー、確かにそれはそうかもしれませんねえ」と谷口は同意してくれた。

この連載を愛読してくださっている皆さんであればすでにご承知のとおり、谷口は電気自動車が嫌いではない。いや、むしろ好きといってもいいくらいだ。
「そうですね、僕は今後のこと、未来のことに対して、そんなに“アンチ”じゃないですから。それに、電気自動車って独特な加速感があるじゃないですか。テスラがまさにそうなんですけど、このIペースも、テスラほどではないにしてもかなり加速感はいいですよね」

 Iペースは200psのモーターを前後に1基ずつ搭載した4WDで、最高出力は400ps。かなりのハイパフォーマンスカーだ。もっとも、仕様によっては最高出力が700psを超える「テスラ・モデルX」には及ばない。
「そう、モデルXにはかなわないけれど、これでも十分以上に速い。それにしても、このトルクの出方とか、電気自動車はやっぱりいいですよね。シューンって感じの加速感。でも、こんなふうに何回も思いっきり加速させていると、どんどんバッテリーが減っちゃいますよね。回生をもっと強くさせましょう」

 
ジャガーIペースHSE(前編)の画像拡大
 
ジャガーIペースHSE(前編)の画像拡大
 
ジャガーIペースHSE(前編)の画像拡大
 
ジャガーIペースHSE(前編)の画像拡大

【ジャガーIペースHSEのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4695×1895×1565mm/ホイールベース:2990mm/車重:2250kg/駆動方式:4WD/モーター:交流同期電動機/フロントモーター最高出力:200ps(147kW)/4250-5000rpm/フロントモーター最大トルク:348Nm(35.5kgm)/1000-4000rpm/リアモーター最高出力:200ps(147kW)/4250-5000rpm/リアモーター最大トルク:348Nm(35.5kgm)/1000-4000rpm/システム最高出力:400ps(294kW)/4250-5000rpm/システム最大トルク:696Nm(71.0kgm)/1000-4000rpm/タイヤ:(前)245/50R20 105V/(後)245/50R20 105V(グッドイヤー・イーグルF1)/ 一充電最大走行可能距離:438km(WLTCモード)/交流電力量消費率:224Wh/km(WLTCモード)/ 価格:1162万円


【取材時の電費データ】
テスト距離:212.4km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/参考電力消費率:26.5kWh/100km<約3.8km/kWh>(車載電費計計測値)


	【ジャガーIペースHSEのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4695×1895×1565mm/ホイールベース:2990mm/車重:2250kg/駆動方式:4WD/モーター:交流同期電動機/フロントモーター最高出力:200ps(147kW)/4250-5000rpm/フロントモーター最大トルク:348Nm(35.5kgm)/1000-4000rpm/リアモーター最高出力:200ps(147kW)/4250-5000rpm/リアモーター最大トルク:348Nm(35.5kgm)/1000-4000rpm/システム最高出力:400ps(294kW)/4250-5000rpm/システム最大トルク:696Nm(71.0kgm)/1000-4000rpm/タイヤ:(前)245/50R20 105V/(後)245/50R20 105V(グッドイヤー・イーグルF1)/ 一充電最大走行可能距離:438km(WLTCモード)/交流電力量消費率:224Wh/km(WLTCモード)/ 価格:1162万円

	
	【取材時の電費データ】
	テスト距離:212.4km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/参考電力消費率:26.5kWh/100km<約3.8km/kWh>(車載電費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
Iペース, ジャガー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.6.3 試乗記 欧州カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたジャガーのEV「Iペース」は、他のEVや従来のジャガー車とどう違う? 市街地や高速道路を走らせてわかった“エレクトリック・パフォーマンスSUV”の乗り味を報告する。
  • 第40回:ジャガーIペース(前編) 2019.7.10 カーデザイナー明照寺彰の直言 ジャガーからブランド初の100%電気自動車(EV)「Iペース」が登場。SUVのようにも、ハッチバックのようにも見える400psの快速EV。そのデザインに込められた意図とは? EVデザインのトレンドを踏まえつつ、現役の自動車デザイナー明照寺彰が語る。
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.4 試乗記 BMWのSAV(スポーツアクティビティービークル)「X5」の新型がいよいよ日本に上陸。世の中にプレミアムSUVというジャンルを生み出した、いわばパイオニアというべきモデルの最新バージョンは、今もなおカテゴリーリーダーといえる実力を備えているのだろうか。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
ホームへ戻る