ジャガーIペースHSE(後編)

2019.07.04 谷口信輝の新車試乗 ピュアEV「ジャガーIペース」の走りにポジティブな印象を抱いた谷口信輝。所有することも頭をよぎる一方で、マイカーとして使うには気になる点もあるという。それは一体、何なのか?

スタミナについては安心できる

これもこの連載では何度か紹介したエピソードだが、谷口信輝はスマホのバッテリー残量が少なくなると落ち着かなくなる性質で、出掛けるときはいつも充電用バッテリーを持ち歩いているという。

電気自動車の場合も同様で、バッテリーをギリギリまで使い切ることはせず、どちらかといえば早めに充電したくなるタイプ。そんな谷口ゆえ、試乗中は残走行距離を何度も確認していたのだが、どうやらIペースは航続距離に余裕があると感じ取ったようである。
「最初に乗り始めたときは残走行距離が210kmだったけれど、これだけ長い間ワインディングロードをガンガン走っても、まだ170km以上残っている。ちょっと前の電気自動車でこれだけ走ったら、もう残りわずかになって早く充電したくなっちゃいそうだけれど、これなら安心ですね」

ポルトガルで開かれたIペースの国際試乗会に参加した私は、130km/h制限の高速道路やワインディングロードを遠慮なしに走り回っても、1充電で250kmは余裕で走れることを確認している。谷口にその話を聞かせたところ、こんな答えが返ってきた。
「とはいえ、残り50kmになったら、そろそろ『どこかに充電器はないかな?』って探しちゃいそうな気がします。そういう意味でいえば、本当に安心して走れるのは200kmくらいですかねえ。あとは、充電施設がどのくらいあるかですよね」

いやいや、それがいまやすごい数なのだ。ジャガーも加盟する日本充電サービスが2018年4月に発表したプレスリリースによれば、同社のネットワークに属する充電器の数はすでに全国で2万基を超えているとのこと。このうち、急速充電の数はなんと約6000基。注意深く見ていると、たしかに街角のコンビニなど、ちょっとしたところにも急速充電が普及していることに気づく。

 
ジャガーIペースHSE(後編)の画像拡大
 
ジャガーIペースHSE(後編)の画像拡大
 
ジャガーIペースHSE(後編)の画像拡大
 
ジャガーIペースHSE(後編)の画像拡大

【ジャガーIペースHSEのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4695×1895×1565mm/ホイールベース:2990mm/車重:2250kg/駆動方式:4WD/モーター:交流同期電動機/フロントモーター最高出力:200ps(147kW)/4250-5000rpm/フロントモーター最大トルク:348Nm(35.5kgm)/1000-4000rpm/リアモーター最高出力:200ps(147kW)/4250-5000rpm/リアモーター最大トルク:348Nm(35.5kgm)/1000-4000rpm/システム最高出力:400ps(294kW)/4250-5000rpm/システム最大トルク:696Nm(71.0kgm)/1000-4000rpm/タイヤ:(前)245/50R20 105V/(後)245/50R20 105V(グッドイヤー・イーグルF1)/ 一充電最大走行可能距離:438km(WLTCモード)/交流電力量消費率:224Wh/km(WLTCモード)/ 価格:1162万円


【取材時の電費データ】
テスト距離:212.4km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/参考電力消費率:26.5kWh/100km<約3.8km/kWh>(車載電費計計測値)


	【ジャガーIペースHSEのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4695×1895×1565mm/ホイールベース:2990mm/車重:2250kg/駆動方式:4WD/モーター:交流同期電動機/フロントモーター最高出力:200ps(147kW)/4250-5000rpm/フロントモーター最大トルク:348Nm(35.5kgm)/1000-4000rpm/リアモーター最高出力:200ps(147kW)/4250-5000rpm/リアモーター最大トルク:348Nm(35.5kgm)/1000-4000rpm/システム最高出力:400ps(294kW)/4250-5000rpm/システム最大トルク:696Nm(71.0kgm)/1000-4000rpm/タイヤ:(前)245/50R20 105V/(後)245/50R20 105V(グッドイヤー・イーグルF1)/ 一充電最大走行可能距離:438km(WLTCモード)/交流電力量消費率:224Wh/km(WLTCモード)/ 価格:1162万円

	
	【取材時の電費データ】
	テスト距離:212.4km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/参考電力消費率:26.5kWh/100km<約3.8km/kWh>(車載電費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
Iペース, ジャガー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.6.3 試乗記 欧州カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたジャガーのEV「Iペース」は、他のEVや従来のジャガー車とどう違う? 市街地や高速道路を走らせてわかった“エレクトリック・パフォーマンスSUV”の乗り味を報告する。
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
  • 2019ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:NISMO/無限編)【試乗記】 2019.10.2 試乗記 普段、サーキットなどでしのぎを削る国内メーカーの4つの“ワークス”が、一堂に会して開催する「ワークスチューニンググループ合同試乗会」。今回はNISMOが手がけた「日産GT-R」と、無限のパーツを装着した「ホンダ・シビック タイプR」を試す。
  • 2019ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2019.10.1 試乗記 TRD、STI、NISMO、無限と、メーカーのモータースポーツ活動やアフターパーツの開発を担う4つの“ワークス”が合同試乗会を開催。まずはTRDが手がけた「スープラ」と「プリウス」、STIの用品を装着した「フォレスター」と「インプレッサスポーツ」の走りを報告する。
ホームへ戻る