希代の自動車デザイナー、イアン・カラムが引退
“現代ジャガー・デザインの父”の歩みをたどる

2019.07.08 デイリーコラム

30年来の夢をかなえ、ジャガーのデザイナーに

2019年6月上旬、世界の自動車デザイン界に衝撃的なニュースがもたらされた。1999年以来、英ジャガーのデザインチームを率いてきたイアン・カラム氏が、6月末をもって退任するとの発表がなされたのだ。

1954年、スコットランドに生まれたカラム氏は、1961年にデビューした「ジャガーEタイプ」に衝撃を受け、自動車デザインへの興味を抱いたとされる。そして初代「XJ」の登場により、彼のジャガーへの憧れは決定的なものになったという。当時14歳のカラム氏は、自身の描いたデザインスケッチをジャガーの伝説的エンジニア、ウィリアム・ヘインズに送ったのだが、なんとヘインズは少年の熱き思いを受け止めて「デザインだけではなく、エンジニアリングも学びなさい」と記した手紙を返送したという逸話も残っている。

カラム少年はヘインズの教えを守るかのように、ランチェスター科学技術大学(現在のコヴェントリー大学)に進む。さらにいくつかの学校で工業デザインを学んだのち、美術系大学院であるロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)にて自動車デザインの修士号を修得。1979年から北米フォードに職を得ることになった。

その11年後、カラム氏は故トム・ウォーキンショーらとともに「TWRデザイン」を創立。ここでは、アストンマーティンの「DB7」や「プロジェクト・ヴァンテージ」(のちのV12ヴァンキッシュ)のデザインワークを担当することになる。

そして、アストンマーティンと同じく1989年からフォード傘下PAG部門に属していたジャガーにて、それまでデザイン・ディレクターを務めていた故ジェフ・ローソンが1999年に急逝したことに伴い、同年カラム氏は、ついにジャガーのデザイン・ディレクターに就任するのだ。

その後のカラム氏がジャガーで果たした活躍は、誰もが知るところであろう。2005年に発表された「XK」を皮切りに、「XF」や「XJ」「XE」などのサルーン、2座席スポーツカーの「Fタイプ」、そしてSUVの「Fペース」「Eペース」と、今日に至るジャガーの生産モデルはもちろん、PHEVスーパーカー「C-X75」などのコンセプトカーも、すべてカラム氏の監督のもとで開発された。そして、今世紀のジャガーのデザイン改革の旗手として“現代ジャガー・デザインの父”とまで呼ばれるに至ったのである。

1999年から2019年まで、20年にわたりジャガーのデザイン・ディレクターを務めてきたイアン・カラム氏。その間にデビューしたジャガーの市販車やコンセプトカーすべてのデザインを統括してきた。
1999年から2019年まで、20年にわたりジャガーのデザイン・ディレクターを務めてきたイアン・カラム氏。その間にデビューしたジャガーの市販車やコンセプトカーすべてのデザインを統括してきた。拡大
幼少期のイアン・カラム氏に多大な影響を与えたとされる「ジャガーEタイプ」。高い動力性能はもちろん、ロングノーズ・ショートデッキの伸びやかなスタイリングも魅力だった。
幼少期のイアン・カラム氏に多大な影響を与えたとされる「ジャガーEタイプ」。高い動力性能はもちろん、ロングノーズ・ショートデッキの伸びやかなスタイリングも魅力だった。拡大
1994年に登場した「アストンマーティンDB7」。TWR時代のイアン・カラム氏がデザインを手がけたモデルで、およそ10年にわたりアストンマーティンを支え続けた。
1994年に登場した「アストンマーティンDB7」。TWR時代のイアン・カラム氏がデザインを手がけたモデルで、およそ10年にわたりアストンマーティンを支え続けた。拡大
2006年から2014年まで生産された2代目「ジャガーXK」。新世代ジャガーの嚆矢(こうし)となったラグジュアリークーペである。
2006年から2014年まで生産された2代目「ジャガーXK」。新世代ジャガーの嚆矢(こうし)となったラグジュアリークーペである。拡大
2018年のジュネーブモーターショーにおいて、SUVタイプの電気自動車「Iペース」のプレゼンテーションを行うイアン・カラム氏。
2018年のジュネーブモーターショーにおいて、SUVタイプの電気自動車「Iペース」のプレゼンテーションを行うイアン・カラム氏。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事