第580回:ブランド初の電気自動車は買いなのか?
「メルセデス・ベンツEQC」の開発者に聞く

2019.07.25 エディターから一言

2019年7月18日に、メルセデス・ベンツの電気自動車(EV)「EQC」の国内予約がスタート。同年秋には先鋒(せんぽう)となる特別仕様車のデリバリーが開始される。そんなメルセデス初のEVには、どんな強みがあるのだろうか? 開発を取りまとめたミヒャエル・ケルツ氏に話を聞いた。

SUVになるのは必然

――EQCはメルセデス初の量産型EVという点で、エポックメイキングなモデルであると思います。メルセデス・ベンツブランドとしては「Sクラス」に象徴されるセダンのイメージも依然強いと思うのですが、今回、製品化にあたってSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)という形を選ばれたのはなぜでしょうか?

ミヒャエル・ケルツ氏(以下、ケルツ):それは、SUVがいま世界で最も成長しているセグメントだからです。EQCをSUVとして開発することは、より多くのお客さまの満足につながります。

もうひとつの理由は、車両そのものの利便性。実際に使う上で、全長は比較的短く、車高は相対的に高いものが好まれる(EQCのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4761×1884×1623mm)。それはつまり、SUVなのです。形の上でも、EQCのデザインは“洗練されたメルセデススタイル”といえるのではないでしょうか。

――そのEQCには、ライバルが存在しますね。例えば、ジャガーの「Iペース」にテスラの「モデルX」といった、プレミアムブランドのEVです。くしくも、どれもが「SUVタイプの車種であること」をアピールしています。EQCは、これらとどのような点で差異化できると考えていますか?

ケルツ:競合モデルに対しては、クラシックなメルセデスである点、つまりユーザーに“ウエルカムな感覚”を提供できる点が特長といえるでしょう。ピュアEVの開発に際しては、それぞれのブランドがそれぞれのよさを打ち出していると思いますが、われわれの場合は、従来の(内燃機関を搭載した)モデルと同じ明らかなメルセデスらしさ……具体的には「静粛性」「乗り心地のよさ」「(所有物としての)価値」の提供を打ち出しています。

「メルセデス・ベンツEQC」と、開発責任者のミヒャエル・ケルツ氏。
「メルセデス・ベンツEQC」と、開発責任者のミヒャエル・ケルツ氏。拡大
2019年7月4日、東京都内で開催された発表会の会場に並んだ「EQC」。国内ではまずデビュー記念の特別仕様車「EQCエディション1886」が同年10月以降に発売され、カタログモデルの「EQC400 4MATIC」(写真)は2020年春にデリバリーされる。
2019年7月4日、東京都内で開催された発表会の会場に並んだ「EQC」。国内ではまずデビュー記念の特別仕様車「EQCエディション1886」が同年10月以降に発売され、カタログモデルの「EQC400 4MATIC」(写真)は2020年春にデリバリーされる。拡大
排出ガスとは無縁のEV「EQC」に排気管は備わらない。リアバンパー下方に見られるのはクロームのアクセント。
排出ガスとは無縁のEV「EQC」に排気管は備わらない。リアバンパー下方に見られるのはクロームのアクセント。拡大
ミヒャエル・ケルツ氏は、1959年生まれの59歳。1987年にメルセデス・ベンツのテストエンジニアとなり、「Cクラス」や「Aクラス」、「GLK」などの開発に参加。2014年7月からは「Eクラス」「GLS」「GLC」「EQC」の開発責任者を務めている。
ミヒャエル・ケルツ氏は、1959年生まれの59歳。1987年にメルセデス・ベンツのテストエンジニアとなり、「Cクラス」や「Aクラス」、「GLK」などの開発に参加。2014年7月からは「Eクラス」「GLS」「GLC」「EQC」の開発責任者を務めている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る