「数字で呼ぼう」はアリなのか?
マツダの改名戦略について考える

2019.07.26 デイリーコラム

バブル期の記憶がよみがえる

車名の記号化、数値化というのはそもそも欧州のブランドに多く見られるものです。典型的なのはメルセデス・ベンツ、BMW、アウディのドイツ御三家、あとはプジョーやボルボといったところでしょうか。

対して日本の自動車メーカーはその歴史上アメリカとの関係が深いこともあって、車名はアメリカ流に単語というのが常套(じょうとう)でした。時には「ハイラックス」のように2つの単語をくっつけてみたり、「カムリ」のように日本語(冠=かんむり)を強引に英語風にもっていってみたりと、あの手この手で固有名詞化を試みたものです。

マツダが先ごろ、「アクセラ」改め「マツダ3」を日本市場に投入したのはご存じの通り。それを皮切りに「アテンザ」を「マツダ6」に、そして「デミオ」も「マツダ2」にと、あっという間に改名してしまいました。現在、日本のマツダのオフィシャルサイトを見ても、カタカナネームの乗用車は「ロードスター」だけです。それもいつの間にかマツダ専有車名のようになっていますが、本来は車体形態を指す一般名詞でして、海外では「MX-5」と呼ばれています。が、固有名詞好きなアメリカでは「ミアータ」のペットネームも健在。マツダUSAのオフィシャルサイトでは「MX-5 MIATA」と記されていたりと、なかなか厄介です。

思えばマツダは以前もこういうことがありました。バブル華やかなりし頃の5チャンネル体制時、アンフィニブランドで供されたクルマたちは「MX-6」だの「MS-8」だのと名乗ってましたよね。まぁ関わられた方は大真面目だったんでしょうけど、はたから見ているとあの時は“ガイジンごっこ”の感は拭えませんでした。

果たして、車名の記号化のメリットは何なのか? 何はともあれ趣旨や車格が明瞭に伝わることが挙げられます。数字は大きい方が車体も大きくて、“X”が付いていればSUV系と、まぁなんとなく直感的理解が働きますよね。

また、世界的に語彙(ごい)がどうした、商標がうんぬんなどと余計な調整の手間から解放されるとか、細かいことをいえばエンブレムの作り分けの必要がなく配置の場所や専有面積が統一できるというメリットもあるかもしれません。

2019年5月に国内販売がスタートした新型「マツダ3」。これまで「アクセラ」として扱われてきたコンパクトハッチバックの名は、4代目にしてグローバルな“数字車名”に変更された。
2019年5月に国内販売がスタートした新型「マツダ3」。これまで「アクセラ」として扱われてきたコンパクトハッチバックの名は、4代目にしてグローバルな“数字車名”に変更された。拡大
新型「マツダ3」の国内デビューに続き、2019年7月に「アテンザ」が一部仕様変更。これを機に、車名は「マツダ6」へと改められた。
新型「マツダ3」の国内デビューに続き、2019年7月に「アテンザ」が一部仕様変更。これを機に、車名は「マツダ6」へと改められた。拡大
マツダUSAオフィシャルサイトの車種紹介ページ。「ロードスター」のアメリカ名は「MX-5 MIATA」で、「マツダ3ファストバック」は「マツダ3ハッチバック」の名で販売されている。
マツダUSAオフィシャルサイトの車種紹介ページ。「ロードスター」のアメリカ名は「MX-5 MIATA」で、「マツダ3ファストバック」は「マツダ3ハッチバック」の名で販売されている。拡大
1990年代にマツダが展開したブランド、アンフィニ。「ルーチェ」や「カペラ」といったそれまでの“ペットネーム”を廃し、車名はアルファベットと数字の組み合わせとした。写真は5ドアハッチバックの「MS-6」。
1990年代にマツダが展開したブランド、アンフィニ。「ルーチェ」や「カペラ」といったそれまでの“ペットネーム”を廃し、車名はアルファベットと数字の組み合わせとした。写真は5ドアハッチバックの「MS-6」。拡大
こちらは「アンフィニMS-8」。「マツダ・ペルソナ」の後継モデルとして、1992年3月に発売された。
こちらは「アンフィニMS-8」。「マツダ・ペルソナ」の後継モデルとして、1992年3月に発売された。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事