第584回:“オフロード感”を高めた新タイヤ
ヨコハマの「GEOLANDAR X-AT」でオフロードを走る

2019.08.11 エディターから一言
2019年7月23日に発表(発売は9月)された「ヨコハマGEOLANDAR X-AT」。オンロードでの快適性を求めながら、オフロードチューニングやドレスアップを楽しむユーザーに向けたとされる新タイヤだ。
2019年7月23日に発表(発売は9月)された「ヨコハマGEOLANDAR X-AT」。オンロードでの快適性を求めながら、オフロードチューニングやドレスアップを楽しむユーザーに向けたとされる新タイヤだ。拡大

ヨコハマのSUV向けタイヤ「GEOLANDAR(ジオランダー)」シリーズに、新たに「X-AT」がラインナップされた。マッドテレインとオールテレインとの中間に位置付けられるという、“オフロード感”を高めた新タイヤの実力とは!?

トレッド面には新開発をうたうアグレッシブブロックパターンを採用。ショルダー部には2つの、センター部には4つのそれぞれ異なる形状のブロックを配することで“オフロード感”を高めている。
トレッド面には新開発をうたうアグレッシブブロックパターンを採用。ショルダー部には2つの、センター部には4つのそれぞれ異なる形状のブロックを配することで“オフロード感”を高めている。拡大
サイド部分は表裏でそれぞれ違うデザインを採用。写真は「ラグタイプデザイン」と呼ばれる面。
サイド部分は表裏でそれぞれ違うデザインを採用。写真は「ラグタイプデザイン」と呼ばれる面。拡大
こちらは「大型ブロックデザイン」と呼ばれる面。回転方向指定がないため、タイヤ1本ごとに好みの面を外側(表側)にして履くことができる。
こちらは「大型ブロックデザイン」と呼ばれる面。回転方向指定がないため、タイヤ1本ごとに好みの面を外側(表側)にして履くことができる。拡大

“ホビータイヤ”って何?

クルマを走らせるのになくてはならないアイテムといえば、真っ先に思い浮かぶのがタイヤである。必要不可欠なパーツであるばかりか、走りそのものを大きく左右するだけに、どれを選んだらよいか、いつも迷ってしまう。しかも、タイヤは消耗品だから、同じクルマに乗り続ければ、タイヤ交換がつきまとい、それにまつわる出費は、正直なところあまりうれしくない。

しかし、タイヤの中には、積極的に買い替えたいと思うものもある。それが、ヨコハマタイヤが“ホビータイヤ”と呼ぶ商品群だ。一般的なサマータイヤやウインタータイヤに対して、ホビータイヤには、サーキット走行用の競技用タイヤをはじめ、スポーツカー向けのハイパフォーマンスタイヤやヒストリックカー向けに当時のデザインを復刻したクラシックタイヤ、そして、クロスカントリー車のドレスアップに適したSUVタイヤがある。

一般向けのサマータイヤやウインタータイヤに比べたら販売量は少ないが、私を含めて、クルマが趣味という人にとっては、この部分の商品の充実はうれしいし、ブランドのファンを増やすという意味でも重要だと思う。そのあたりはヨコハマタイヤもよく理解していて、「GD2020」と呼ばれる成長戦略のひとつとして「ホビータイヤ戦略」を掲げているのだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事