テスラ・モデル3(後編)

2019.08.15 谷口信輝の新車試乗 「自分にとって、理想のクルマかもしれません」。セダン型の電気自動車「テスラ・モデル3」に一目置くドライバー谷口信輝が、その評価の決め手となるポイントについて語る。

すべてが気持ちいいクルマ

今回、箱根のワインディングロードで谷口信輝に試乗してもらったのは、テスラのラインナップ中、最もコンパクトで価格もお手ごろなモデル3。ただし、試乗車はテスラジャパンのテスト車両で、現時点では日本に導入されない見通しのロングレンジRWDである。これまで4WDのテスラを中心に試乗してきた谷口にとって、このモデル3がRWDであることは本当に驚きだったようだが、その理由をここで語ってもらうことにしよう。
「いまも、この高速コーナーを曲がってきましたが、アクセルを全然戻さないまま曲がり切れちゃうと思うくらい、姿勢は安定していますね。もう、このRWDでも十分すぎるくらいの安定感です」

モデル3のスタビリティーが驚くほど高いのは、重量物であるバッテリーをフロアの低いところに敷き詰めた結果、エンジンを搭載した通常のクルマよりも重心高が低いことにあるのではないかと谷口は推測する。
「クルマとしては重心が低くて、とても落ち着いた挙動を示します。でも、車重自体も重いのかな?」

テスト車両の車検証に記載された車重は1770kg。全長4700mmほどのセダンとしては重めかもしれないが(「BMW 320i」は全長4715mmで車重1560kg)、車重が軒並み2tを超えていた「テスラ・モデルX」に比べればむしろ軽量級といえる。
「ほー、そうですか。でも、なんでしょうね、このクルマを運転しているときの“新鮮感”は。先ほど(前編)もいいましたが、アクセル操作に対する遅れがまったくないレスポンスのよさとか、素直にパワーが立ち上がっていくリニア感は本当に僕の好みだし、乗り心地とか接地感とか回頭性も、すべて気持ちがいい。本当に、ずっと乗っていたくなります」

谷口とモデル3は波長がぴったりと合っていて、それが谷口にある種の心地よさをもたらしているのではないか?
「そう、心地いいんです。めっちゃ心地いい。このステアリングの動く感じもすごく好きですね。ダイレクトで心地いいし、楽しい。別にスピードを出さなくても構わない。このレスポンスのよさとかリニア感が、気持ちよさを生み出しているんですね。これ、僕にとっては理想のクルマかも」

 
テスラ・モデル3(後編)の画像拡大
 
テスラ・モデル3(後編)の画像拡大
 
テスラ・モデル3(後編)の画像拡大
 
テスラ・モデル3(後編)の画像拡大

【テスラ・モデル3のスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4694×1849×1443mm/ホイールベース:2875mm/車重:1770kg/駆動方式:RR/最高出力:--ps(--kW)/--rpm/最大トルク:--Nm(--kgm)/--rpm/タイヤ:(前)235/40R19 96W/(後)235/40R19 96W(コンチネンタル・プロコンタクトRX)/一充電最大走行可能距離:530km(メーカー参考値)/交流電力量消費率:--Wh/km/価格:--円


	【テスラ・モデル3のスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4694×1849×1443mm/ホイールベース:2875mm/車重:1770kg/駆動方式:RR/最高出力:--ps(--kW)/--rpm/最大トルク:--Nm(--kgm)/--rpm/タイヤ:(前)235/40R19 96W/(後)235/40R19 96W(コンチネンタル・プロコンタクトRX)/一充電最大走行可能距離:530km(メーカー参考値)/交流電力量消費率:--Wh/km/価格:--円
	拡大

関連キーワード:
モデル3, テスラ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデル3パフォーマンス(4WD)【試乗記】 2019.11.22 試乗記 EV専業メーカーのテスラが開発した、新たな4ドアセダン「モデル3」。ほかのテスラ車に比べて手の届きやすい価格設定だが、その走りや使い勝手はどうか? パワーとスタミナが自慢の最上級グレードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス(4WD/6AT)【試乗記】 2020.7.16 試乗記 フォルクスワーゲンのクロスオーバーモデル「パサート オールトラックTDI 4MOTION」に試乗。ディーゼルエンジン+4WDのパワートレイン、そしてベース車よりも最低地上高30mmアップのシャシーが織りなす、その走りの魅力とは?
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
ホームへ戻る