進むEVの価格破壊! テスラは自動車の世界を変えるのか?

2021.04.09 デイリーコラム

テスラが割安になっている!?

電気自動車(EV)専業メーカーであるテスラは2021年2月、最量販機種「モデル3」の日本価格を大幅に値下げした。同車には現在3グレードあるが、そのうち値下げされたのは、より手ごろな2グレード。WLTPモードの満充電航続距離が430kmで後輪駆動の「スタンダードレンジプラス」が511万円→429万円、同じく580kmで2モーター4WDの「ロングレンジ」が655万2000円→499万円である。その値下げ幅は前者が62万円(!)、後者にいたっては156万2000円(!!)におよぶ。

たとえば、日本でもっともポピュラーなEVである「日産リーフ」の本体価格は標準モデルで330万円強~430万円弱、大容量バッテリーの「e+」で440万円強~500万円弱だ。エントリー価格はさすがにリーフのほうが低く、一見すると割安に思えるかもしれないが、EV価格の最大指標となる電池容量で見ると、そうとはいいきれない。

リーフの電池容量が標準モデルで40kWh、e+で62kWhなのに対して、モデル3は429万円のスタンダードレンジプラスで55kWh。つまり、リーフの標準モデルとe+の間にはさまる本体価格で、電池容量もちょうど中間……となるわけで、実質価格はほぼ同等ともいえる。さらにひとつ上級のロングレンジとなると、リーフe+より大容量の75kWh電池を積んで、しかも4WD。それでいてリーフe+の最上級モデルとほとんど同じ値段なのだから、もはやモデル3のほうが割安に感じる。ちなみに、EVといえば補助や優遇も無視できないが、少なくともベースとなるCEV補助金はどちらも40万円前後(リーフはグレードによって変動)と、両車にほとんど差はない。

もうひとつ「マツダMX-30」のEVモデルとなると、33.5kWhで451~495万円。CEV補助金は16万2000円。クルマの価値は電池容量だけで決まるわけではないが、こうなると、モデル3が圧倒的に割安感がある。

テスラの最量販モデル「モデル3」。もともと「一番求めやすいテスラ」として誕生したが、2021年2月から、その国内価格は大幅に下げられた。
テスラの最量販モデル「モデル3」。もともと「一番求めやすいテスラ」として誕生したが、2021年2月から、その国内価格は大幅に下げられた。拡大
「日産リーフ」は量産型EVのパイオニアであり、絶対的に価格の安いEVとして知られてきた。しかし、新価格の「テスラ・モデル3」とよくよく比較してみれば……?
「日産リーフ」は量産型EVのパイオニアであり、絶対的に価格の安いEVとして知られてきた。しかし、新価格の「テスラ・モデル3」とよくよく比較してみれば……?拡大
テスラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデル3パフォーマンス(4WD)【試乗記】 2019.11.22 試乗記 EV専業メーカーのテスラが開発した、新たな4ドアセダン「モデル3」。ほかのテスラ車に比べて手の届きやすい価格設定だが、その走りや使い勝手はどうか? パワーとスタミナが自慢の最上級グレードで確かめた。
  • レクサスUX300eバージョンL(FF)【試乗記】 2021.3.31 試乗記 トヨタ自動車がかねて「クルマの電動化=電気自動車化」という考え方に対して異を唱えてきたのはご承知の通り。「UX300e」はそんなさなかに導入されたレクサスブランド初のBEVである。その仕上がりやいかに?
  • テスラ・モデル3ロングレンジAWD 2020.5.28 動画ギャラリー
  • 静かなクルマには静かなタイヤを 「TOYO TIRES PROXES CL1 SUV」で快適ドライブ 2021.4.27 藤島知子が語る「TOYO TIRES PROXES CL1 SUV」の魅力<AD> トーヨータイヤがSUV向けにリリースした「プロクセスCL1 SUV」は、ロングライフ性能や低燃費性能とともに、静粛性の高さにも注力されているのが特徴だ。電気自動車に装着してドライブした印象を、藤島知子がリポートする。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(後編) 2021.4.25 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師による「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」の試乗リポート後編。前回、「エンジン特性は刺激的ではないが、非常にバランスのいいスポーツカーである」と評したポイントについて、より詳しく語ってもらった。
ホームへ戻る