光があればまた影もある……
バブル期に生まれたビミョーなクルマたち

2019.08.21 デイリーコラム

日本車が世界で認められた黄金期

「1989年は日本車のヴィンテージイヤー」というフレーズがある。それから30年となる今年は、とりわけ目にする機会が多い。「日産スカイラインGT-R」「ユーノス・ロードスター」「トヨタ・セルシオ」という、世界を驚かせた3台の傑出したモデルの出現を称賛する表現であることはよく知られている。日本車が数の上で世界一になったのはもっと前のことだ。1980年に自動車生産台数でナンバーワンになっている。

それでもわれこそはイチバンと胸を張れなかったのは、独自の技術やデザインで世界をリードしているとは言い難かったからだろう。1980年に日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは、「マツダ・ファミリア」だった。よくできたコンパクトなハッチバック車で若者から絶大な支持を得たが、1974年に発売された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」から多くを学んでいたことは否定できない。

1981年には“トールボーイ”の「ホンダ・シティ」がヒット。1982年は“元祖デートカー”「ホンダ・プレリュード」と“元祖ミニバン”の「日産プレーリー」。1987年は“元祖パイクカー”「日産Be-1」。そして1988年には“ハイソカーの頂点”と言われた「日産セドリックシーマ/グロリアシーマ」がデビューする。振り返ると面白いラインナップではあるが、日本の中でこそ価値を持つモデルばかりだ。

やはり、1989年は特別な年だったのである。この年にはほかにも多くのモデルが登場している。3台の陰に隠れた形だが、「スバル・レガシィ」も1989年デビューだ。ほかに日産の「インフィニティQ45」と「180SX」とホンダの「アスコット」「アコードインスパイア/ビガー」、さらに「いすゞ・ミュー」もあるが、後に続かなかったのでヴィンテージという言葉の対象からは外れる。

「トヨタ・セルシオ」(写真)や「日産スカイラインGT-R」(R32型)、「ユーノス・ロードスター」などがデビューした1989年は“日本車のヴィンテージイヤー”と呼ばれている。
「トヨタ・セルシオ」(写真)や「日産スカイラインGT-R」(R32型)、「ユーノス・ロードスター」などがデビューした1989年は“日本車のヴィンテージイヤー”と呼ばれている。拡大
5代目「マツダ・ファミリア」は第1回日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。
5代目「マツダ・ファミリア」は第1回日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。拡大
初代「スバル・レガシィツーリングワゴン」の発売も1989年のことだった。
初代「スバル・レガシィツーリングワゴン」の発売も1989年のことだった。拡大
「日産インフィニティQ45」も1989年に発売された。
「日産インフィニティQ45」も1989年に発売された。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事