“スマホライクな操作”には危険がいっぱい!?
クルマのスイッチレス化によるメリットとデメリットを考える

2019.08.28 デイリーコラム

めったに使わない機能に専用スイッチは不要

いまだ衰えを知らないSUVの隆盛。それとどこかタイミングを合わせるかのように、クルマのキャビン内ではタッチスクリーンあるいはタッチパネルと呼ばれる、要は「入力機能付きのディスプレイ」が流行真っ盛りだ。

昨今にデビューしたニューモデルの中にあって、“これ”を備えないのはもはや少数派。テスラ車のように巨大なタブレットを縦に据え付けたようなデザインが目を引くものもあれば、一部のアウディやジャガー/ランドローバー、そして身近(?)なところでは「トヨタ・クラウン」のように、ご丁寧にも2段重ねとした形態も登場するなど、サイズやデザインも百花繚乱だ。

このところ、各ブランドがこうしたアイテムにこぞって力を入れる理由はまず、いわゆる先進安全に関連する装備(ADAS)の普及が急速に進行し、その制御用のスイッチを個別に用意したのでは、「ダッシュボードまわりがスイッチだらけになってしまう」という事情が大きいと考えられる。

実際のところADAS関連の制御設定は、「ドライバーの好みに応じて一度行ってしまえば、たびたび変更することはない」というのが実態。なるほど、使用頻度の低い物理スイッチをダッシュボード上の“地価”が高い場所に置くのは、合理的とは思えない。

「アウディA8」のセンタースクリーンは上下2段重ね。
「アウディA8」のセンタースクリーンは上下2段重ね。拡大
「トヨタ・クラウン」もセンターに2つのスクリーンを搭載するが、タッチ操作に対応するのは下段のもののみで、上段は表示専用となる。
「トヨタ・クラウン」もセンターに2つのスクリーンを搭載するが、タッチ操作に対応するのは下段のもののみで、上段は表示専用となる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事