第619回:【Movie】クールなクルマの熱い思い出!
大矢アキオとスマートのファンイベントとの切っても切れない関係

2019.08.30 マッキナ あらモーダ!

イベントをきっかけに広がるネットワーク

アメリカのロックミュージック史に数々の伝説を残した「ウッドストック・フェスティバル」が、2019年は中止となった。第1回から50周年の節目だったが、資金難が主催者を断念させた。ウッドストックといえば「ヒッピー」だ。近年、ファッション界で「ヒッピー風」がキーワードとして再び脚光を浴びるようになったことを考えると、何とも複雑である。

いっぽうヨーロッパにおける自動車イベント界でも、昨2018年をもって事実上終了となり、ファンたちが惜しんでいるイベントがある。ダイムラーによるスマートのための国際ファンイベント「スマートタイムズ」である。

2001年にオーストリアで有志によってスタートしたこのイベントは、後年現地インポーターの協賛を得るようになり、続いてメーカー主催に昇格した。2006年からは同国ザルツブルク州のツェル・アム・ゼー/カプルンを開催地とした。

2011年からはヨーロッパ各国を回るツアー方式がとられ、2016年のドイツ・ハンブルク大会では過去最高の2053台・3167人が集結した。

気がつけば筆者は2009年から2018年まで、通算10回にわたってスマートタイムズを訪れた。仕事以上に楽しかったのは、愛すべき“スマーティスタ”たちとの交流である。

バルセロナ編のとき、郊外のカタルーニャ・サーキットまで行くシャトルバスを逃し、途方に暮れていたときだ。「スマート・ロードスター」が路肩に寄ってきたかと思うと、見知らぬ参加者が窓を下ろして「乗ってきな」と声をかけてくれた。彼との交流はその後も続いている。

「俺の愛車に乗って、乗って!」は、ベルギーのアントワープでも。ただし、そのときはいきなり「クロスブレード」に乗せられた。フロントウィンドウがないため、2時間以上もの間、冷風と雨に全身をさらされた。スイス人オーナー氏は、ひたすら操縦を楽しんでいたが、筆者はといえば途中からトイレに無性に行きたくなり、あのときは本当に「ダメか」と思った。同時にこんなワイルドなクルマを造ったメーカーを恨んだ。

普段なかなか出会うことができない、特に東欧圏の人々とも知り合うことができた。例えば、ポーランド人ファンと知己になったのを縁に、以来筆者はワルシャワを3回も訪れている。

愛好家クラブが縁で結婚したカップルは、少なくとも3組確認した。「会期中に会場で出産した女性がいた」というウッドストック伝説には及ばないが、スマートがキューピッド役を果たしたことは確かだ。

2011年から2018年までダイムラーでスマートブランドの責任者を務めたアネッテ・ヴィンクラー氏に、一番印象的だった地はどこか聞いた。

彼女はどの地でも熱心なファンに恵まれたことに感謝するとともに、地元の人々との出会いも振り返る。一例として「ルツェルン大会で、大雨の中にも関わらず、山の家の軒先でパレード車に手を振り続けてくれた皆さんには感動した」と話してくれた。

ちなみにヴィンクラー氏は2011年のリッチョーネ大会以来、常にステージを仕切り、パレードでは先頭を走り、ファンたちと食事を共にした。とかく堅い印象があったダイムラーのイメージの若返りに大いに貢献したといえる。

ところで、2018年にダイムラーはスマートを電気自動車(EV)専用ブランドにすることを明らかにした。そして2019年3月には中国の浙江吉利控股集団(ジーリー)と、スマートブランドの次期型EV開発に向けて合弁会社を設立することを発表した。

内燃機関版でサービスが開始されて久しいカーシェアリング「car2go」に、これからはスマートのEV版「スマートEQ」がより多く導入されることになろう。近い将来スマートは、クールな都市型モビリティーとして別次元での役割を担うことなるということだ。

それを街で見かけるたびに筆者は、スマートタイムズの10年で出会った愛すべき人々を思い出すに違いない。

(文と写真と動画=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=藤沢 勝)

【大矢アキオと振り返るスマートタイムズ】

「スマートタイムズ」は、ヨーロッパ各国のスマートファンにとって、18年にわたって夏のお約束イベントであった。これは2017年6月スペインで。
「スマートタイムズ」は、ヨーロッパ各国のスマートファンにとって、18年にわたって夏のお約束イベントであった。これは2017年6月スペインで。拡大
2010年8月オーストリアのツェル・アム・ゼーで。この翌年から「スマートタイムズ」は欧州各地で開催されるようになった。
2010年8月オーストリアのツェル・アム・ゼーで。この翌年から「スマートタイムズ」は欧州各地で開催されるようになった。拡大
「ザ・ストロンゲスト・マン・ショー」と名付けられたアトラクション。怪力男が「スマート・フォーツー」を持ち上げる。2010年8月、オーストリアのツェル・アム・ゼー編で。
「ザ・ストロンゲスト・マン・ショー」と名付けられたアトラクション。怪力男が「スマート・フォーツー」を持ち上げる。2010年8月、オーストリアのツェル・アム・ゼー編で。拡大
パレードは毎回イベントのクライマックスだった。2016年ドイツ・ハンブルク編で。
パレードは毎回イベントのクライマックスだった。2016年ドイツ・ハンブルク編で。拡大
スマートブランドの責任者アネッテ・ヴィンクラー氏(中央:当時)は自らイベントをリード。ハンバッハ工場のスタッフとともに。
スマートブランドの責任者アネッテ・ヴィンクラー氏(中央:当時)は自らイベントをリード。ハンバッハ工場のスタッフとともに。拡大
ヴィンクラー氏が思い出のひとつとして挙げた2013年のルツェルン編。あいにくの雨となったが、地元の人がパレードを応援し続けてくれた。
ヴィンクラー氏が思い出のひとつとして挙げた2013年のルツェルン編。あいにくの雨となったが、地元の人がパレードを応援し続けてくれた。拡大
「スマート・ジェレミー」の前でヴィンクラー氏と筆者。2013年ルツェルンにて。
「スマート・ジェレミー」の前でヴィンクラー氏と筆者。2013年ルツェルンにて。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事