第586回:ブランド初のEVは0-100km/h加速2.8秒!
「ポルシェ・タイカン」のメカニズムを知る

2019.09.06 エディターから一言
ポルシェ初のEV「タイカン」。
ポルシェ初のEV「タイカン」。拡大

いよいよベールを脱いだポルシェ初の電気自動車(EV)「タイカン」。ポルシェならではの一切の妥協を許さないスペックと、それを支える精緻なメカニズムについて詳しく解説する。

「タイカン」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4963×1966×1378mmで、ホイールベースは2900mm。
「タイカン」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4963×1966×1378mmで、ホイールベースは2900mm。拡大
ボディーにはスチールとアルミの複合素材を採用。溶接や圧着、リベット留めなどの接合技術を組み合わせることで、高い剛性を実現したという。
ボディーにはスチールとアルミの複合素材を採用。溶接や圧着、リベット留めなどの接合技術を組み合わせることで、高い剛性を実現したという。拡大
ボディー下部にはフレームに覆われた駆動用バッテリーが搭載される。
ボディー下部にはフレームに覆われた駆動用バッテリーが搭載される。拡大

「パナメーラ」と「911」の中間サイズ

独ポルシェは2019年9月4日、同社初のEV「Taycan(タイカン)」をワールドプレミアした。それに先駆けて行われたワークショップにて知り得たタイカンのメカニズムの一部を、ここで紹介していく。

タイカンは4ドア、4シーターのピュアEVスポーツカーだ。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4963×1966×1378mmと、「パナメーラ」よりも全長は短く、全幅が広く、全高は低い。ディメンションは「911」とパナメーラの間にあたるもので、シートポジションは911に非常に近く、重心高も低い。車両重量(DIN)は2295~2305kgで、グレード(後述)によって異なる。

エクステリアデザインは、2015年に発表されたコンセプトカー「ミッションE」を市販車として限りなく再現したものだ。特徴的なヘッドライトまわりの形状をそのまま量産化しており、911やパナメーラ、そして「カイエン」とも違う、新たなポルシェの顔であることを示している。

ボディーについては、冷間や熱間圧延鋼板のスチールを63%、アルミニウム約37%を用いた複合素材を、溶接や接着、リベット留め、圧入などさまざまな接合技術を組み合わせることで形成。ボディー下部には強靱(きょうじん)なフレームに覆われたバッテリーが、28のスクリューによって結合されている。このバッテリーはあらゆる角度からの衝突実験が行われており、内部を衝撃吸収構造とした設計となっている。シミュレーションの結果によれば、安全性ではパナメーラを大きく上回るという。ちなみにルーフは全面がガラス構造となる。100%UVカットに加えて、夏は涼しく冬は暖かいエコ商品として近年は住宅やマンション、オフィスビルに使われているLow-Eコーティングガラスなどを採用した5層構造によって、ロールスクリーンの不要な開放感のある空間を実現している。

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)/タイカン ターボ(4WD)【海外試乗記】 2020.4.29 試乗記 2020年内にも国内での発売が予定されている、ポルシェ初の量産型EV「タイカン」。欧州の道でステアリングを握った筆者は、その走りの素晴らしさに、歴史あるスポーツカーブランドの真の実力を感じ取ったのだった。
  • ポルシェ・タイカン 2019.11.20 画像・写真 いよいよ日本に上陸した、ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」。ポルシェ車としての伝統的なディテールを受け継ぎながら、全く新しい4ドアのスポーツサルーンとしてデビューしたニューモデルの姿を、詳しく写真で紹介する。
  • ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」の国内価格発表 2020.6.8 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年6月5日、ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」の国内価格を発表した。「4S」「ターボ」「ターボS」の3モデルをラインナップし、価格は1448万1000円~2454万1000円。
  • フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.9.17 試乗記 フォルクスワーゲンから“コンパクトSUV 3兄弟”のトリをかざるニューモデル「Tロック」が登場。「コンパクトSUV市場をロック(rock=揺さぶる)する」というメッセージとともに送り出された新顔の実力を確かめた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)/ディフェンダー110 S(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.12 試乗記 伝統ある従来モデルとはまったく異なる姿で登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。モノコックボディー+4輪独立懸架に懐疑的なアンチに対し、ランドローバーが用意した答えとは? 注目の新型オフローダーの出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る