第586回:ブランド初のEVは0-100km/h加速2.8秒!
「ポルシェ・タイカン」のメカニズムを知る

2019.09.06 エディターから一言
ポルシェ初のEV「タイカン」。
ポルシェ初のEV「タイカン」。拡大

いよいよベールを脱いだポルシェ初の電気自動車(EV)「タイカン」。ポルシェならではの一切の妥協を許さないスペックと、それを支える精緻なメカニズムについて詳しく解説する。

「タイカン」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4963×1966×1378mmで、ホイールベースは2900mm。
「タイカン」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4963×1966×1378mmで、ホイールベースは2900mm。拡大
ボディーにはスチールとアルミの複合素材を採用。溶接や圧着、リベット留めなどの接合技術を組み合わせることで、高い剛性を実現したという。
ボディーにはスチールとアルミの複合素材を採用。溶接や圧着、リベット留めなどの接合技術を組み合わせることで、高い剛性を実現したという。拡大
ボディー下部にはフレームに覆われた駆動用バッテリーが搭載される。
ボディー下部にはフレームに覆われた駆動用バッテリーが搭載される。拡大

「パナメーラ」と「911」の中間サイズ

独ポルシェは2019年9月4日、同社初のEV「Taycan(タイカン)」をワールドプレミアした。それに先駆けて行われたワークショップにて知り得たタイカンのメカニズムの一部を、ここで紹介していく。

タイカンは4ドア、4シーターのピュアEVスポーツカーだ。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4963×1966×1378mmと、「パナメーラ」よりも全長は短く、全幅が広く、全高は低い。ディメンションは「911」とパナメーラの間にあたるもので、シートポジションは911に非常に近く、重心高も低い。車両重量(DIN)は2295~2305kgで、グレード(後述)によって異なる。

エクステリアデザインは、2015年に発表されたコンセプトカー「ミッションE」を市販車として限りなく再現したものだ。特徴的なヘッドライトまわりの形状をそのまま量産化しており、911やパナメーラ、そして「カイエン」とも違う、新たなポルシェの顔であることを示している。

ボディーについては、冷間や熱間圧延鋼板のスチールを63%、アルミニウム約37%を用いた複合素材を、溶接や接着、リベット留め、圧入などさまざまな接合技術を組み合わせることで形成。ボディー下部には強靱(きょうじん)なフレームに覆われたバッテリーが、28のスクリューによって結合されている。このバッテリーはあらゆる角度からの衝突実験が行われており、内部を衝撃吸収構造とした設計となっている。シミュレーションの結果によれば、安全性ではパナメーラを大きく上回るという。ちなみにルーフは全面がガラス構造となる。100%UVカットに加えて、夏は涼しく冬は暖かいエコ商品として近年は住宅やマンション、オフィスビルに使われているLow-Eコーティングガラスなどを採用した5層構造によって、ロールスクリーンの不要な開放感のある空間を実現している。

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • 新型「メルセデス・ベンツCクラス」登場 電動化と運転支援をさらに追求 2021.2.24 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年2月23日(現地時間)、新型「メルセデス・ベンツCクラス」の概要を発表した。欧州では同年3月30日に受注開始、同年夏にデリバリーが始められる見込み。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
ホームへ戻る